« 参戦の記録 ナビスコ ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 新潟戦 »

2014.07.17

参戦の記録 天皇杯2回戦 浦安SC戦

8-2 勝利(2014.07.12 駒場スタジアム:自転車)

天皇杯の決勝が翌年元旦ではなくなり、2回戦の日程も昨年から2か月早くなった。
久しぶりの公式戦。

35度まで上がる気温。梅雨明け前だがこの日は盛夏といった天候。
セブンイレブン浦和元町2丁目店で飲料等調達。3時45分開門、4時開場で東から入場。
開場後も日差しは東ゴール裏に燦々と照り付ける。日陰に避難しないと焦げてしまう。

6時キックオフだと日はまだメインの屋根の上。幸いにして5時過ぎくらいから北の空に雲が掛りだし、日差しを遮ってくれた。日差しが無ければそこそこのコンディション。

バック2階は閉鎖。相手は格下とはいえ久しぶりの浦和の試合。みたいと思わないのかなぁ...。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅﨑、青木、阿部、宇賀神、柏木、李
FW 興梠
サブも含めてガチメン。
来週から始まるリーグ戦に向けての調整から考えても変にメンバーを落とす必要がない日程。

相手の名前は申し訳ないが誰ひとり知らない。

・メンバーはそろっているが少し緩い試合の入り。
・相手も変に引くことなく、序盤から積極的にプレスをかけて前に出て来るのに戸惑った感じ。
・不安な立ち上がりをセットプレーからの得点で落ち着けるが、その後もピリッとしない。
・槙野や森脇の上がった裏を突かれて危ない場面も散見。
・右を崩され大きく左に展開され、当たりそこないのシュートがループ気味に入ってしまう不運。
・怪しい展開になってきた。
・ここで前半終わらずに、興梠と宇賀神が得点するあたりはさすがにガチメンバー。
・後半も出だしは同一メンバー。
・前半飛ばした相手もさすがに運動量が落ちてくる。
・押し込めた展開からウメと森脇のロングシュートが2本。共に素晴らしいシュートで得点。後半戦に期待が持てる。
・ウメ→関根、青木→啓太、槙野→永田と選手交代。
・完全に崩し切っての興梠。啓太の技ありシュート。李のオーバーヘッドでのパスを独走で持ち込んでの関根。
・8-1で終わりと思いきや頑張った相手に1ゴールをプレゼント。8-2で試合終了。

前週の暢久の引退試合の緩いテンションを若干引きずった感じの緩い試合でした。
最後の1失点で気合を入れなおしてもらったということで、来週からのリーグ戦再開に向けてきっちり調整してもらいたい。

第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦
7月12日(土) 18:04キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 8-2(前半3-1) 浦安SC
得点者:11分 阿部勇樹、37分 上松 瑛(浦安)、41分 興梠慎三、45+1分 宇賀神友弥、52分 梅崎 司、58分 森脇良太、77分 興梠慎三、83分 鈴木啓太、90分+1分 関根貴大、90分+3分 清水康也(浦安)
入場者数:7,275人
主審:家本政明
天候:晴

|

« 参戦の記録 ナビスコ ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/60000712

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯2回戦 浦安SC戦:

« 参戦の記録 ナビスコ ホーム 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 新潟戦 »