« 参戦の記録 ナビスコ杯QF ホーム C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

2013.07.10

参戦の記録 アウェイ 甲府戦

1-0 勝利(2013.07.06 国立競技場:電車)

うだるような暑さの中、駅まで歩く。
京浜東北線の車中でネットを確認したらそれもそのはず、梅雨明けしてました。
7月初旬の梅雨明け、雨が余り降らなかった梅雨。水がめの方は大丈夫でしょうか。

秋葉原経由で信濃町から代々木門を目指す。駅から代々木門までで缶ビール1本を消費。

久しぶりのリーグ戦。国立で試合をやってくれる甲府はありがたい。入口で桃とか配ってるし。有難くいただいてお土産に持って帰る。
試合前に色々とイベントごとをやっていたけどスルー。暑くて文句を言う気にもなれないわ。

薄曇りで陽射しが幾分遮られるので入場後も何とか座席に留まれる。飲み物の消費は激しいが...。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅﨑、啓太、阿部、平川、柏木、原口、
FW 興梠
腿裏を痛めていた興梠が復帰。マルシオがサブ。中断前の布陣に戻る。マルシオが交代で入ってくるタイミングが勝負どころだ。

・甲府は相手陣では守備をせず引き気味に自陣でしっかりと相手の攻撃を受け止めるサッカーに終始。
・回せるがシュート機会をなかなか作れない厳しい展開。
・特段の見せ場なく前半は0-0、1点差勝負を覚悟。1点取れるか取れないか。
・後半15分に啓太→マルシオ、柏木がボランチに下がり攻めを厚くする。
・25分に平川→宇賀神。甲府の選手の距離がだんだん開いてくる。が、興梠のマークは外さない。
・引き分けが頭をよぎり始めた38分、左のウメが余裕をもって右足でゴール方向に向かうセンタリング、ファーで合わせたのは何と那須!
・この1点で勝負あり。前に出てきた甲府相手にマルシオと元気が決定的な場面を作るもGKとポストに弾かれ追加点はならず。
・4分も取られたロスタイムも不安なく乗り切り勝点3ゲット。

2ステージ制反対の幕を上げたままWe are Diamonds、国立での勝利は格別だ。

ヴァンフォーレ甲府 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:83分 那須 大亮
入場者数:28,906人
審判:福島 孝一郎

|

« 参戦の記録 ナビスコ杯QF ホーム C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/57765461

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 甲府戦:

« 参戦の記録 ナビスコ杯QF ホーム C大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »