« 参戦の記録 アウェイ FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 »

2013.09.26

参戦の記録 ホーム 甲府戦

1-1 引き分け(2013.09.21 埼玉スタジアム2○○2:車)

風邪が長引き体調不良。何とか起き出しスタジアムへ。
陽気的には自転車の選択肢もあったが、体力に自信が持てず車で。

三連休の初日、運動会シーズンということもあり、客少なっ。
辛うじての3万越え。この土曜偏重開催ってのも何とかならないものか。土曜日だと来辛いという人も結構いるんだが。

先発は
GK 山岸
DF 森脇、暢久、槙野
MF 平川、阿部、那須、宇賀神、柏木、原口
FW 興梠
マルシオは怪我からの回復が遅れているのかまだサブにも顔を出さない。

・前半は暢久の特訓と新たな攻撃パターンのテスト。
・暢久にパトリックを見させる。プロ入り20年超のベテランに体格で劣る屈強FWとの1対1を託す。
・地べたに叩きのめされること数度。ギシのセーブに救われたこともあり、この特訓は何とか失点0で終了。
・ボランチ2枚を最終ラインに下げてその分、両ストッパーがサイド高い位置まで上がるという超攻撃布陣。前線が相手最終ラインに包み込まれ両サイド2人×2が孤立。真ん中で球を配る人がおらずギクシャク。まだ十分にこなれていない印象。
・前半は膠着感満載で0-0。
・後半開始から暢久→啓太で那須が1列下がりおなじみの布陣へ。
・タマが回らないギクシャク感は解消。
・FKを壁が手で止めてPKゲット、阿部ちゃんがきちんと決めて1-0。
・ここで甲府が出てこない誤算。引いて守ってここ一番は縦に長く蹴ってのカウンターというサッカーを固持。
・これをどうにもこじ開けられない。
・元気もここ数試合空回り気味。柏木と比べると運動量の無さが顕著。
・終盤に柏木→梅﨑、隣があれだけ動かなければさぞかし疲れたろう。
・宇賀神→永田充で守り切りの体制に。
・ロスタイム5分、興梠と山本が接触プレーでもめてあっという間に5分経過。
・あとワンプレーで終わりというタイミングで縦に長く入れられたボールを先に触れずバタバタのうちに同点とされる。

積み上げてきた90分が台無しに。勝点2が手から逃げて行く。

ここ数年、残留を争うチームに弱い。
去年も後半戦は5位5チームに2分3敗、一昨年も完全に死に体(降格決定)だった福岡に勝った以外は1分2敗。

次節の湘南戦もそのようなカテゴリーにあたるチーム。優勝に向けた強い気持ちが試される。

浦和レッズ 1-1(前半0-0) ヴァンフォーレ甲府
得点者:51分 阿部 勇樹[PK]、90+6分 青山 直晃(甲府)
入場者数:31,077人
審判:村上 伸次

|

« 参戦の記録 アウェイ FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/58271133

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 甲府戦:

« 参戦の記録 アウェイ FC東京戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 湘南戦 »