« 参戦の記録2014 まとめ | トップページ | 参戦の記録 ACL ホーム ブリスベン・ロアー戦 »

2015.03.02

参戦記録 FUJI XEROX SUPER CUP G大阪戦

0-2 敗戦 (2015.02.28 日産スタジアム:電車)

ACL初戦の韓国遠征は行かなかったので、2015シーズンの初参戦。
日産スタジアムで開場が9:45ということで7時過ぎには家を出て、京浜東北線で東神奈川、横浜線で新横浜へ。

二階下段前方に位置取り。
U-18世代のJリーグ下部組織選抜対高校選抜の試合を観戦。
局面では上手いJ選抜が支配するも時間の経過とともに慣れてきて互角の展開に。
最後のところで思いきれないJ選抜、やり切る感のある高校選抜。
CKからとカウンターで前半に高校選抜が2得点。後半は得点が入らず2-0で高校選抜が勝利。
結果も内容も後に行われる本番の試合を暗示していたとは...。

晴天ながら寒風吹きすさぶ2階席。しばし1階席の日向に避難して暖をとる。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、阿部、柏木、梅﨑、高木、宇賀神
FW 李

ACLから中二日、週明けの水曜日にもACL2戦目を控えるためターンオーバー制をとる。前三枚と両サイドを完全入れ替え。

・序盤は前から追ってきたが、次第に追わなくなり自陣でブロックを固めるガンバ。
・中をがっちり固められ、攻撃はサイドから。そこでもある程度持たしてくれるが、ペナ周りでは2人以上に厳しくチェックを受ける。
・支配するが攻めあぐねて前半終了。枠内シュートはゼロだったんじゃないか。
・選手交代無く後半へ。右サイドに大きな自由を与えてもらうのだが、ゴールは割れない。
・攻めにやり切った感が無いんだよなぁ...。
・東口のチョンボも高木に当たった球はゴール左に外れる。持ってない。
・ウメ→ズラタンで李を1列下げる。
・これからというところでCKから失点。代って入ったパトリックに頭でスラされファーの宇佐美にズドンとやられる。
・反撃もやり切った感に乏しく、腰が引けているというか思い切りが悪いというか。
・ロスタイムに槙野のパスミスからパトリックの独走を許し0-2で終了。

3か月まえと何も変わらない。
結果を出すためにはやり切らないと。なんか中途半端なんだよ。

帰りは赤羽で途中下車。
丸健水産でおでん。
憂さ晴らしの酒ではなく、勝利の祝杯が飲みたい。

FUJI XEROX SUPER CUP 2015
2015年2月28日(土) 13:35・日産スタジアム
ガンバ大阪 2-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:68分 宇佐美貴史(G大阪)、90+4分 パトリック(G大阪)
入場者数:47,666人
主審:山本 雄大
天候:晴

主審のジャッジはいかがなものかと...。

|

« 参戦の記録2014 まとめ | トップページ | 参戦の記録 ACL ホーム ブリスベン・ロアー戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/61221043

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦記録 FUJI XEROX SUPER CUP G大阪戦:

« 参戦の記録2014 まとめ | トップページ | 参戦の記録 ACL ホーム ブリスベン・ロアー戦 »