« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »

2015.04.22

参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦

1-2 敗戦 (2015.04.21 埼玉スタジアム2○○2:電車)

時間休を取り、赤羽岩淵経由で美園へ。
先乗りしていた家族は車で行っていたため、車中に着替えを置いておいてもらい、車で着替えてスタジアムへ。

曇、東寄りの風が若干強めのコンディション。
決勝トーナメントに一縷の望みはあるものの、実質消化試合的な扱われ方をしているのか閑散としたスタンド。

先発は
GK 西川
DF 加賀、永田、槙野
MF 平川、青木、啓太、橋本、柏木、高木
FW 李
土曜日の試合から先発8人を入れ替え。那須、森脇、関根、宇賀神、武藤はベンチ外。
結果が出なかったら批判されるだろうなぁというメンバー構成。
監督は現実を冷酷に見つめているのかもしれないが...。

・最悪の内容の前半。DFの距離感がスッカスカというかザルというか。
・決定定期なチャンスを西川が防ぐこと三度。というか、相手の足でのシュートが決まらなすぎ。
・球が収められないワントップ、再度の上がりも緩慢で、攻めの取っ掛かりすらつかめなかった。
・HTでズラタン、梅﨑、阿部がin、橋本、加賀、啓太がout。
・右ストッパーに阿部、柏木と李がそれぞれ1列下がって左サイドに梅﨑、トップにズラタンという布陣。
・これでやっと互角にサッカーができるようになる。
・焦れずに戦い、後半24分に高木のクロスから裏に抜けたズラタンのヘッドで先制するところまでは申し分ない戦いぶり。
・出てくる相手をしっかりいなして追加点を狙いところ、少し重心が前にかかり、きれいにカウンターからヘッドを喰らって同点。
・ここでフワフワしてしまい、終了間際にカウンターを喰らって万事休す。

2年ぶりのACLチャレンジは、1試合を残してグループリーグ敗退。
個々の試合でのあれやこれやはあるけれど、年を追うごとに周りのレベルが上がっている。

次を勝ってもグループリーグ最下位。これが今の実力だと思う。
恐らく、今のメンバーでは、ベストの布陣を以って当たらないと勝点が奪えない大会のレベルになっているのだと思う。

スーパーな外国人プレイヤーを核にチームを作るとか、経営の規模をもっと大きくして真の意味でのターンオーバー制をひくとかしないと国内リーグを捨てない限り勝ち抜けない。
浦和に限らず、他のチーム(ベトナムのチームがリーグにいる柏を除いては)もギリギリという状況が如実に物語っている。

結果が出ない原因を監督の采配に求めて糾弾するのは簡単。でも、それでは何も変わらない。
観客動員も減少傾向で、クラブの経営規模も縮退傾向。
前年度、身内でごたついてクラブ運営自体が何となく縮小均衡の中で、「限られた資源を生かしてうまくやってくださいよ監督!」 では、僥倖を期待しているようなもの。それでは勝てない。

クラブ自体が大きな目標を掲げ、それに向けての具体的な行動を起こしていかないと、ズルズルアジアとのレベル差がついてしまう。

余程のことがない限り、ミシャは今年限りだろう。でも、その後が経験の浅い三菱の身内とか浦和の選手だった人とかっていうのでは、絶対にダメだと思う。国内に留まるのならOKだけど...。

重い重い構造的課題を突き付けられた敗戦。応えるなぁ。

AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD5
2015年4月21日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-0) 水原三星ブルーウィングス
得点者:69分 ズラタン、74分 コ チャウォン(水原三星)、89分 カイオ(水原三星)
入場者数:13,924人
審判:アハメド・アルカフ
天候:曇

|

« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/61478939

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦:

« 参戦の記録 ホーム 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 名古屋戦 »