« 去年のような内容 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »

2012.04.21

参戦の記録 ナビスコ ホーム C大阪戦

1-4 敗戦(2012.04.18 埼玉スタジアム2○○2:車)

スタジアム到着は6時半前。雨ではない埼スタは久しぶり。
メイン2階の味千で腹ごしらえ。替玉、ターキーは我慢。これが敗着か。

個人的には水曜日の試合の試合前の静かなスタジアムが、キックオフの時間が迫るにつれて急速に雰囲気を変えていく様が好きなのだが、それは平日でも3万位入る頃の話。
この日は観客2万割れ。少し雰囲気が寂しい。

先発は
GK 加藤
DF 濱田、永田、槙野
MF 小島、暢久、峻希、宇賀神、原口、矢島
FW ランコ

ベストメンバー規定発動でここ5試合のリーグ戦先発経験者6人が先発メンバー入り必須。
加藤、永田、槙野、矢島、原口、ランコでぎりぎり6人。GKで調整した感じでギシの出番はなし。サブも大谷。

キャプテンマークを巻くのは原口。監督も色々なことを考えるのね。

・ほぼベストメンバーのセレッソに対してきちんとボールを回して試合に入ったのだが、清武のシュートが永田に当たり枠内にコースが変わりポストに当たって内側へ跳ねる。不運なゴールだが、シュートは鮮やかだった。
・ここで変に焦らないところが今年のチームのいいところ。
・きちんとボールを回して峻希が右サイドの高い位置まで侵入するなど目指すサッカーを展開。
・元気の折り返しから矢島が滑り込んで同点。悪くない展開。
・追い上げムードで前半が終わると思ったら、CKからのこぼれが順大とDFの間に落ち、先に詰められて失点。油断してた感じ、痛い時間の痛い失点。
・後半開始から槙野→野田、永田→柏木で暢久がDF真ん中に入り柏木がボランチ。
・ハーフウェー当たりの相手FK時にまたもや集中が切れ、ゴール前に走りこんだ相手にGKもかわされ失点。
・1-3となり完全に前掛かりに。ランコ→阿部で元気と柏木がそれぞれ1列前へ。
・攻めるが点差も点差、相手のゴール前の人数が多く、シュートコースが開かない。
・元気の切れもまだ絶好調とはいかず。
・播戸に4点目を奪われ万事休す。

点差ほどの内容差はないものの、ここぞという時の集中力の差があり点差が開いた試合。その部分にリーグ戦先発組と控え組の差を感じざるを得ない結果に。

次以降がんばれという気持ちはあるが、拍手をすることがその気持ちを伝えることにはならないので、自分は拍手せず。

浦和レッズ1-4(前半1-2)セレッソ大阪 
得点者:11分 清武弘嗣(C大阪)、42分 矢島慎也、45分 藤本康太(C大阪)、49分 ブランキーニョ(C大阪)、81分 播戸竜二 (C大阪)
入場者数:16,533人

|

« 去年のような内容 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/54521600

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ ホーム C大阪戦:

« 去年のような内容 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 大宮戦 »