« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

2013.08.07

参戦の記録 ホーム 広島戦

3-1 勝利(2013.08.03 埼玉スタジアム2○○2:車)

およそ2ヶ月ぶりのホームゲーム。ホーム埼スタはやっぱり落ち着く。

水曜日のアウェイ磐田戦から中二日。蒸し暑いが日が傾くとすごし易い。何とかなる暑さ。
戸田の花火大会とかぶる日程では例年入りはいまいちだが、久しぶりのホーム、首位広島との対戦ということもあって4万越えとまずまず。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、原口
FW 興梠
磐田戦で傷んだウメはサブにも入らず(眼窩底骨折で1か月の離脱だそうだ)。
そのかわり啓太が復帰。離脱中に啓太不在を痛感した試合が続いていたので心強い。

赤地に黒の縁取りのあるURAWAの文字を北ゴール裏に描き選手を迎える。シーズン終盤には5万越え330°のビジュアルで選手を迎えたいね。

・キックオフからいきなり塩谷のドリブルでペナ付近まで侵入をゆるし序盤バタつく。開始早々は広島ペース。
・相手陣に何とか押し戻して得た左中盤からの柏木のFKを興梠が頭で絶妙のコースに流し込んで先制。この1点がでかかった。
・無理に前から追い回す必要はなく、2列目に入るあたりから前線は守備。相手の前三人(佐藤、石原、高萩)にスペースを与えない守備。相手両翼(ミキッチ、山岸)にも縦を割らせない守備で手堅く試合を進める。
・ここのところ甘さのあった1対1の対応もこの日は万全。やはり球際で負けないことが大切だ。・久しぶりに復帰した啓太の動きも問題なし。パスコースを作り動きだったり好機を見て前に飛び出す動きだったり覚醒状態は継続。頼れる啓太さん。
・前三人で崩した2点目。柏木→興梠→元気。2-0、完璧な試合展開。
・後半開始から前から追ってくるようになったが、自陣での球回しにバタつくことはなく、むやみに前に蹴りだすこともなく、しっかりと時間を進める。
・少し前掛かった相手左サイドを平川が突き、珍しく右足でアーリークロス、興梠がつま先でかろうじて触ってゴールに流し込み3-0。完璧。
・相手がボールを持つ時間は多くなるがブロックを崩されることはなく安定した戦い。
・復帰直後の啓太→暢久。この日の気温なら暢久でも大丈夫。
・2得点で役目を果たした興梠→阪野。
・ビジョンの電源が落ちて一時試合中断。ざわつく中試合再開でちょっと変な雰囲気。
・元気→マルシオ。
・無失点で行きたかったが最後の最後でCKからのヘディングで失点。

最後の失点は心残りだがそれを突くような野暮なことは言わない。首位相手に完勝。啓太の復帰で内容もいい時の浦和に戻ってきた。

「Jを盛り上げる主役は俺たちだ、譲らん!」

浦和レッズ 3-1(前半2-0) サンフレッチェ広島
得点者:5分 興梠 慎三、28分 原口 元気、55分 興梠 慎三、90+3分 水本 裕貴(広島)
入場者数:42,426人
審判:松尾 一

|

« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/57947333

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 広島戦:

« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »