« 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 »

2013.11.01

参戦の記録 ホーム 柏戦

2-1 勝利(2013.10.19  埼玉スタジアム2○○2:自転車)

リーグ戦、ナビスコ決勝と2試合連続の柏戦。
相手はナビスコ決勝の前哨戦的位置付けだろうが、こっちはリーグ戦の首位戦線を踏まえると負けられない戦い。

上陸の心配もあった台風28号は沖合を通過し台風一過。これぞ秋晴れという晴天、秋の深まりを感じさせる北西の風が若干強め。
自転車での行き来、行は追い風、帰りは向い風。

K.O.は4時、1時の開場後、腹ごしらえで味千。
その後の時間はナビ決のチケットの受け渡しや段取りであっという間に過ぎる。

さて先発は
GK 山岸
DF 坪井、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、原口
FW 阪野
累積警告で森脇と興梠を欠き苦しい台所事情。鹿島で腰を痛め前半で退いた柏木は間に合いスタメン。
0トップでマルシオが先発が常道だがひざを痛めてサブ。1トップはリーグ戦初先発の阪野。正念場だ。

・序盤、相手が様子見のうち左から崩す。槙野の飛び出しから元気。柏は元気にドリブルをするスペースを与えてくれて、ドリブルからペナ枠あたりから強烈なシュート、GK弾いたところを詰めた柏木が頭で決めて先制、5分。
・阪野が天皇杯の時よりも頑張り前線でタマが収まる。興梠を見習っていると感じさせるプレーで少し成長を感じさせる。
・その阪野のキープから左、啓太、槙野と渡り、槙野が深い位置でドリブルから中へ、柏木がトラップから素早く右隅に流し込み2点目。
・国立での大量点の再来かと思ったがそれが油断。自陣で那須がパスカットされ、ショートカウンターを食らい失点。前半15分までで2-1、動きの激しい試合。
・これで柏が持ち直し、互角から相手が若干優勢な展開で後半途中まで。
・後半20分過ぎに阪野→関口。阪野は及第点。シュートの機会はほとんどなかったが。
・少し経って90分は無理だったろう柏木→梅﨑。ここまでは3点目を取りに行く姿勢。
・互いにシュートになかなか至らない潰し合いのような展開。
・残り15分を切って坪井→暢久、そのまま右のDFへ。J1 500試合出場だ。
・残り10数分を1点差でしのぎ切る試合運びをリーグ戦後半で身に着けてきた。
・セットプレーは怖いがそれ以外は危なげなく乗り切り2-1でタイムアップ。

暢久の記念試合を勝利で飾れたし、来週のナビ決に向けて勢いがついた。
帰りの向い風も気にならない。

浦和レッズ 2-1(前半2-1) 柏レイソル
得点者:5分 柏木 陽介、11分 柏木 陽介、14分 工藤 壮人(柏)
入場者数:34,814人
審判:山本雄大

|

« 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/58495730

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 柏戦:

« 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 | トップページ | 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 »