« 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

2013.11.20

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

3-3 引き分け(2013.11.10  宮城スタジアム:車)


日曜日夜に宮城スタジアムという嫌がらせのような時間と会場設定。
帰りは日付を越えること確実なため、余分な体力は使わず試合のみに絞って参戦する遠征。

駒場スタジアムでの高校サッカーの県予選準決勝第1試合を見てから出発。
東北道 浦和IC流入は13:40。東北道は至って順調、利府しらかし台IC流出は17:15くらい。

宮城スタジアムの駐車場が有料で前売り制になったことなど露とも知らず。列に並び中に入ったところで弾かれて、1キロ以上離れた臨時駐車場に行かされる。
臨時駐車場は2000円、高っ!(前売りの駐車券は2500円だったらしい。あの歩きが500円相当ならまぁいいか。チケットもビジター自由は2600円だし、仙台ボリ過ぎ。)

臨時駐車場から丘を下って登ってスタジアムへ。なんでこんな山奥にスタジアム作るんだよとの愚痴も出ようか。
山岸がウォーミングアップに出てくるタイミングで到着。間に合った。

劣悪な参戦条件、スタジアムのキャパはそれなりということでかなり緩めの入り。ゴール真裏付近に位置取る。
前線が通り過ぎて一雨あった様子。寒い側に入ったらしく冷たい北風が吹きつけて寒い寒い。秋ではなく冬の参戦だ。
首位のマリノスがこけて勝てば首位に立てるというチャンス。寒いが気合は入る。

さて先発は
GK 山岸
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、柏木、宇賀神、梅﨑、原口
FW 興梠
啓太が累積警告で出場停止。マルシオも怪我からかサブにも名を連ねず。
啓太の出ていない試合の勝率が悪いのが不安。

・立ち上がりにいきなり失点。クロスのこぼれがウィルソンの足元に。脇の下を通されちゃダメでしょギシ。
・気にせず攻勢に出てすぐ後に追いつく。ウメが蹴り込む。
・攻勢は続き30分過ぎにCKから興梠がファーでこぼれ球を押し込み勝ち越し。流れは悪くない。
・後半の立ち上がり、どうということないファールから相手FK、赤嶺に頭できれいに合わせれ同点。時間といい形といい安い失点。本当にもったいない。
・これで流れが悪くなり相手の攻勢を受ける。そこはしのぎ切り、ウメのキープから興梠の反転シュートで再び勝ち越し、3-2。
・ここで平川→関口で攻勢を強めるが追加点は奪えず。
・残り15分で元気→暢久。柏木を上げてバランスを取る。ここまではOK。
・残り3分でウメ→坪井。これでベタに下がる陣形となってしまい、徹底的に追い込まれる。
・ロスタイム3分は何とかしのぎ切れたかと思った終了間際に後半始めの失点と同じような位置でファール。今度はチョン出しから中に早いシュート性のボールを入れられ弾いたところミドルを決められ同点になって終了。

ここ一番で苦手な相手になんで勝てないかなぁ。3点も取っておきながら。
失点が全て安すぎる。これでは優勝なんて口が裂けても言えないよ。

選手を見送りさっさと引き上げる。帰りの駐車場までの道のりは上り坂。いい運動だ。
臨時駐車場からはサクッと出られ、ICまでも至近で21:20には仙台北部道路に。

東北道をひたすら走って岩槻IC流出は0:50、帰宅は1:10。
弾丸ツアーだったが結果は伴わず。残念。

ベガルタ仙台 3-3(前半1-2) 浦和レッズ
得点者:2分 ウイルソン(仙台)、6分 梅崎 司、31分 興梠 慎三、47分 赤嶺 真吾(仙台)、59分 興梠 慎三、90+2分 石川 直樹(仙台)
入場者数:17,183人
審判:飯田 淳平

|

« 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/58608882

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 仙台戦:

« 参戦の記録 ナビスコ決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »