« 参戦の記録 天皇杯3回戦 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 柏戦 »

2013.10.26

参戦の記録 アウェイ 鹿島戦

2-1 勝利(2013.10.19  埼玉スタジアム2○○2:車)

天皇杯を犠牲にしての鹿戦。ここで負けたら優勝は無いという気持ちで臨む遠征。

開場1時間前の到着を目指し、7時半過ぎに出発。
岩槻から16号、野田から利根川右岸を進む。6号をくぐり東へ、安孫子の布佐の栄橋のたもとで渋滞にはまる。やはりここは混むんだな。次回からは6号で利根川を渡り左岸を行こう。
ここからはひたすら利根川左岸を東進。小見川大橋まで行ったがこれは少し遠回り。少し手前で左に折れて潮来を経由した方が早いか。
予定通り11時には駐車場着。700円は安いねぇ。

バスツアー組は続々と到着。
ここ数年、入場はスムースだ。

アウェイゴール裏は2回を開けていないせいか激混み。あらかたの入場が終わっても席探しの人が通路を行き交う。
ハム焼きも激混み。買うのに要する時間は軽く1時間超。でも、これを食べないと鹿国遠征は始まらない(うちはアウェイ遠征でスタジアムにお金を落とす唯一のアイテム)。

北東寄りの冷たい風が細かい雨が風と一緒コンディション。

さて先発は
GK
山岸
DF
森脇、那須、槙野
MF
平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、原口
FW
興梠
天皇杯で主力をガチで温存し、前節のダービーと同じ面子。

・ポゼッションする浦和、カウンターを狙う鹿島という構図。
・丁寧な球回しからサイドを起点に攻める。この日は左右どちらかに偏ることはなく。
・中央でのシュートの機会はなかなか与えてもらえず。CKは得られる。
20分に右からのCKを那須が中央で合わせて先制。結構あっさり入った。那須をフリーにしてくれるとは。
・ダヴィは前半からイライラしていて森脇が適度にちょっかいを出す。
・前半のピンチはペナ内で粘ったダヴィのシュートがサイドネットとカウンターからフリーで大迫にヘディングを打たれた2回か。
・前半終了間際に腰を押さえている柏木に替わりマルシオ。1-0で折り返し。
・後半立ち上がりは鹿島の圧力が強まり危ない場面も。ギシのセーブに救われる。
・相変わらずやりあうダヴィと森脇。ダヴィが森脇を突き飛ばして終末を迎える。15分に両者にイエロー。直前にも1枚もらっているダヴィは2枚目で退場。1枚もらった時に交代の選手を準備していたが間に合わず。
・残り30分、1点差で勝っていて一人多い状況。有利だが気は抜けない。
・押され気味の状況は解消。再びこっちペース。
・元気の中盤からの単騎ドリブル突破からシュートで追加点。来た!
・時間が経つにつれて一人多いこのと優位性が感じられるように。
・残り10分で森脇→坪井、1枚もらているし次節は累積で出られないから。
・その後、興梠→関口。お疲れ。古巣相手に気負いがあったかな。いつものプレーじゃなかった。
・完勝ムードが槙野のクリアの不手際から大迫にボレーを決められ怪しいムードに。
・セットプレーでの危機もあるが5分のロスタイムも含めて乗り切り勝利。

気分いいねぇ。

帰りは潮来経由で利根川左岸に出てきた道を戻る。
3
時間、9時前に与野着。

祝杯、祝杯。

鹿島アントラーズ 12(前半01) 浦和レッズ
得点者:20分 那須 大亮、71分 原口 元気、87分 大迫 勇也(鹿島)
入場者数:32,305
審判:松尾 一

|

« 参戦の記録 天皇杯3回戦 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/58456112

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦:

« 参戦の記録 天皇杯3回戦 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 柏戦 »