« 参戦記録 アウェイ 仙台戦 | トップページ | 参戦記録 アウェイ 鹿島戦 »

2014.10.23

参戦の記録 ホーム 甲府戦

0-0引き分け (2014.10.22 埼玉スタジアム2○○2:電車)

会社から直接向かう夜の試合の雨は何かと大変だよなぁ...。
濡れてもよい服を着ながらカバンの中身は雨具をはじめとする参戦道具。
濡れてもよいけど、染みてこないような仕事靴選び。

王子から南北線・埼玉高速鉄道で浦和美園、到着は18時。
パンとお茶だけ買うのにレジが長蛇の列の駅前のセブンに。王子あたりで買っとけばよかった。

ワンコインバスも長蛇の列。雨の降りがそれほどでもないので歩いてスタジアムへ。
ビール半額、甲州ワインもあるが、時間がない中、雨の中で飲んでも仕方がないので、アルコールなしでの参戦。

寒い雨、相手が甲府で入りの悪いスタンド。平日開催のナビスコかと見紛うばかり。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、啓太、梅﨑、柏木、李
FW 興梠
出場停止の宇賀神に代えて左はウメ。前節サブに入っていた坪井の名前はなく、サブには久しぶりに矢島と直輝の名前が。

ホームでも久しぶりの太鼓ありのサポート。概観すると4割くらいで太鼓を入れる感じか。
太鼓を入れると入れないとではまとまり、力強さが全く違う。声援が上滑りしない。逆の割合くらいまで戻した方が良いと思うが、色々あって拙速には出来ないんだろう。
ここは我慢か。

・前節4失点だったからか、えらく慎重な前半の戦いぶり。
・5-4のラインでブロックを作る甲府に対して2トップに近い陣形で臨む。柏木の位置取りがいつもよりも低い。
・ゴールを目指すことより相手にボールを取られないようにすることを主眼としていたのではと思わせるような臆病なボール回し。
・中央へのクサビのパス無し、サイドでの相手の背後を突く意図なしで、サイドで起点を作ったところで相手に寄せられて後ろに戻しての繰り返し。
・スタンドの風景以上にさびしい内容のサッカーで盛り上がりに欠けて前半終了。寒い。
・後半は時間が進むにつれて相手の動きも落ち、圧力がかからない形でボールを持つ機会が増える。
・セットプレーからの那須さんのヘッドはGK正面。
・崩し切った末のこぼれ球、槙野のミドルはポスト。
・今日はツキがないのか。
・連戦対策で啓太→青木。
・細かいところでミスが多く出来が良かったとは言えなかったウメに代えて関口。
・べたに引いた甲府に対しての関口のドリブルは効いていたが、数度の好機も崩し切れず。
・残り5分で平川→マルシオでゴールをこじ開けに行くが、ゴール前を固める甲府にシュートコースが見つけられない。
・カウンターでヒヤリとする場面もあったが、相手のシュート精度の無さに助けられ、結局はスコアレスのドロー。

この時期、残留に向けて戦う相手とは正直、やり辛い。
個人的にはこの先、残留争いチームとの試合がないことの方が良い方向に回るような気がする。
セレッソ、徳島、仙台、甲府と4試合続けての残留争いチームとの試合を1勝1分2敗の勝点4。その間、上位チームで一番勝点を積み上げたのがガンバの9、その次が鳥栖の6、鹿と川崎は打ちと一緒で4。
やり辛い相手を何とか乗り切り、結果の勝点差5は上出来。

と、帰宅して久しぶりに湯船に浸かりながら考えた。

2014Jリーグ DIVISION1 第29節
2014年10月22日(水) 19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-0(前半0-0) ヴァンフォーレ甲府
入場者数:19,977人
主審:高山 啓義
天候:雨

|

« 参戦記録 アウェイ 仙台戦 | トップページ | 参戦記録 アウェイ 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/60533451

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 甲府戦:

« 参戦記録 アウェイ 仙台戦 | トップページ | 参戦記録 アウェイ 鹿島戦 »