« 参戦の記録 ホーム 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム C大阪戦 »

2012.10.26

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

2-3 敗戦(2012.10.20 ユアテックスタジアム仙台:車)

キックオフ6時間前の午前7時の遅めの出発。
岩槻ICから東北道で一路北へ。

秋の行楽シーズンで晴天、東北道下りは渋滞。岩舟JCTの先辺りまでノロノロ。
そこから先は車数多いものの渋滞はせず、泉PAのスマートICを流出したのは11時少し前。

開門よりかなり前に来ていれば駐車場は選び放題だがキックオフ2時間前の到着ではどこも満車。キャパの大きい駐車場に並び空きを待つ。10分ほど待って程なく入庫。料金は1時間百円、安い。

スタジアム手前のファミマでアウェイ川崎戦のチケットを発券。
ドライゼロを飲んでテンションを高める。

アウェイゴール裏は人満杯。ホームゴール裏は空が点々と。絶対に要領以上に入っている。
出遅れたので空席はなし。メインより通路階段での参戦となる。

先発は
GK 加藤
DF 坪井、永田、槙野
MF 平川、啓太、阿部、梅﨑、マルシオ、柏木
FW ポポ

元気はスタメン落ち。ポポは結果を残している。仕方がないというか当然。

さて試合

・先制点を失わないようにと皆が考えている矢先の相手ゴール。赤嶺のマークに着くでもない中途半端な坪井の対応でフリーでヘディングを打たれ失点。オイオイ。
・ピッチにはラグビーのラインの跡。芝生も荒れ気味でパス回しの際にトラップがピタッと収まらず攻撃にテンポが出ない。
・0-1で折り返し。前半は見せ場が無かった。
・入場時に出したPride of Urawaの巨大ゲート旗を後半開始前に再度出してPride of Urawa、これは後半ずっとだな。
・後半は前半より仙台が守りきる意識が強くなったのか、相手陣に押し込んでの展開が続く。
・早く同点にと焦るがカウンターで脅かされる。
・カウンターでウィルソンにボールが渡った際に坪井がスライディングで飛びこんでしまい、あっさりかわされてニアにブチ込まれ0-2、痛い。
・0-2でもピッチ上もゴール裏も全く諦めた雰囲気は無い。
・直後に槙野のゴールで追いすがる。
・梅﨑→宇賀神、坪井→元気で攻勢をかける。猛攻を仕掛けるが2点目が取れない。
・カウンターからウィルソンに3点目を決められるがあきらめない。それにしても失点が多いなぁ。どれもつまらないミスからの失点。
・CKからあっさりマルシオが決めて3-2、入るときは何でこんなにあっさり入るんだ。
・追いつける!左サイドを完全に崩し右で待つマルシオがGKと1対1、GKに当ててしまいゴールならず。
・ロスタイムの進みがこんなに速く感じた経験はない。あっという間に試合終了。

追いつけなかった。追いつかなければいけなかった。後手に回った展開ながら追いすがった。つまらないミスからの失点が返す返すもったいない。

お土産の萩の月をロードサイドのお店で買って泉ICから一気に家路へ。
館林あたりで若干渋滞したが午後8時には帰宅。

負けたが選手の気持ちは見えた。痛い敗戦だがまだあきらめない。

ベガルタ仙台3-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:2分 赤嶺真吾(仙台)、62分・79分 ウイルソン(仙台)、64分 槙野智章、82分 マルシオ リシャルデス
入場者数:17,711人

|

« 参戦の記録 ホーム 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/55978154

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 仙台戦:

« 参戦の記録 ホーム 札幌戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム C大阪戦 »