« 参戦の記録 アウェイ 広島戦 | トップページ | なくしてはいけないもの »

2014.03.23

参戦の記録 ナビスコ アウェイ 柏戦

1-2 敗戦(2014.03.19 日立柏サッカー場:電車)

ナビスコ予選の初戦はアウェイ柏。
年度末の忙しい中、うまく予定を調整し柏へ。出張先から直行。
上野から常磐線で30分。柏駅到着は6時15分。

スタジアム着はキックオフ20分前。
日立台はホーム側とアウェイ側が入れ替わったから、着いたと思ってもそこからが遠い。

昼は暖かかったが、夜は意外と冷える。薄着で来たのを後悔。

さて先発は
GK 西川
DF 森脇、永田、槙野
MF 関口、阿部、柏木、宇賀神、梅﨑、原口
FW 李
那須、平川、啓太、興梠は帯同せずリーグ戦に備える。
サブには関根の名前も。

Pride of URAWAでスタート。到着がキックオフ間際だったものだから、気持ちがうまく試合に入らない感じでキックオフ。隅っこの方で周りも若干温め。
横に広がっているので真ん中辺と合わせるのには一苦労。チャントの始りが掴み辛い。

・レアンドロ、田中、工藤には3バックがしっかり付いているので危なげはない。
・が、相手もトップのところに球が入ると厳しくチェック。膠着。
・17分に李にボールが収まり宇賀神がミドル、GKが弾いたところを誰かが押し込み先制(帰ってくるまで誰かわからなかったがウメだった)。
・前半30分過ぎから右の関口が橋本にスコスコと裏を取られること数度。危ないなぁ。
・4度目位に中のレアンドロに渡りキープされる。柏木が後ろからチェックに行って笛。PK。微妙な判定だが後ろから行ったら取られるか。
・田中にうまくタイミングを外されあっさりPKを決められる。
・1-0で折り返したかったが...。
・後半開始から関口→水輝。森脇を前に上げて右の守備を手厚く修正。守備は安定。
・元気が突っかけてからの好機など、徐々に浦和ペースも枠に決定的なシュートを飛ばせない。
・後半30分過ぎ、宇賀神にファール気味のチャージから球を奪われカウンターを食らう。そこからのCK、西川飛び出すも先に相手に触られ逆転を許す。もったいない。ってか、ファール取らないのかよ。
・宇賀神→関根、梅崎→矢島。時間が少ない中、フレッシュな選手を入れて攻勢に出る。
・ロスタイム、槙野が深い位置でペナ内に侵入。マイナスに切り返してさぁ!というところで後ろからかぶせられ倒れる。笛。PKと思いきやダイブでイエロー、2枚目で退場。わずか10メートルくらいの距離での出来事、その笛はない。PKでなかったとしてもダイブはない。

無念の敗戦。
あいさつに来た選手が見えなくなるまでWe are REDSをコール。週末の無観客試合に備えて選手に気持ちを注入する。

帰りはのんびり野田線で大宮まで。乗ったのが最新の車両で野田線じゃないみたい。
黒星スタートのナビスコ、次はホームで大宮戦、無観客試合明けのホーム戦だ。

2014年3月19日(水) 19:04キックオフ・日立柏サッカー場
柏レイソル 2-1(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:17分 梅崎 司、43分 田中 順也(柏)、79分 渡部 博文(柏)
入場者数:9,585人
主審:岡部拓人
天候:曇

|

« 参戦の記録 アウェイ 広島戦 | トップページ | なくしてはいけないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/59343294

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ナビスコ アウェイ 柏戦:

« 参戦の記録 アウェイ 広島戦 | トップページ | なくしてはいけないもの »