« シーズンは続いてる | トップページ | 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 »

2011.12.19

参戦の記録 天皇杯4回戦 愛媛FC戦

3-1 勝利(2011.12.17 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場:車)

リーグ戦が終わって2週間、浦和の周りに色々な出来事がありましたが...。
次期監督が決まってようやく落ち着きを取り戻してきたところで天皇杯4回戦。

埼スタが高円宮杯で使用不可だからなのか、罰ゲームのような熊谷開催。
当日抽選があるという話を聞いて11時に間に合うようにするために9時に自宅を出発。

いかにも冬といった天気、熊谷まで行くと山が近くに見える。強めの北風がピューピュー、寒い。
抽選から開門までは車の中で待機。入場後は風の当たらない日なたのコンコースで待機。

浦和の公式戦をやるには熊陸のゴール裏は明らかにキャパ不足。横に広がってしまうのでチャントも若干ズレ気味になる。

先発は
GK 山岸
DF 平川、坪井、濱田、暢久
MF 啓太、直輝、柏木、マルシオ、梅崎
FW 原
永田はサブにもいなかったが怪我でもしたのか。

・愛媛が前半に風下を取る。風上の北側は斜め前方から西日を浴びてまぶしいかららしい。左サイドから攻める時にかなりまぶしそう。
・ぎこちない動きもありパスミスからおいおいという場面も散見された序盤。リーグ戦の勢いの無さを引きずる。
・先に1点取られたら難しくなるぞといやな考えが頭をよぎるも、左サイド中寄で得たFKをマルシオが強烈に叩き込み先制。相手に若干、当たっていた。
・これでかなり楽になる。バタつき感が無くなり落ち着いた展開となる。迫力不足は否めないが。
・38分に左CKからファーの暢久が絶妙の折り返し(頭)、混戦から右ゴールポスト付近に落ちたボールを一樹がごっつぁんゴール。2-0。
・2-0とリードするとJ2下位チームとの差はやはりあるなと感じさせる試合展開。
・後半20分過ぎに梅崎→宇賀神、そのまま左サイドへ。
・30分過ぎにゴール右での細かなパス交換から中央左寄りに走りこんだ柏木がゴール。物凄いきれいな形でのゴール。完璧だった。3-0。
・直輝→小島。平川→野田で暢久が右SBへ。最年長をとことん使いきる。
・相手はロスタイムで今期で引退する三上を投入。
・しまりの無いロスタイム4分の失点は三上への餞別ということで忘れよう。絶対に、時間切れてたし。

自チームの選手のコールの前に三上コール。大泣きしてた。
久しぶりに勝って歌った。オレンジから濃紺のグラデーションの夕闇がとてもきれいだった。
次も熊谷で、相手は瓦斯だ。

愛媛FC1−3(前半0−2)浦和レッズ
得点者:9分 マルシオ リシャルデス、38分 原一樹、77分 柏木陽介、90+4分 福田健二(愛媛)
入場者数:9,234人

|

« シーズンは続いてる | トップページ | 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/53524321

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯4回戦 愛媛FC戦:

« シーズンは続いてる | トップページ | 参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦 »