« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014.09.24

参戦記録 アウェイ 新潟戦

2-0勝利 (2014.09.23 デンカビックスワンスタジアム:車)

2時半キックオフの新潟遠征。
帰りが遅くならないのは利点だが、遠征のお楽しみが駆け足になるのが痛いところ。

朝6時半過ぎに出発。
お彼岸の中日で混みそうな墓苑周辺は避けて東松山へ。
出発時の天気は快晴。新潟も秋晴れの好天。道中は稲刈りの真っ最中。秋だねぇ。
高速の渋滞はなく、途中、越後川口でのトイレ休憩をはさんで10時半には巻潟東ICをアウト。

下道で時間調整しながらナビスコの時と同様に小嶋屋総本店小針店へ。
へぎそば。11時の開店と同時に飛び込み2人で1升=4人前。腹十二分目くらいまできた。
セブンイレブン新潟弁天橋通店で飲料調達。駐車場は日本海東北道横の第4駐車場。開場(キックオフ2時間前)の30分前に到着。

アウェイ側ゴール裏1階の3/4がビジター席。八分目強くらいの入りか。中心から1列メイン寄りの下段後方に位置取り。
そば食い過ぎのため、入場の際にもらった新潟産コシヒカリのローソンおにぎり(福島県郡山にて製造)はお土産に。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、阿部、啓太、梅﨑、柏木、李
FW 興梠
サイド二人を入れ替え。平川、宇賀神ともベンチ入りすらしていおらず、この部分は完全なターンオーバー制。心臓部のボランチは入れ替え無し。監督の啓太さんへの信頼は厚い。

・新潟は敵陣ペナルティエリア付近では追わず、浦和の最終ラインが持ち上がってきたあたりから二列目あたりにプレスをかけて森脇、槙野の裏を狙うという感じ。
・連戦で動きにキレを欠くため、この戦術に後手に回る。
・前半で4~5回くらいはペナ内でのシュートチャンスを献上。
・西川の好守と相手(特にCFの指宿)の決定力の無さに助けられる。
・序盤、関根は圧力をかけられた時のボール回しの選択肢の選び方に難があり、守備面ではちょっときついなと思っていた。
・が、攻撃面では縦に出たり、中に入ってきたりと積極的。縦に走り後ろからのフィードをダイレクトで中に折り返し、興梠のゴールをアシスト。
・悪い展開の中、一発で状況を打開。1-0で前半折り返し。
・後半立ち上がり、関根が中に切れ込んだスペースを森脇がドリブルで持ち上がり、ゴールライン際を突破し切り返してのシュートがゴール!2-0、good job。
・主審村上は正面や横の当たりにはファールを取らない。
・もともと当たりの強いプレーをする新潟、後半当たりがさらに強くなり、ラフなプレーが目立つようになる。
・さすがにまずいと思ったのかファールを取り、黄紙を出し始める。
・前線の枚数を増やしてきた新潟に対して受けを作るため、興梠→青木。李を上げてボランチ3枚のような布陣に。これがうまくはまらずゴール前に押し込められる。
・お疲れの啓太→永田。ウメをシャドーに、関根を左に回し森脇を前に出す。これで少し安定。
・終盤、スプリントした柏木が腿裏を気にしてマルシオに交代。
・相手に3枚出ていた黄紙、残り5分で帳尻を合わせたのか永田、ウメ、青木と頂戴する。審判のゲームコントロールが上手ではないなぁという印象。
・最後は足の止まった新潟を押し返したが無理はせず。

相性の良さが内容の悪さを上回った試合。終わってみれば2-0と完封勝利。とてもそんな内容ではなかったが...。

帰路は至って順調。駐車場も酷いことにはならず脱出、新潟亀田流入は5時チョイ前。
関越道埼玉県内の渋滞も時間の進行とともに短くなり、東松山流出では渋滞にかからず。
帰宅は9時チョイ前。

Jリーグタイムを見ながら越後川口で買った堀之内産コンビーフをつまみに祝杯。

2014Jリーグ DIVISION1 第25節
2014年9月23日(火・祝) 14:31キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:22分 興梠慎三、50分 森脇良太
入場者数:28,303人
審判:村上 伸次
天候:晴

試合終了時の新潟 松原の態度はとても代表招集された者とは思えない酷い態度。ありゃダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.23

新潟遠征

1411446287248

サイドは、関根がとウメ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.22

参戦の記録 ホーム 柏戦

3-1 勝利(2014.09.20 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

8日間で3試合、中秋の連戦。
初めはホーム柏。ここのところ苦手の相手。

すっかり涼しくなりパンツは短→長。
見沼の畑で収穫の終わった植物を燃す煙が漂う中、自転車で埼スタへ。

南広場で激辛フェア、王龍の麻婆丼(500円)を食す。花椒の効いたなかなかの完成度、あれでワンコインは良心的。

運動会シーズンだからなのか、客入りは悪く31,652人。同時期の去年のホーム甲府戦(31,077人)とほぼ同数。チームは好調なのに、盛り上がりに欠けるスタンドは見ていて悲しい。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、李
FW 興梠
前節の清水戦と同じスタメン。結果が出ているのだから無理にはいじらない。

柏は監督のネルシーニョが今年限りと公表して初めての試合。試合に影響は感じられなかったが...。レアンドロはサブにも居ずメンバー外。

・浦和のシステムに対応して同じ構成で人を張り付けて来る柏。
・追い回しではなく焦らすことにしたのか、ゴールキックをなかなか蹴らない菅野。1試合平均3.7枚のイエローを出す佐藤隆治がこの日1枚目を提示。
・前半なかばで遅延行為ってなんだそりゃという感じ。
・右から崩し、平川のクロスにドンピシャ飛び込んだのは那須、難なく先制。
・ここから前線での追い回してくるが、西川とDF陣で上手にいなし次第に追ってこなくなる。
・前線の3人でうまく中央を崩し、柏木が決めて2-0。最近、追加点が良い時間にちゃんと取れる。
・ここからは押せ押せ。李に2回、フリーで決めるチャンスがあったが枠に飛ばず突き放せない。
・しっかり2-0で折り返してというところで、起点への寄せが遅れてヘディングを決められ2-1で折り返し。
・後半はしっかりした入り。嫌な雰囲気は漂わない。
・ペナ内に侵入した興梠が菅野に倒されPKゲット。菅野は2枚目でさようなら。
・出るのを嫌がる外人(ドゥドゥ)を代わりのGKに代えてのPKは、興梠が難なく決めて3-1。
・これで連戦に備えた選手の入れ替えができる。李→ウメ、啓太→青木。
・チャンスは山ほどあるも、この日の左シャドーはシュートが枠に飛ばない。ウメも2度程フリーのシュート機会を上空開発。
・主審佐藤がこの日6枚目のカードを柏に提示し2枚目のエドゥアルドは退場で9人に。
・ここで柏木→直輝。
・最近ノルマの4得点達成を強く求め、点差がついてもボルテージを維持した声援が続くもタイムアップの笛。

得失点差でも+2できたことは成果だが、+4くらいはいけたと思うぞ。

月齢25.5で月明かりのない暗い夜道を自転車で帰宅。ダイジェスト映像を見ながらワインで祝杯。

2014Jリーグ DIVISION1 第24節
2014年9月20日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-1) 柏レイソル
得点者:21分 那須大亮、28分 柏木陽介、44分 高山 薫(柏)、55分 興梠慎三
入場者数:31,652人
主審:佐藤 隆治
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.19

参戦の記録 アウェイ 清水戦

4-1 勝利(2014.09.13 エコパスタジアム:車)

東海アウェイは縁起が悪いと記憶しているが、エコパでの清水戦は過去2年間とも勝利(スタジアムの外では色々とあったが...)。
ゲンを担いで昨年と同じ行程で袋井に向かう。

首都高で新都心から狩場まで、都心環状線を反時計に回り横羽線経由。
横浜町田ICに向かう保土ヶ谷バイパスは渋滞。東名も厚木での事故で大渋滞。三連休の初日の交通量を甘く見てはいけなかった。この渋滞で1時間以上ロス。

大井松田~御殿場間は左ルート、新東名は森掛川まで行かず、1つ手前の島田金谷で降りて掛川バイパス。
掛川のさわやかで昼食をとるつもりだったが時間が無くなり、セブンイレブン袋井国本店でトリそぼろごはん。

キックオフ1時間前だが愛野駅北側の民間駐車場に余裕で駐車。線路をくぐった400円上限の時間貸し駐車場も実は空きあり。リサーチが大切だ。

アウェイゴール裏はホームゴール裏よりも人の入りは多い。後方にはちらほら空きアリ。コールのずれが嫌なので、中心部後方に位置取り。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、李
FW 興梠
リーグ戦での李の先発起用は久しぶり。ウメがサブに回る。
サブにマルシオの名はなく直輝が入る。

空を感じる深めの青空に白雲の好天。
試合前のピッチへの散水の際に、後方からの日差しで虹が見える。吉兆か?

・李はトップではなくシャドーでの起用。
・いきなりショートカウンターで右を抉られ、ファーに流れたノバコビッチに足で合わせられたが、なんとボールはバーを直撃。決められていれば厄介なことになるところだった。
・それ以降は引き締まったサッカーを展開。前線からは追い回してこない清水相手に、じっくり揺さぶる。
・上がった森脇が右のペナ角付近から打ったシュートがゴール。李が喜んでいるので李に当たったのかと思ったが、スルーしており森脇の得点。
・先制されて前から追ってくるようになった清水を最終ラインでいなして、森脇から裏に走った李にスルーパス。1対1を李が冷静に決めて2-0。
・何がしたいのかよくわからない清水をうまくあしらい前半終了。後半も慎重に追加点を狙う。
・CKから槙野が頭で合わせ3-0。
・直後に相手CKをニアで合わされ失点。無失点のミッションクリアならず。
・スプリントした宇賀神が痛みウメに交代。
・相手が前掛りになってきたので守備重視の選手交代。李→青木で3ボランチ的に。平川→永田でようわからん布陣に。
・終了間際に相手GKがキックを興梠に献上。ペナ内に侵入してシュート、GKに当たって跳ね返りが空いてDFに当たってゴール。現地では興梠の得点(のちにオウンゴールに訂正)。

4-1の勝利。1失点が何とももったいないが、今後に向けての課題ということで。

帰りも島田金谷から新東名。乗るまでの掛川バイパスは少し混雑。
東名も厚木の先での事故で渋滞19キロ。しっかりはまる。
用賀の手前で降りて最後は環八経由で帰宅は9時半過ぎ。

ピリッとしない清水、J2でもがく磐田。来年、エコパに行くことはあるのか?

2014Jリーグ DIVISION1 第23節
2014年9月13日(土) 15:06キックオフ・エコパスタジアム
清水エスパルス 1-4(前半0-2) 浦和レッズ
得点者:22分 森脇良太、28分 李 忠成、72分 槙野智章、76分 平岡康裕(清水)、90+1分 OWN GOAL
入場者数:19,059人
主審:木村 博之
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.08

参戦の記録 ナビスコ準々決勝 ホーム 広島戦

2-2 (2014.09.07 埼玉スタジアム2○○2:車)

前日は真夏日だったのに、一転して涼しく雨模様。
抽選の直前には土砂降りの雨。靴の中がしっとり濡れる。

ペデストリアンデッキ下の休憩スペースで開場までの時間を潰す。
降ったり止んだりを繰り返した雨もあがり加減。

開場と同時の午後3時から第二でユースと前橋育英のプリンスリーグ。
シーチケ得点の再入場制度を利用して観戦。
先制するも逆転を許す苦しい展開から再逆転の3-2で勝利。見応えのある試合でした。
天候は所々青空が見えるまで回復。

先発は
GK 加藤
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、梅﨑
FW 興梠
ファーストレグで0-0。アウェーゴールが取れなかったため、無失点に抑えてゴールを奪うミッション。

・手堅い展開から前半の時間が進んだタイミングでCKから阿部ちゃんのヘディングで先制。ここまでは盤石の展開。
・ここで一息ついてしまった感じで、寄せの甘さ、GKの位置取りのまずさから野津田にミドルを叩きこまれ、やってはいけないアウェーゴールを献上。
・主審今村の神経質な笛で試合がぶつ切り。アウェーゴールを稼いだ広島は時間稼ぎプレーに移行。
・後半開始からウメ→李。
・後半開始早々にもあっさり失点。1-2。ミッションはユースと同じ3-2の勝利に変更。
・平川→関根で圧力を増やす。
・宇賀神→マルシオ。出来のよくなかった宇賀神を下げて森脇を左ワイドに、柏木、阿部ちゃんがそれぞれ1列下がる。
・槙野が混戦からサイドネットに流し込み同点。もう1点。
・ペナ内で槙野が倒されるがこの時だけは笛が鳴らず。
・圧倒的に攻めるが時間が...。

2引き分け、アウェーゴール数で劣り敗退。何ともやりきれない。
18,000人弱しか入らない盛り上がりに欠けるスタンドも、もう1点が奪えなかった原因の片棒。

バックの屋根の上に上がった明日満月となる中秋の名月が、敗退と同時に雲に隠れた。

2014Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準々決勝第2戦
2014年9月7日(日) 18:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半1-1) サンフレッチェ広島
得点者:34分 阿部勇樹、39分 野津田岳人(広島)、48分 佐藤寿人(広島)、71分 槙野智章
入場者数:17,645人
主審:今村 義朗
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.01

参戦の記録 ホーム 大宮戦

4-0 勝利(2014.08.30 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

事前のヒリヒリ感に欠けるダービー。
差別問題で必要以上にトゲを抜かれた我が方。対する相手さんは監督・GMの無能さにサポがしらけムード。

実はかなり苦手の相手だが、今回はキチッとサッカーすればそんなひどい結果にはならないんじゃないかと考えたり。

異常な暑さは一段落。かなり余裕をもってスタジアムへ。抽選開始まで木陰で一休み。
抽選後は埼スタビールフェスタ。
去年の新潟戦の時もキルケニー飲んで勝ったからゲン担ぎ。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、宇賀神、柏木、梅﨑
FW 興梠
と固定的メンバー。青木を古巣対戦に先発で起用するかと思われたがそれは無し。

対する大宮は前線だけ見ればムルジャ、ズラタン、家長となかなかの構え。個はあっても戦術がないのがお悩みというがさてどうなるか。

・5バックでべったり守る大宮。攻めるも最後のところがなかなか抜けない。
・からめ捕られたボールは安定的にパスミスでこちらに返してくれる気前の良さ。うちの選手が良く狙っている?
・サイドからの揺さぶりで徐々に好機が。柏木が好機を上空開発して手こずることを覚悟。
・そんな中、左から崩して最後はウメがスライディングシュートで先制。ここのところ先制はウメだな。
・先制の際に目の前でシュート機会を奪われた興梠に、柏木から熨斗をつけた丁寧なセンタリング、ごっつぁんヘディングで2-0。課題の2点目をあっさりクリアー。
・後半も早い時間にCKから森脇のヘディングで3-0。
・西川のパントキックを興梠が頭でうまく前に落とし、ペナ内でフリック、ちょっと滑ったが持ち直し宇賀神に丁寧なパス。左足でサイドネットに流し込み4-0。
・週中にナビスコ準々決勝があるので交代枠を有効に使い選手を休ませる。
・ウメ→李、啓太→青木、興梠→マルシオ。
・残念ながらここからの追加点は無し。

ほぼ完勝の内容。
相手があまり悔しそうでないのが物足りない。

帰りのキルケニーは我慢し、自宅で那須で買ったアイスバインをつまみに祝杯。
大宮の監督に引導を渡す結果となったが、大宮さんには良いことをしたのではないだろうか。

2014Jリーグ DIVISION1 第22節
2014年8月30日(土) 18:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半2-0) 大宮アルディージャ
得点者:33分 梅崎 司、36分 興梠慎三、49分 森脇良太、60分 宇賀神友弥
入場者数:42,308人
主審:吉田 寿光
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »