« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »

2013.03.14

参戦の記録 ACL ホーム ムアントン戦

4-1 勝利(2013.03.12 埼玉スタジアム2○○2:電車)

キックオフギリギリ到着の見込みで会社を出る。
東京、王子の乗り継ぎはすこぶる順調で、19:12には浦和美園着。よし、これで間に合うぞと思ったら、スタジアムまでのシャトルバスの列がいつも以上。
時間が読めない方が怖いので、速足で歩く。

南から入ってバックスタンド下のコンコースにたどり着いた頃にアンセムが流れる。
19:30ちょうどにキックオフという設定なのね。上着と鞄を袋に入れ、レプリカ着て眼鏡をかけたタイミングでキックオフ。間に合った。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、永田、槙野
MF 平川、那須、阿部、関口、柏木、マルシオ
FW 興梠

大分戦から中盤4人を入れ替え。

・静かな立ち上がり。相手の引き加減が尋常ではなく、ほぼボールを支配できる状態。
・こじ開けるのに時間がかかるかなと思いきや、CKから柏木のダイレクトボレーがワンバウンドしてループ気味にファーに決まり先制。入るときは簡単に入る。
・その後は無理に突っついて変なカウンターを食らいたくないため慎重に攻める。
・相手が黄紙二枚で一人退場。数的優位が顕著で押し込むも無理はせず膠着した展開が継続し前半は終了。
・先制点以降、安全運転過ぎてパッとしない内容。
・後半開始時に交代なし。
・15分過ぎに中盤を2枚替え。柏木→原口、マルシオ→梅﨑。マルシオは前半倒された時の足の痛みを引きずっている感じ。
・これで試合に動きが出て、左からの関口のクロスがそのままゴールイン。相手GK、あれはイカンでしょう。
・直後に右平川から中央付近どフリーの元気に、高く距離のあるヘディングシュートが決まり3-0。
・興梠→阪野。このあたりから相手が諦め気味になりかなりルーズになりやりたい放題。
・元気がやたらに阪野に点を取らせたがるものだから、打てても打たない。
・典型例が相手のオウンゴール。
・4-0の状態でしっかり試合を締めてくれれば文句はなかったのだが、相手に合わせて終盤、動きが緩慢になり、カウンターからきれいにヘディングシュートを決められ失点。

結果、4-1。得失点差を±0まで戻し、2試合で勝点4はまずまず。
最後の緩慢なプレーでの失点でWe are Diamondsを歌わないという選択肢はありだと思う。

思ったよりも冷えた埼スタ。とてもビールを飲む雰囲気ではなくアルコールフリー。
家族の乗ってきた車を運転して帰宅。2万人台前半なのに随分道が混んでるなと思ったら、御成街道で夜間工事中。うまく抜け出して無事帰宅。
この時期、油断しての薄着参戦は危険だ。

2013年3月12日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-1(前半1-0) ムアントン・ユナイテッド
得点者:8分 柏木陽介、65分 関口訓充、69分 原口元気、78分 OWN GOAL、90分 シアカ
入場者数:23,246人
主審:Benjamin Williams

|

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/56955874

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ACL ホーム ムアントン戦:

« 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »