« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012.01.25

新チーム編成完了

阿部ちゃんの復帰で選手の出入りは手仕舞いですね、恐らく。

阿部ちゃんがいるといないとでは、仕上がりの見え方が大違い。存在感は偉大です。

期限付きも含めてOUTが高崎、堀之内、原、青山、マゾーラ。INがポポ、槙野、阿部、野崎、矢島。

やはりFWの手薄さは否めない。今いる選手が怪我や問題を起こす事無く、シーズンを通してプレーできることが所与だよな。

やっぱりFWは怪我が多いポジションだから贅沢に見えても質と量を揃えることが必要だとかんじます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.20

始動

チーム始動とともに弊ブログも始動です。
本年も参戦記録を中心に、頻度はそれなりですがアップして行きます。
本年もよろしくお願いいたします。(かなり遅い)

オフも含めて紆余曲折あった和がチームですが...、個人的には新監督には期待してます。
「まわり道したら、結果良かった」というありがちな結末を楽観的に期待して、基本的にはポジティブ思考で行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.07

参戦の記録2011 まとめ

月日 H/A 試合 会場
02.13 プレシーズン 鳥栖 ベストアメニティスタジアム
02.20 プレシーズン 大宮 NACK5スタジアム大宮
02.27 プレシーズン 栃木 栃木県グリーンスタジアム
03.06 A リーグ第1節 神戸 ホームズスタジアム神戸
04.24 H リーグ第7節 名古屋 埼玉スタジアム2002
04.29 A リーグ第8節 仙台 ユアテックスタジアム仙台
05.03 H リーグ第9節 横浜FM 埼玉スタジアム2002
05.07 A リーグ第10節 柏 国立競技場
05.15 A リーグ第11節 C大阪 埼玉スタジアム2002
05.21 H リーグ第12節 鹿島 埼玉スタジアム2002
05.28 H リーグ第13節 新潟 埼玉スタジアム2002
06.05 H ナビスコ1回戦 山形 埼玉スタジアム2002
06.11 A リーグ第14節 大宮 NACK5スタジアム大宮
06.15 A リーグ第15節 広島 広島ビッグアーチ
06.18 H リーグ第16節 清水 埼玉スタジアム2002
06.22 H リーグ第17節 福岡 埼玉スタジアム2002
06.25 A リーグ第18節 名古屋 豊田スタジアム
07.02 H リーグ第2節 G大阪 埼玉スタジアム2002
07.06 A リーグ第3節 山形 NDソフトスタジアム山形
07.13 H リーグ第4節 川崎 埼玉スタジアム2002
07.17 A リーグ第5節 磐田 エコパスタジアム
07.23 H リーグ第6節 甲府 埼玉スタジアム2002
07.27 A ナビスコ1回戦 山形 NDソフトスタジアム山形
07.30 A リーグ第19節 川崎 等々力陸上競技場
08.06 H リーグ第20節 神戸 埼玉スタジアム2002
08.14 A リーグ第21節 新潟 ビッグスワンスタジアム
08.20 A リーグ第22節 甲府 国立競技場
08.24 H リーグ第23節 広島 埼玉スタジアム2002
08.28 A リーグ第24節 C大阪 大阪長居スタジアム
09.11 H リーグ第25節 山形 埼玉スタジアム2002
09.14 H ナビスコ2回戦 大宮 埼玉スタジアム2002
09.17 A リーグ第26節 清水 エコパスタジアム
09.24 A リーグ第27節 鹿島 カシマサッカースタジアム
09.28 A ナビスコ2回戦 大宮 NACK5スタジアム大宮
10.02 A リーグ第28節 G大阪 万博記念競技場
10.05 ナビスコ準々決勝 C大阪 大阪長居スタジアム
10.09 ナビスコ準決勝 G大阪 埼玉スタジアム2002
10.12 天皇杯2回戦 宮崎産業経営大学 埼玉スタジアム2002
10.15 H リーグ第29節 大宮 埼玉スタジアム2002
10.22 A リーグ第30節 横浜FM 日産スタジアム
10.29 ナビスコ決勝 鹿島 国立競技場
11.03 H リーグ第31節 磐田 埼玉スタジアム2002
11.16 天皇杯3回戦 東京V 埼玉スタジアム2002
11.19 H リーグ第32節 仙台 埼玉スタジアム2002
11.26 A リーグ第33節 福岡 レベル5スタジアム
12.03 H リーグ第34節 柏 埼玉スタジアム2002
12.17 天皇杯4回戦 愛媛 熊谷陸上競技場
12.24 天皇杯準々決勝 FC東京 熊谷陸上競技場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.04

参戦の記録 天皇杯準々決勝 FC東京戦

0-1 敗戦(2011.12.24 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場:車)

2週続けての熊陸。前回よりもキックオフの時間が早いので、朝早くて大変。
瓦斯さんも気合が入っていて駐車場の埋まり具合は愛媛戦よりも早い。

先発は
GK 加藤
DF 平川、坪井、濱田、暢久
MF 啓太、直輝、柏木、マルシオ、梅崎
FW 原
4回戦と同様。

・サイドで張りゴール前に切れ込んでくる石川直宏に序盤からかき回される。不安定な立ち上がり。
・ルーカスのシュートをブロックに行った暢久が痛み×サイン。開始9分で野田に交代。
・ペースがつかめぬまま捕まえきれない石川にきれいなゴールを決められる。敵ながら鮮やかなシュート。
・先制して相手が落ち着いたのかここからは膠着状態。
・後半も相手はかなりペースを落としてカウンター狙い的なサッカーをしてきたが、うちの攻めには迫力が感じられない...。
・何のために球を回すのか、最後の部分でゴールマウスを目指す意図が希薄に感じられるサッカーに終始。
・後半22分に原→高崎。ターゲットというよりは裏に抜ける動きに期待したか。
・入って早々は見せ場あったが、すぐに慣れられて機能したとは言い難く...。
・最後のパワープレーも不発、というかパワープレーになってないし。

あっけなく2011シーズンが終了。開始9分の1点だけで敗戦とは何とも悔やまれる。相手が盤石なサッカーをしたわけではなく、こっちが攻略し損ねたというか攻めあぐねたというか。
何ともスッキリしないサッカーでシーズンに幕。

長居遠征も無く、ACLの望みも潰え、サポの懐に優しい浦和レッズ。
選手も色々とあって悩んだシーズンだったんだろう。肩を落として挨拶に来る姿がかわいそうに感じるが、こんな結果しか残せなかったことも事実。

2012シーズンはもっとしっかりやってくれ。

FC東京1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:20分 石川直宏(FC東京)
入場者数:11,612人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »