« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »

2013.05.23

参戦の記録 ホーム 鳥栖戦

6-2 勝利(2013.05.18 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

埼スタで久しぶりの晴天。
南風は強いが雨の心配が無い心地良いナイトマッチ。

前週のJ20周年記念試合疲れか入りは悪く、やっと3万人台という状況。カードも魅力的とは言えないが、去年のホームの試合もやたらに点が入ったのだから...(物凄い雨だったけど)。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅﨑、啓太、阿部、平川、柏木、原口、
FW 興梠
宇賀神が鹿島戦の怪我で離脱し、そこにウメが入るという布陣。

対する鳥栖は何か飛び道具の南米系FWがいない韓国のチームって感じ。

コイントスで勝った鳥栖が前半、風下を選択。その判断の意図は不明。単なる嫌がらせか。

・攻撃面で浦和に対して苦手意識がないのか引いて守ることはしない鳥栖。その分、浦和も攻めやすい。
・サイドを崩されても真ん中を固めてればいいや的守備を今一つ崩せないが、鹿島戦よりはゴールに近い位置に侵入できる。
・右に張った興梠がドリブルでペナ内に、切り替えして縦に行くところ進路を阻まれPKゲット。
・誰が蹴る?決まる?とどきどきするも、阿部ちゃんが迷いなく真ん中に蹴り込み先制。
・前半はこれだけ。追加点は取れず、何度か危ない場面もあるが1-0で折り返し。
・後半は弱風ながら風上になったと鳥栖が蹴ってくるが、こぼれを拾えれば相手守備陣の距離間がルーズなのでボールは回せる。
・左サイド抉ったウメからの戻しを槙野がペナ外から決めて2-0。
・ここで安心したか守備の出足が鈍り始める。
・20分過ぎに押し込まれペナ内での判断の遅れから槙野が抜かれ失点。2-1。また打ち合いの様相。
・前掛かりになる相手の守備もルーズでキチンとつないで平川のクロスを興梠の頭で3-1。
・その直後にクリアーが中途半端でミドルを決められ、またもやミスから失点で3-2。わからなくなってきた。
・残り15分ほどで監督が動き、平川→マルシオ。
・マルシオの右からのクロスにファーに詰めた元気が決めて4-2、ここからは鳥栖の守備が崩壊。
・85分に柏木→クローザー暢久。
・CK崩れから興梠→那須の頭(4連続試合ゴール)で5-2。
・ロスタイムに元気に代わり投入された矢島が右からのクロスにファーで詰めて6-2。

終わってみれば快勝だったが、3-2の時点ではどっちに転ぶかわからなかった試合。マルシオを入れて守りに行くのではなく攻めに行ったことが功と出た。

大勝で自宅に戻り強かに祝杯。

浦和レッズ 6-2(前半1-0) サガン鳥栖
得点者:26分 阿部 勇樹、49分 槙野 智章、56分 岡田 翔平(鳥栖)、65分 興梠 慎三、66分 高橋 義希(鳥栖)、80分 原口 元気、89分 那須 大亮、90+4分 矢島 慎也
入場者数:31,175人
審判:中村 太

|

« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/57445012

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 鳥栖戦:

« 参戦の記録 ホーム 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 柏戦 »