« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014.06.05

参戦の記録 ナビスコ ホーム 名古屋戦

5-2 勝利(2014.06.01 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

雲一つない快晴。気温の予報は34℃。
初夏を通り越して一気に夏が来た感じの天気。

水曜日に甲府に勝って予選突破を決めたナビスコ。消化試合が元気の壮行試合的な性格を持ち、人も集まり抽選は4000番まであったらしい。

抽選後に機動的に動けるよう暑い中、この日も自転車。
セブンイレブン浦和南部領店で食料・飲料を調達。スタジアム正面広場の木陰で早めの昼食。

12時に入場。ゴール裏はもろ日向。メインの屋根下の座席に避難。
そろそろメインの屋根の日影がゴール裏の席にかかり始めるかなとなったところで移動。バックのコンコースでの元気の写真展をのぞいた後、席に戻る。

暑いが湿度は低く乾いた熱風が通り抜ける感じ。やたらと喉が渇く。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、青木、阿部、梅﨑、原口、柏木
FW 李
予告通り元気は先発。

・うちに勝てば予選突破となる名古屋。ガチに勝に来たのだが怖さがない。
・安定した戦いから当然のように先制。左からウメ→李と繋ぎ最後は柏木。
・その後も押せ押せだったが、パスミスからショートカウンターを喰らい同点に追いつかれる。
・あのあたりの守備の対応は昨年仕様。やはり予選突破の余裕が隙となったか。
・40分に右に開いた元気からグラウンダーの折り返し、李がヒールで流し込み突き放す。いい時間の追加点で悪くなった雰囲気を元に戻す。
後半10分過ぎに平川→関根。
・名古屋の右SBは矢野。本職でないので受けが目茶目茶弱い。いとも簡単に裏が取れる。ここを中心に攻める。
・そこで得たFK、元気に蹴らす。枠内に飛ばしたFKを楢崎が弾いたところを潔くFKを譲った槙野が押し込んで3-1。半分、元気の点だ。
・元気はその少し後に交代。代って入ったのは直輝。柏木→関口でウメがシャドーに。
・その後も押せ押せだが途中出場の松田に正面から左隅に決められ失点。寄せが緩い。
・3-2だが雲行きがおかしくなることは無し。その後も押せ押せの祭り状態が続く。
・元気に代って入った直輝は、この日は上々の出来。しっかり中断明けには元気の穴を埋めてもらわねば。
・徹底的に相手右サイドを突く。関口が躍動。クロスを李が頭で合わせて4-2。
・矢野のお粗末なルーズボールへの対応を突いてドリブルからニアをぶち抜き5-2。

大味な試合になったが大勝で予選リーグ首位通過。勝利で元気を送り出すことができた。
浦和が手塩にかけて育てた選手が出ていくのは寂しいが、きっと輝いてくれるはず。

中断明け、改めて喪失感を味わうのだろうが...。

2014Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ 第7節
2014年6月1日(日) 15:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5‐2(前半2‐1) 名古屋グランパス
得点者:18分 柏木陽介、23分 永井謙佑(名古屋)、40分 李忠成、60分 槙野智章、72分 松田力(名古屋)、76分 李忠成、88分 関口訓充
入場者数:33,837人
主審:飯田 淳平
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »