« 参戦の記録 ホーム 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 仙台戦 »

2011.11.22

参戦の記録 天皇杯3回戦 東京V戦

2-1 勝利(2011.11.16 埼玉スタジアム2○○2:車)

仕事の都合をつけて会社は午後休、駅で拾ってもらい車でスタジアムへ。

五時の開門直前にスタジアム着。
車はいつも1,500円の駐車場が1,000円にディスカウントされている駐車場へ。
少し遠いこともあり、唯一の利用者で既に店じまい状態。人少ないんだな。

腹ごしらえは味千拉麺。すごく冷える夜で、腹から体を暖める。

埼スタの南の席の区分は、天皇杯ということもあり公平。ここ最近では見たことも無いくらい広いアウェイエリア。緑と白の縞縞がピョンピョン跳ねると、それこそ虫が動いているみたい。
でも、それなりに人数はいたし、声も出てた。

さて先発は
GK 山岸
DF 峻希、青山、濱田、山田
MF 小島、直輝、矢島、原、マゾーラ
FW ランコ
この試合でチームを離脱する水輝と直輝はスタメン。2種で登録の矢島もスタメン。サブにはやはりユースの野崎。西袋と新井は2年生。
メンバーにユース関係9人、若いチーム編成。

負けたら埼京線と川勝監督が宣うのも無理は無い。

・J2相手、大学生相手とは違うので、堅めの入り。
・DFラインでセーフティーにボールを回して前線への縦パスを狙うが、相手のマークがきつく楔が入らない。
・トップのランコもトラップが全く決まらず、楔が入っても前を向けず。
・我慢の展開。ここでいちいち味方を野次るほどうちのチームの状態は磐石でないんで無いの?
・いかにもカップ戦という展開で前半終了。
・後半キックオフでアポジと山岸1対1って何やってんだ。
・後半開始9分で、どうにも球の収まらないランコに代えて高崎。球を収めるのを諦めて裏への抜け出しでDFを剥がす作戦か。
・これが的中したかショートカウンターから原がフリーで持つ時間が作れて地を這うミドル。ポストに当たり逆側のサイドネットに跳ねてゴール。均衡が破れる。原、ナイスシュート。
・19分に青山に代えて西袋くん。CB右に入る。17歳。若い。で、ざわついている間にカウンターを喰らい失点。その西袋くんがつり出された所を突かれてしまった。
・27分に峻希→岡本。峻希は土曜日に温存か。出来はあまり良くなかったが。
・カウンター気味にマゾーラがサイドで球を受けること数度。もっと昔はゴリゴリ仕掛けていたのだが、妙に落ち着いちゃってて怖さが無い。
・ようやく中で前を向ける機会があり、二人を引き連れPA進入と思ったら倒される。PKまであと10cmくらい。
・マゾーラーの左足と直輝の右足で二アサイドを狙うのか?と後ろで見てたら、いきなり原がファーに決める。最近の中では驚きもあるきれいなゴール。2-1。
・この後は一方的に攻められるもロスタイム4分を含め乗り切り勝利。

勝利の凱歌は土曜日に取っておく。
人数の少ない参戦条件の悪い(平日、寒い)試合にはご褒美がある。

これで12月の2試合目が決定。17日の相手は愛媛。まさか松山じゃないだろうな。

浦和レッズ2-1(前半0-0)東京ヴェルディ
得点者:56分・86分原、64分アポジ(ヴェルディ)
入場者数:7,427人

|

« 参戦の記録 ホーム 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 仙台戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/53302715

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯3回戦 東京V戦:

« 参戦の記録 ホーム 磐田戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 仙台戦 »