« 参戦記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦記録 ホーム 松本戦 »

2015.03.16

参戦記録 ホーム 山形戦

1-0 勝利 (2015.03.14 埼玉スタジアム2○○2:車)

ホーム開幕戦。シーチケ優先入場システム発動初回。
2000番以内は開場1時間半前集合ということで10時半に北トイレ横に。

1時間半の時間でどんなご大層な確認作業をするのか?と思ったら、100番単位でエリアを仕切られ軽~く番号確認&抽選番号券を回収。そのまま引き込み。
そのままペデの上で1時間以上待機。
初回だから時間に余裕を見たのだろうが、時間配分等見直す余地は大きそう。

断幕も解禁初日だが、所謂検閲がかなりえげつなく、ゴール裏は検閲を通ったものも含め掲出を自粛。いきなり何でも元通りとはいかないと思うが、羹に懲りて膾を吹くのも如何なものか。

バックが指定席化されて自由席は民族大移動。同じエリアで見ていても雰囲気は少し違う感じ。まぁ、何試合かすれば慣れてしまうんだろうが...。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅﨑、青木、阿部、宇賀神、石原、柏木
FW 興梠
引いてくるであろう相手に対して再度は受けよりは攻めを意識した布陣。首痛の興梠は、李、ズラタンが怪我で離脱中のため強硬先発。

・DFライン5枚とボランチ3枚ががっちりブロックを作る山形。
・焦れずにしっかりと球を散らして相手を走らせて、落ちてくるのを待つしかない展開。
・チャンスらしいチャンスは序盤のCKからの石原のヘッドくらい。その代りピンチらしいピンチもほとんどなく前半終了。
・後半開始から青木→武藤。今の面子では柏木はやはりシャドーよりもボランチ。ウメと宇賀神の位置関係を入れ替え、ウメが左。
・武藤は球を引き出す動き、裏に抜ける動きともにはっきりと動くので、味方にもわかりやすい。
・相手の動きが徐々に落ちて来るに従って、相手のボランチのところに空きができてくる。
・万全でない興梠に代えて高木で石原を前に上げる。ワイドに張って勝負をかける高木。左サイドは活性化。
・ウメ→関根。攻め切って点を取る姿勢。
・ほぼ相手をペナ周りに押し込むが最後のところが...。
・残り10分を切って焦りが広がる中、武藤が競ったこぼれを阿部ちゃんの豪快ロングシュートがゴール左上角を捉え先制。物凄いシュートだった。
・押し込んだ状態は継続して追加点を狙いに行くが、ロスタイム5分は上手に時間を使いきっちり勝点3。

きちり開幕2連勝でリーグ戦は好スタートが切れた。

観客はようやく4万人。チームも見る側も煮詰まっちゃった感があって、なんか今一つ盛り上がらない。
やっぱりここは、ピッチ上で展開されるサッカーから盛り上がっていかないと。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第2節
2015年3月14日(土)15:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) モンテディオ山形
得点者:83分 阿部勇樹
入場者数:40,802人
主審:家本 政明
天候:晴

|

« 参戦記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦記録 ホーム 松本戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/61292663

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦記録 ホーム 山形戦:

« 参戦記録 アウェイ 湘南戦 | トップページ | 参戦記録 ホーム 松本戦 »