« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012.12.30

参戦の記録2012 まとめ 

 

月日 H/A 試合 会場
03.10 A リーグ第1節 広島 広島ビッグアーチ
03.17 H リーグ第2節 柏 埼玉スタジアム2002
03.20 H ナビスコ第1節 仙台 埼玉スタジアム2002
03.24 A リーグ第3節 札幌 札幌ドーム
03.31 H リーグ第4節 川崎 埼玉スタジアム2002
04.04 A ナビスコ第2節 磐田 ヤマハスタジアム
04.07 A リーグ第5節 鹿島 カシマサッカースタジアム
04.14 H リーグ第6節 神戸 埼玉スタジアム2002
04.18 H ナビスコ第3節 C大阪 埼玉スタジアム2002
04.21 A リーグ第7節 大宮 NACK5スタジアム大宮
04.28 A リーグ第8節 名古屋 瑞穂陸上競技場
05.03 H リーグ第9節 横浜FM 埼玉スタジアム2002
05.06 A リーグ第10節 磐田 エコパスタジアム
05.12 H リーグ第11節 新潟 埼玉スタジアム2002
05.16 A ナビスコ第4節 川崎 等々力陸上競技場
05.19 H リーグ第12節 清水 埼玉スタジアム2002
05.26 A リーグ第13節 FC東京 味の素スタジアム
06.06 A ナビスコ第5節 鳥栖 ベストアメニティスタジアム
06.16 A リーグ第14節 G大阪 万博記念競技場
06.23 H リーグ第15節 仙台 埼玉スタジアム2002
06.27 H ナビスコ第7節 広島 埼玉スタジアム2002
06.30 A リーグ第16節 C大阪 大阪長居スタジアム
07.07 H リーグ第17節 鳥栖 埼玉スタジアム2002
07.14 A リーグ第18節 新潟 ビッグスワンスタジアム
07.28 H リーグ第19節 磐田 埼玉スタジアム2002
08.04 H リーグ第20節 FC東京 埼玉スタジアム2002
08.11 A リーグ第21節 神戸 ホームズスタジアム神戸
08.18 H リーグ第22節 鹿島 埼玉スタジアム2002
08.25 A リーグ第23節 清水 エコパスタジアム
09.01 H リーグ第24節 大宮 埼玉スタジアム2002
09.08 天皇杯2回戦 鹿児島 浦和駒場スタジアム
09.15 A リーグ第25節 横浜FM 日産スタジアム
09.22 H リーグ第26節 G大阪 埼玉スタジアム2002
09.29 A リーグ第27節 柏 国立競技場
10.06 H リーグ第28節 札幌 埼玉スタジアム2002
10.01 天皇杯3回戦 讃岐 佐賀県総合運動場
10.20 A リーグ第29節 仙台 ユアテックスタジアム仙台
10.27 H リーグ第30節 C大阪 埼玉スタジアム2002
11.07 A リーグ第31節 川崎 等々力陸上競技場
11.17 H リーグ第32節 広島 埼玉スタジアム2002
11.24 A リーグ第33節 鳥栖 ベストアメニティスタジアム
12.01 H リーグ第34節 名古屋 埼玉スタジアム2002
12.01 天皇杯4回戦 横浜FM 熊谷陸上競技場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.18

日本心

日本心 純米吟醸 無濾過生 原酒 23BY



原料米:松山三井(愛媛県産)
精米歩合:60%
アルコール分:18%~19%
酸度:2.0
日本酒度:+4.5
酵母:協会9号
武田酒造株式会社(愛媛県西条市)



日本心(やまとごころ)と呼びます。

原料米の松山三井は、愛媛県農業試験場において‘近畿25号’を母,‘大分三井120号’を父として,1953年に育成された水稲粳の晩生品種だそうです。
本品種を原料とする酒は、端麗、辛口な特徴があるそうです

純米酒らしい素朴なお酒。キリットした後味が、食中酒にはいい具合。
イカと里芋煮、70円セールのセブンイレブンのおでんと共にいただきましたが、味の強い出来合いのおでんのつゆにも負けないキレがありました。

味わいのある飲み口でついつい盃が進みますが、度数がやはり高いので飲み過ぎには要注意。

好みのお酒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参戦の記録 天皇杯4回戦 横浜FM戦

0-2 敗戦(2012.12.15 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場:車)

何で熊陸での開催なんだろうの天皇杯4回戦。

昼時の17号線は結構混雑していて、1時間40分かかってようやく到達。
出遅れ気味だったが駐車場はP8に止められる。小さい駐車場なので出るのが楽でいい。帰りに17号に出るのも混雑しないので便利。

自由席待機列が結構な人の数でびっくり。バックスタンドの一部も自由席扱いだからか。

予報では雨が降る可能性もあったが、陽もさすくらいに回復。県南とは明らかに天候が違う。
湿度はあるが風もなく寒さを感じない、天候だけは恵まれた感じ。

さて先発は
GK 加藤
DF 坪井、暢久、槙野
MF 平川、啓太、阿部、宇賀神、柏木、マルシオ
FW 達也

ウメがけがで戦列を離れたので達也が先発でワントップ。ポポは控え。
完全移籍の発表で槙野のチャント解禁。ちょっとベタだがあっという間に慣れるだろう。

クルヴァはメイン寄りの端に位置。屋根もなく薄く横に広がるゴール裏。タイミングがとりづらくチャントがずれる。何とも中途半端なスタジアム。栗鼠にお似合いだ。

・サイドに流れる小野裕二をうまく捕まえきれずサイドを崩されペースをつかめない。
・右の平川が深い位置まで行けること数度だが、折り返して中に入れても高さが無くはじかれる。打開策が見いだせない。
・達也は前を向いても相手を振り切れない。衰えを感じざるを得ない。
・左の宇賀神もどこか悪いんじゃないと思えるくらいキレがない。
・左を崩され敢え無く失点。前半は全く良いところなし。
・相手ペースでピリッとしないサッカー。夕闇と共に鶏糞の臭いが上空から降りてくる。拷問に近い。
・ハーフタイムでの選手交代はなし。1点差で達也を替える決断は堀さんには酷か。
・カウンター気味に右を崩されあっさり追加点を与える。展開が後手に回る。
・後半15分手前でようやく選手交代。達也→ポポ、宇賀神→野田。戦術面での交代ではなく機能していないピースの入れ替え。後手後手だ。
・代わった野田のところから好機を作るもゴールは遠く。シュートも枠に飛ばない。
・飯倉にいいように時間を使われそのまま終了。

あっけなく2012シーズンが終了。
達也とポポの浦和でのキャリアも終了。出たけれど力が通用しなかったという感じで何とも寂しい終わり方。でもこれが現実。
ありがとう達也。

帰りは17号がスムースに流れ1時間15分くらいで帰宅。

ACLがあるからオフは短いが、とりあえず2012シーズンお疲れ様でした。

来年はどのくらい参戦できるかな。

浦和レッズ0-2(前半0-1)横浜F・マリノス
得点者:28分 兵藤慎剛(横浜FM)、48分 狩野健太(横浜FM)
入場者数:12,634人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.16

2012シーズン終了

鶏糞臭う熊陸で、浦和の2012シーズンと田中達也の浦和でのキャリアが終了しました。
試合内容は、目的を持っているものと持っていないものとの差が歴然。分かりやすすぎるもの。
ACLに備えて、オフを取って鋭気を養ってください。

達也にとっては、辛い、現実を噛みしめる試合になってしまったね。
でも、これまでの浦和での輝きが褪せることはない。
本当にありがとう。

せめて、駒場で終わらせてあげたかったな (..)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.10

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

2-0 勝利(2012.12.01 埼玉スタジアム2○○2:徒歩)

アウェイ鳥栖戦の悪い流れを断ち切るため、最終戦のホーム名古屋戦は気分を変えて徒歩でスタジアムへ。

浦高から大東小、三室小前を経由して総持院横を通過して9キロを1時間40分で到着。
一息ついて待機列に向かうあたりから北西の空が真っ暗に。

にわか雨の予報はあったものの、本降りに近いみぞれ交じりの冷たい雨。
入場後は止んだが指先が濡れて寒さ倍増。お湯割りで暖を取る。ビールは寒くて進まない。

自由席は完売との話の最終戦。席を探す人の動きが長く続くいつもと違った雰囲気。
最終戦だけでなく節目の試合ではもう少し来ようよ。

さて先発は
GK 加藤
DF 坪井、暢久、槙野
MF 平川、啓太、阿部、宇賀神、柏木、梅﨑
FW マルシオ

内転筋痛だった柏木が復帰。1トップはマルシオ。所謂ゼロトップの布陣。

ビジュアルは用意してあるが試合後とのこと。達也ネタと想像がつく。
(まさかマッチデーカードと絵柄が一緒とは。)

・鳥栖戦を引きずらずしっかりした内容で入った前半。
・相手の4番はDF登録なのに前線に張り付く。
・前の方の三人の流動性がいつもに比べて良い感じ。
・柏木のヘディングでの先制点は楢崎のミスっぽいけど嬉しいことには変わりはない。
・後半の開始にウメ→元気。
・槙野のFKゴールで沸騰。
・あとは元気のゴールだけだったんだが、残念。
・柏木→矢島、啓太→濱田。残念ながら達也出場の機会は訪れず。

2-0完勝。すごく久しぶりの最終戦勝利。
やはり最終戦勝利は何ともいえず幸せな気分になる。
鳥栖と柏が敗れたため3位に返り咲き、ACL出場権ゲットという結果が予想外についてきた。

選手が全員で場内を回る。
ゴール裏ではビジュアル。映された映像を見ると熱いものがこみ上げる。
良い雰囲気で送り出してあげられたことがせめてもの恩返しか。

シーズン感謝の映像はいつもの年とは趣向を変えたバージョン。
あれはあれで良かったけれども、例年のテイストのしみじみとしたバージョンもあってほしかったかな。

帰りはさすがに徒歩ということはなく、車に乗って帰りました。

浦和レッズ2-0(前半1-0)名古屋グランパス
得点者:23分 柏木陽介、59分 槙野智章
入場者数:51,879人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »