« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012.03.21

参戦の記録 ナビスコ ホーム 仙台戦

1-0 勝利(2012.03.20 埼玉スタジアム2○○2:車)

ナビスコ開幕。彼岸の中日だっていうのに空気は冷たく、日差しの温もりを感じる天候。
メインアッパーは非解放のスタンド、さみしいねぇ。
少し遅めの入りだったが駐車場にはかなり余裕はあって助かったが...。

前の試合から中二日と短い試合間隔。

先発は
GK 山岸
DF スピラ、永田、濱田
MF 小島、暢久、岡本、宇賀神、柏木、直輝
FW ポポ

前の試合で先発だったのは永田と柏木だけというターンオーバー制を取り入れたメンバー構成。かなり大胆に入れ替えてきた。

・面子はかなり変わったがシステムは変わらず。攻撃時に中盤が1枚落ちてくる役目は暢久ではなく小島だった感じ。
・仙台は1トップのウィルソンが妙に左に流れてきて前線の構成がつかみづらい。
・スピラの裏を狙ってきたのか。追っかけっこで後れを取ること数度。
・岡本がその追っかけっこの時に腿裏を痛めたらしく早々で交代。峻希にチェンジ。
・相手の右は結構ルーズで、宇賀神が深い位置でシュートに入れる形が数度。惜しかったり力みすぎたり。
・直輝がPA周辺でのボールの奪い合いでタックルを受け負傷。すぐに×が出て担架で運ばれ退場(靭帯損傷で手術らしい、長期離脱でオリンピックは絶望か)。矢島が入る。
・その矢島が結構、いい動き。ミドルシュートも。っていうか、仙台の右SBがかなりお粗末な印象。
・負傷交代二人を出し0-0で前半終了。岡本は自爆だが、直輝はやられた感じ。他にも結構、雑な当たり方をされたプレーも散見される。仙台ってこんなラフなプレーのチームだったっけ。
・後半開始早々に押し込んでCKが連続するチャンス。2度目のCKで永田がどフリーとなり豪快に頭でサイドネットに叩き込んで先制。結構、あっさりと。
・そこからは段々、運動量が落ちてきて自陣でプレーする時間が多くなってくる。
・相手の左SBが交代したら、やたらと峻希の前のスペースが空いて効果的なカウンターアタック数度。武器になるね。
・スピラの追っかけっこは後半も繰り返され、後手を踏んだところに足から飛び込んで二枚目のイエローで退場。
・投入を待っていた梅﨑に代えて槙野をポポに代えて投入し、0トップの布陣。これで残り10分弱を守りきらなくていはいけない構図に。
・危ない場面もあったが守りきる。ギシのナイスセーブにも助けられた。

去年の雰囲気なら何となく負けたり、こらえられなくて終盤に失点をしてしまう展開の試合だが、今年の雰囲気は逆に望外にリードでき、防戦一方となるも何とか守り切れる。
不思議なものだなぁ。

浦和レッズ1-0(前半0-0)ベガルタ仙台
得点者:49分 永田充
入場者数:23,076人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.19

参戦の記録 ホーム 柏戦

1-0 勝利(2012.03.17 埼玉スタジアム2○○2:車)

ホーム開幕は生憎の空模様。
しかもやたらに寒い。3月半ばで昼に吐く息が白いとは。

コンコースの店舗は色々と入れ替わりがあった様子。
ついに駒場ラーメンがなくなった。随分と山田うどんに客を取られていたし、コストパフォーマンスが悪く、まぁ、当然の流れかと。

メインアウェイよりの味千で腹ごしらえ。6年生の思い出づくりのボーイズマッチは、普段見るより選手である子供たちが大きい!
ホーム400試合だが特にセレモニーはなし。東城主審の100試合記念の花束贈呈が何故かあったが(元浦和関係者だからか)。

ウォーミングアップのころには雨はだいぶ弱まる。
足場の悪い中で「歌え浦和を...」を3フレーズ。オフで緩んだ体にはかなり効く。

先発は
GK 加藤
DF 坪井、永田、槙野
MF 啓太、阿部、平川、梅崎、柏木、原口
FW ランコ

永田をリベロに入れて阿部ちゃんを1列前。トップにランコという布陣。
指定の密度はホーム開幕としては薄いなぁという入り。コンスタントに5万は入るという状況が再現される時期は来るのだろうか。

・中盤の危険な位置で浮くレアンドロ・ドミンゲスを阿部ちゃんが適宜ケア。安心感あり。
・左の梅は対面の酒井にかなり押し込まれるが、懸命な守備で致命的な形は作られない。
・右の平川は高めの位置をキープし前節よりもいい感じ。
・永田のところで簡単に中盤にはたかず、前に出て相手中盤との距離を詰めてサイドに散らす攻撃が効果的。リスクを取って攻めていこうという姿勢を感じる。
・去年の王者と互角の試合。変われば変わるもんだ。去年のサッカーは何だったんだ。
・気持ちの伝わるサッカー、ランコが相手は以下のボールをいただいてのゴールというご褒美が付いてくる。
・1-0で前半を折り返し。後半も気の緩むところはゴール裏も選手も無い。
・相手の圧力に幾分、運動量が落ちて押し込まれる。
・疲れの出た原口→直輝、梅﨑→濱田と交代してリフレッシュ、逃げ切り体制。
・山ほどあったセットプレーもレアンドロのFK以外は安定して弾き返す。
・ロスタイム5分で転ぶことなく試合を終わらせる。

胸のすくような1-0での勝利。ホームでこんな清々しい気持ちで試合後を迎えるのっていつ以来だろう。
ゴール裏と選手の一体感もあったよね。Pride of URAWAの時には涙が出そうになったよ。選手がんばれと...。

雨も上がり、皆が笑顔のスタジアムを後に。今年は毎試合、こう行きたいもんだ。
家で録画を見ながら感想戦もこれまた久しぶりだったなぁ。

浦和レッズ1-0(前半1-0)柏レイソル
得点者:36分 デスポトビッチ
入場者数:41,069人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.12

参戦の記録 アウェイ 広島戦

0-1 敗戦(2012.03.10 広島ビッグアーチ:車)

ここ数年あったプレシーズンマッチが今年はなかったので、新しいチームを初めて見る開幕戦。広島は遠いが今年の浦和のスタートをこの目で見ておきたいと考え、体にはきついがお財布には優しい車での参戦を決意。

出発は金曜日の夜10時。
距離別料金になった首都高を新都心から乗る。3号線が混雑しているので湾岸から狩場線、保土ヶ谷バイパスと経由して東名の横浜町田へ。
強い雨の降る中、ひたすら西を目指す。中国道の宝塚トンネルを日が出る前に越えねば。
大井松田・御殿場間は左ルート、伊勢湾道から東名阪、新名神を経由して吹田JCTから中国道。このあたりでようやく雨が上がる。
山陽道で岡山県内に入ったあたりで休もうかと考えるが、スタジアムの駐車場で休めばよいと考え、一気に広島まで。
五日市IC流出が8時少し前。スタジアムの駐車場はテニスコート下。ここで睡眠。

11時半頃に行動を開始、12時前にアウェイ側待機列へ。列はまだ切れておらず、最後尾に並んで12時5分頃に入場。
今まで広島に来た中で、アウェイ側もホーム側も一番の入りなのでは。さすが開幕戦。

先発は
GK 加藤
DF 濱田、阿部、槙野
MF 啓太、柏木、平川、梅崎、直輝、原口
FW 達也

ユニは白。上下白というのは見慣れないため、レッズじゃないみたい。
広島さんはやたらに新監督を持ち上げる。浦和で言うと福さんが監督になった感じなのだろうが、森保監督と大騒ぎされてもなんだかピンときませんが...。

ウォーミングアップのころから山特有の天候急変で雨が背後から落ちてくる。
キックオフ直前には一瞬、本降りに。開幕のホイッスルと同時に水を撒かれた感じ。

・守備の際はペナの幅を3人でカバー、攻撃時には両側が開いて啓太が最終ラインに入るミシャのサッカーを目の当たりにする。
・戻ってきてくれた阿部ちゃんの落ち着きぶりに感心。もう1列前で見たい気もする。
・左サイドに入る梅﨑が、ミキッチの面倒を見るのに一苦労で高い位置を取れない。自陣左サイドを何度も蹂躙される。
・前半途中、前線の右直輝、左元気がポジションチェンジしたりするが、しっくり来ず。二人ともトップコンディションではなかったと思う。キレがなさすぎ。
・去年のサッカーと比べると、前線への縦のパスを通す意識が強くなった感じはするが、入れる方向・タイミングが今一つ合っていない感じ。成熟度の問題だろうが。
・広島にうまく対処された感のある前半、相手の好機あるも順大がタイミングよく飛び出し弾く。0-0で折り返し。
・後半、開始早々に左サイドを攻められシュートをはじいたところにキッチリ佐藤寿人に詰められて失点。んっまぁ仕方がないか。
・達也をランコに交代。裏に抜けるというよりは前線で起点を作る意図も、ランコがいつものごとく細かいところでミスするものだから球が収まらない。
・電池の切れてきた直輝をポポに交代。ポポは前へ、ゴールへという意識が高いね。なんで先発という選択肢を引かなかったのだろう。
・ホームの広島は1点で十分という感じ。のらりくらりと時間を使われ1点ビハインドで終盤へ。
・一度攻め上がった槙野を前の方に残し攻めまくる。
・ポポが右の深い位置まで到達して上げたクロスが槙野にドンピシャ合ったんだが...、西川に弾かれ万事休す。

やはりアウェイの開幕戦は鬼門でした。この悪い癖は今年も改善されず。チームが新しいやり方で再度スタートを切ったことは確認できた。去年1年間のロスは大きかったなぁ。

挨拶に来た選手を見送って、そそくさとスタジアムを後に。
広島の皆さんは開幕戦勝利に沸いてスタジアムに留まっているので、非常にすんなりと駐車場から脱出できました。

市街中心部の福屋の地下でお土産と思ったが、地元産品があまりなく(というか見つけられず)、駅まで来てお土産を物色。
お好み村の電光石火でお好み焼きを食し、宇品港のカキ小屋で焼きガキを堪能する。車で酒が飲めないのは残念。ゼロドライで我慢。

タオルを忘れてきたのでイオンでタオルを買い、天然温泉ほの湯で汗と負けを洗い流す。

広島ICから家路にと思ったら、広島~広島東間が事故で通行止め、広島東まで一般道で移動してようやく家路に就く。最後までツキのない遠征。

腹が満たされた時の運転はつらく、吉備SAで限界に達し仮眠。深い眠りに落ちて翌朝8時半まで睡眠。東名阪が事故渋滞のため、名神から東名、中央環状線から5号線、新都心まで。
自宅着は午後3時半でした。
疲れた。勝点という土産を広島に忘れてきた!

サンフレッチェ広島1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:49分 佐藤 寿人(広島)
入場者数:29,603人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »