« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »

2013.07.16

参戦の記録 アウェイ 川崎戦

0-4 敗戦(2013.07.13 等々力陸上競技場:電車)

夕方雷雨の予報がある中、13:49与野駅発で川崎まで。南武線に乗って武蔵小杉到着は15:00ちょうど。乗り換えの歩く距離が極力少なくなるルート選択。

新丸子駅前まで歩き中途半端な時間でも空いていたラーメン屋で試合前の腹ごしらえ。
開場前にぱらっと来るが本降りにはならず。

風が抜けず蒸し暑い中、試合開始を待つ。
メインスタンド改修工事中でプレハブの管理棟から選手が試合前のアップに出ていくのが丸見え。
スタンド改修で指定の席数が減った影響か、2階の方が早く埋まる。次回は1階に回帰しようかな。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅﨑、阿部、柏木、平川、マルシオ、原口、
FW 興梠
前の試合で傷んで交代した啓太はメンバーにも入らず。
柏木が1列下がりマルシオが前に入るいつもの後半追込み時の布陣でスタート。

・前からむやみには追ってこない川崎。こちらが攻めかかって行く際のミスに乗じた速攻がコンセプトか。
・前節に続きミスパスやコースのズレ、出し手と受け手の意識のずれが散見される今一つの出来。
・連戦の疲れか。でも相手も一緒なのだから言い訳にはならない。
・主審のジャッジがハッキリしないのがうまくいかないイライラ感を募らせる。倒れた選手の処理の判断が遅くてとても有料の試合の審判のレベルを満たさない。
・去年もそうだったが、どうもレナトをうまく捕まえられない。
・レナトと大久保に気を取られ左に開いた憲剛をどフリーにして先制される。
・ここで前も立て続けに取られたな。今日は締めて後半の逆転に賭けようとの思いもむなしく、ここから立て続けに失点。
・川崎の前線の三人にチンチンにされたという表現しか思い浮かばない。
・後半、気を取り直しこちら側での得点で挽回をとの思いもむなしく、順大が大久保を引っかけてPKを献上。完全に見切られて100ゴール目を大久保に決められ0-4。
・動きの落ちた元気とウメを矢島と関口に代えて幾分、活性化したがゴールの臭いは強まらず。
・4点差で余裕の川崎に残り時間を上手に使われてこちらは一方的に消耗。

積上げてきたものを全て失ったような惨めな敗戦。
でも勝点が減った訳ではない。まだ折り返し点付近、前を向いて行くしかない。
珍しく監督までゴール裏に挨拶に。
首位が負けたので首位との勝点差が開かなかったことだけが唯一の救い。でも広島に抜かれ3位に落ちる。

選手が引き揚げたら早々に退散。
帰りは新丸子から目黒線で大岡山で大井町線乗り換えで大井町から京浜東北。
与野駅前のフレスポの大阪王将で力のない反省会。

水曜日のマリノス戦が心配だ。

川崎フロンターレ 4-0(前半3-0) 浦和レッズ
得点者:28分 中村 憲剛(川崎)、30分 レナト(川崎)、43分 山本 真希(川崎)、49分 大久保 嘉人(川崎)
入場者数:19,010人
審判:廣瀬 格

|

« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/57805307

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 川崎戦:

« 参戦の記録 ホーム FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 »