« 参戦の記録 天皇杯2回戦 栃木ウーヴァFC戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »

2013.09.20

参戦の記録 アウェイ FC東京戦

2-3 敗戦(2013.09.14 国立陸上競技場:電車)

秋葉原経由で信濃町。
スタジアムとは逆方向に歩きタイカレーのメーヤウ。
待ちが6人程度いたが回転は速く、5分ほどで店内へ。
大辛と小ソバ。大辛だが問題なし。髪の毛の間から汗が流れる感じはするが。

開門まで2時間近くあるのでコンビニで酒を買い、野球場のあたりの日影で一休み。神宮球場で行われるヤクルト×阪神に向かう人多数。バレンティンの56号期待で盛り上がっているが、目立ったのは阪神ファンだった。

2020年の五輪開催が決まり国立は来年解体。
ナビ決勝、天皇杯はあるが、国立でのリーグ戦はこれが最後。
聖火台の点灯にはプレゼンに参加したパラリンピアンの佐藤真海さんが参加。
余計な演出は無くシンプルで良かった。埼スタにもオリンピックは来るからね。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、暢久、槙野
MF 平川、阿部、那須、宇賀神、柏木、原口
FW 興梠

GKと代表招集で抜けていた槙野が左DFに戻った以外はナビスコ川崎戦と同じ。
暢久は今期リーグ戦、初先発?

・両サイドが中に切れ込んでDFラインの左右二人を積極的に前に上げる攻撃パターンは川崎戦よりも機能。見ていても楽しいのだが。
・流れから取られる心配は見ていて無さそうなのだがペナ周りの不必要なファールの多さとセットプレーからの安易な失点は何とかならないか。
・押し気味に試合を進めながら前半終了で0-2とは何じゃいな。
・We are Redで背中を押して後半へ。
・後半10分までには槙野と那須のヘッドで同点へ。これは行けるか。
・暢久のパスと受けた元気が得意のコースに乗りドリブル、シュート!
わずかに権田に阻まれ勝越しはならず。
・そこからは試合は徐々に膠着。
・終了間際にあいてのFK、後半途中から入ってきた平山に決められるてっていうの。分かりきってるじゃん。

で敗戦。
0-2からの逆転勝利を一度は夢見ただけに、敗戦は0-2よりも悔しい。全部セットプレーからの頭だ。欠点はそこにあるのだろう。

首位奪取と三連休のスタートにとんだケチがついた。

FC東京 3-2(前半2-0) 浦和レッズ
得点者:8分 チャン ヒョンス(FC東京)、36分 森重 真人(FC東京)、51分 槙野 智章、53分 那須 大亮、90分 平山 相太(FC東京)
入場者数:34,756人
審判:吉田 寿光

|

« 参戦の記録 天皇杯2回戦 栃木ウーヴァFC戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/58233506

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ FC東京戦:

« 参戦の記録 天皇杯2回戦 栃木ウーヴァFC戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »