« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 宮崎産業経営大学 戦 »

2011.10.11

参戦の記録 ナビスコ杯準決勝 G大阪戦

2-1 勝利(2011.10.09 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

サッカーを観戦するには絶好の日和。自転車でスタジアムへ。

メインアッパーは非開放、寂しい限り。
雨の長居で輝きを見せた梅崎、それをきっかけに何かが変わったのではないかと思われるチームを確認するには絶好の相手との準決勝なのに。

先発
GK 加藤
DF 宇賀神、濱田、永田、野田
MF 啓太、柏木、梅崎、マルシオ
FW ランコ、セルヒオ
直輝が累積警告で出場停止、そこに出場停止明けのマルシオが入る。
サブは山岸、岡本、暢久、小島、青山、高崎、原。サブの面子も目新しい感じがする。

元気とスピラを代表に取られた浦和と遠藤、イ グノを代表に取られたガンバの戦い。条件は互角。万博で味わった絶望感を乗り越えて前に進む姿勢が見られればこの先の展望も開ける。

・その期待感を裏切らない梅崎の溌剌としたプレーに目が釘付け。出場機会を得た野田もいいプレーを続けている。
・この二人がチームの何かを変えた気がする。
・現時点ではランコとセルヒオの2トップという布陣が前線に球を収められるファーストチョイスだね。
・2トップと梅崎、マルシオ、柏木の距離感が良い感じ。
・専ら守備に勤しむ啓太も運動量が多く効いてる感じ。
・1週間前に比べてチーム全体が一皮剥けた印象。
・去年の最終節以来の埼スタで見る水輝は落ち着いていて安心して見ていられる。高円優勝世代の4人が完全に戦力になった。
・2点目は記録ではセルヒオの得点になっているが、心情的には梅崎の点だよなぁ。
・後半にとどめの三点目が取れなかったことは残念だったが、完勝といっても良い内容。最後に取られた1点でその内容があせることは無かった。

カップ戦で勢いが出てきたチーム。この勢いを年末に向けたすべての試合に持ち込んでメインアッパーまでびっしりと埋まる埼スタでのチームの勝利が見たいなぁ。

浦和レッズ2-1(前半2-0)ガンバ大阪
得点者:21分 梅崎 司、38分 エスクデロ セルヒオ、90+3分 大塚翔平(G大阪)
入場者数:23,879人

|

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 宮崎産業経営大学 戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/52967355

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ杯準決勝 G大阪戦:

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 天皇杯2回戦 宮崎産業経営大学 戦 »