« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015.04.27

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

2-1 勝利 (2015.04.25 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

傷心のACLグループリーグ敗退から中3日。
昨年の最終戦で負けて優勝を逃した名古屋が相手のリーグ第7節。

ようやく天候が好天で安定。出掛けに衣替えを敢行し、半袖で自転車にまたがりスタジアムへ。丁度良い。

試合が続いているとはいえ、好天で相手の知名度がそこそこあるカードながら、アッパースタンドはスカスカ。ロアーの指定席も密度が薄く3万人割れのスタンド。
リーグを取ってACLに再チャレンジする意気込みはスタンドからは選手に伝わらない。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、梅﨑、武藤
FW ズラタン
ACLでターンオーバー制を敷いたため、その前のマリノス戦と同じ布陣。前三人の組み合わせはこの時点ではベストでは。

・3バックで構える名古屋はサイドは右が矢野、左が永井。主導権をこちらが握っての試合展開だったので、右の関根が永井を自陣深い位置に押し込む状態となり怖さはない。
・ズラタンに当ててサイドにというやりたいことが、前三人の距離感が良いためうまくはまる。浦和ペース。
・くさびを当てて混戦からクリアミスを拾った関根が右からゴール前を横切り左足で決めて先制。
・再び同じような場面があるが、2回目は1回目より余裕がありながらGK正面。
・1-0で前半を折り返すも内容はそれ以上。
・後半もカウンターに気を付けながら攻める。
・ズラタンを起点に右に開いたウメからクロス、武藤が胸で2戦連続となるゴールで2-0。
・連戦に備えて梅﨑→李、武藤→青木、関根→永田。
・ノバコビッチ、矢野を下げて高さより速さに頼ってきた相手に終盤押し込まれ、右サイドを崩されて失点したのは痛恨。こういうのは無くしていかないと。

2-1の勝利。内容には点差以上の差があった感のある試合。
ACL敗退から立て直して、改めて前を向いて進もうという気持ちがピッチからは感じられた。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節
2015年4月25日(土)17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半1-0) 名古屋グランパス
得点者:39分 関根貴大、52分 武藤雄樹、90+3分 田中輝希(名古屋)
入場者数:29,803人
審判:扇谷 健司
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.22

参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦

1-2 敗戦 (2015.04.21 埼玉スタジアム2○○2:電車)

時間休を取り、赤羽岩淵経由で美園へ。
先乗りしていた家族は車で行っていたため、車中に着替えを置いておいてもらい、車で着替えてスタジアムへ。

曇、東寄りの風が若干強めのコンディション。
決勝トーナメントに一縷の望みはあるものの、実質消化試合的な扱われ方をしているのか閑散としたスタンド。

先発は
GK 西川
DF 加賀、永田、槙野
MF 平川、青木、啓太、橋本、柏木、高木
FW 李
土曜日の試合から先発8人を入れ替え。那須、森脇、関根、宇賀神、武藤はベンチ外。
結果が出なかったら批判されるだろうなぁというメンバー構成。
監督は現実を冷酷に見つめているのかもしれないが...。

・最悪の内容の前半。DFの距離感がスッカスカというかザルというか。
・決定定期なチャンスを西川が防ぐこと三度。というか、相手の足でのシュートが決まらなすぎ。
・球が収められないワントップ、再度の上がりも緩慢で、攻めの取っ掛かりすらつかめなかった。
・HTでズラタン、梅﨑、阿部がin、橋本、加賀、啓太がout。
・右ストッパーに阿部、柏木と李がそれぞれ1列下がって左サイドに梅﨑、トップにズラタンという布陣。
・これでやっと互角にサッカーができるようになる。
・焦れずに戦い、後半24分に高木のクロスから裏に抜けたズラタンのヘッドで先制するところまでは申し分ない戦いぶり。
・出てくる相手をしっかりいなして追加点を狙いところ、少し重心が前にかかり、きれいにカウンターからヘッドを喰らって同点。
・ここでフワフワしてしまい、終了間際にカウンターを喰らって万事休す。

2年ぶりのACLチャレンジは、1試合を残してグループリーグ敗退。
個々の試合でのあれやこれやはあるけれど、年を追うごとに周りのレベルが上がっている。

次を勝ってもグループリーグ最下位。これが今の実力だと思う。
恐らく、今のメンバーでは、ベストの布陣を以って当たらないと勝点が奪えない大会のレベルになっているのだと思う。

スーパーな外国人プレイヤーを核にチームを作るとか、経営の規模をもっと大きくして真の意味でのターンオーバー制をひくとかしないと国内リーグを捨てない限り勝ち抜けない。
浦和に限らず、他のチーム(ベトナムのチームがリーグにいる柏を除いては)もギリギリという状況が如実に物語っている。

結果が出ない原因を監督の采配に求めて糾弾するのは簡単。でも、それでは何も変わらない。
観客動員も減少傾向で、クラブの経営規模も縮退傾向。
前年度、身内でごたついてクラブ運営自体が何となく縮小均衡の中で、「限られた資源を生かしてうまくやってくださいよ監督!」 では、僥倖を期待しているようなもの。それでは勝てない。

クラブ自体が大きな目標を掲げ、それに向けての具体的な行動を起こしていかないと、ズルズルアジアとのレベル差がついてしまう。

余程のことがない限り、ミシャは今年限りだろう。でも、その後が経験の浅い三菱の身内とか浦和の選手だった人とかっていうのでは、絶対にダメだと思う。国内に留まるのならOKだけど...。

重い重い構造的課題を突き付けられた敗戦。応えるなぁ。

AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD5
2015年4月21日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-0) 水原三星ブルーウィングス
得点者:69分 ズラタン、74分 コ チャウォン(水原三星)、89分 カイオ(水原三星)
入場者数:13,924人
審判:アハメド・アルカフ
天候:曇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.20

参戦の記録 ホーム 横浜FM戦

2-1 引き分け (2015.04.18 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

南寄りの風が若干強めに吹く中、自転車でスタジアムへ。

北ゴール裏の上段隅の方にも若干の空席があるほどの入りの悪さ。
ビジターはメインアッパーのビジターエリアまできっちり埋まっており、ホームの来場者はリーグ戦では今年最低だったんではないだろうか。寂しい限り。

サッカーで結果出して、人をひき付けていくしかないね。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、梅﨑、武藤
FW ズラタン
前節からシャドーの二人を入れ替え。ウメと武藤の組み合わせは初めてじゃないか。

埼スタでのマリノス戦は、こけら落としの時から躓いており、相性は最悪。去年、久しぶりに勝っているので、やりづらさという面は払拭されているかな。

・マリノスも前からは追ってこない。ブロックを作って中盤で引っ掛けてショートカウンター狙いというサッカーか。
・ズラタンのところをタイトにマークしてはいなかったので、縦にパスが入って展開という場面も何度か。
・悪い形でボールを失うこと2度。2度とも伊藤翔に抜けだされてシュートを打たれる。1回目は西川が弾いたが、2度目は決められて追いかける展開。
・ここからギアが1段上がった感じのサッカーを展開。
・自らのシュートがポストに弾かれたところをよく詰めた武藤の同点弾。
・ズラタンのシュートのこぼれを丁寧に関根が折り返しウメの頭で逆転。
・前半のうちに逆転してハーフタイムという充実の前半。
・後半のサッカーの内容は前半以上に充実。・残念ながら追加点は挙げられなかったが、試合はほぼ支配。
・ピンチは阿部ちゃんの神戻りで弾いた場面くらいか。
・ウメ→高木、ズラタン→李と代えて連戦対策。
・最後相手が矢島を入れてきたところで高さ対策で関根→加賀。
・しっかりと試合を締めて2-1のまま終了。

点差以上に内容で圧倒した感のある試合でした。

試合前に予約した与野の飲み屋さんでの乾杯は勝利の祝杯に。
うれしや嬉や。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第6節
2015年4月18日(土)17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半2-1) 横浜F・マリノス
得点者:34分 伊藤 翔(横浜FM)、42分 武藤雄樹、45+1分 梅崎 司
入場者数:33,793人
審判:松尾 一
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.16

参戦の記録 アウェイ 川崎戦

1-1 引き分け (2015.04.12 等々力陸上競技場:車)

非常に相性の悪い競技場、等々力。
過去に電車で行ったときは全く結果が出ていないので、車で行く選択肢を引く。

朝から京浜東北線、山手線が架線障害で止まっていたので、そもそも電車では行けなかったのだが。

等々力へのルートは下道。環八から厚木街道、府中街道と経由して1時間半、渋滞はほとんどなし。
セブンイレブン川崎宮内一丁目店で昼食を調達し、等々力緑地の市民ミュージアム前駐車場へ。グラウンド利用者が順次出庫して行くので10分程度の並びで入庫。

メインスタンドが新装なった等々力。サイド及びバックスタンドは手付かず。傾斜の緩いショボイゴール裏はそのまま。
インスタンドは競馬場のスタンドのよう。以前の昭和を感じるスタンドとは隔世の感。
照明もLEDに変わったのかな。これまでの照明塔とは照らされ方が違う感じ。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、石原、高木
FW ズラタン
ACLで温存したズラタンのワントップ。興梠はまだベンチにも入れない。

コイントスに勝ってサイドを入れ替える。相性の悪さから何かを変えたいのかな。
スタジアムの相性悪い上に、審判も相性の悪い飯田淳平。かなりの逆境だ。

・前から取りにいかず、自陣で5-4-1のラインを作ってまず守備からという入り。
・いつもほどはボールを支配できないが、スペースを与えずレナト、大久保に仕事をさせない。
・チャンスはサイドから。ただ、シャドーが開いている状態が多く、中の枚数が足りない。
・CKから槙野のヘッドも枠の上。高木のFKも枠の上。
・0-0で折り返しかと思ったら、関根の裏を抉られ失点。関根の守備がというより相手のチャレンジを褒めるしかない。
・後半は前半よりも前に出ていく。最後のところのバランスは維持しながら。
・相手も逆襲への備えがあるのでいつものようにイケイケで前に出てはこない。
・我慢比べの様相を呈する。そこで見てる方が焦れてはダメだ。
・石原が傷んで武藤と交代。膝を持ていかれた感じで心配だ。
・高木→ウメ。
・最後に関根→李。関根は右から突っかけていい位置でFKをゲットして交代。
・そのFKからズラタンのヘッド。ぽっかりマークが外れた。というかうまく抜け出した。
・ロスタイム5分。こっちはイケイケ。少し前掛りでCK取られたりしたが、そこはしのぐ。

相性の悪いスタジアムと審判でドローは仕方がない。勝点1で良しとしなければ。

帰りは出庫も帰り道もほとんど混雑なし。8時半過ぎには帰宅。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第5節
2015年4月12日(日)17:03キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 1-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:35分 森谷 賢太郎(川崎)、89分 ズラタン
入場者数:24,992人
主審:飯田 淳平
天候:曇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.09

参戦の記録 ACL ホーム 北京国安戦

1-1 引き分け (2015.04.04 埼玉スタジアム2○○2:車)

朝から冷たい雨に雪が混じる、葉桜の季節とは思えない天候。

グループリーグ突破に負けられない一戦、午後休を取りスタジアムへ。

とにかく寒い。降り続ける雨に雪は混じらなくなったが、手足の先がジンジン痺れる。
シーチケ優先入場待機列集合3時半でも雨は止まず。入場後しばらくしてようやく雨が上がる。
雨は止んだが滅茶苦茶寒い。

寒い時には胃袋からということでまずは味千。その後、南のゴール裏の売店で敵国を食す企画でスープ餃子。ショウガの効いた餃子で温かいスープもこの日の天候にはマッチしていて温まる。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 平川、柏木、青木、橋本、武藤、石原
FW 李
サブは大谷、永田、啓太、阿部、関根、梅崎、高木という構成。前試合先発のズラタンはメンバー外。

・サイズが大きい選手を揃えて守りから長いボールのセカンドを取って攻撃という北京のサッカーは、おそらくこのグループでは最強。
・前半を見ている限りでは、相手の方が強い。耐えた後、どう崩すか?という感じ。
・右サイドの平川からの攻撃は、この日はからっきし相手に通用しない。
・武藤、橋本で崩す左からは何度かチャンスメイク。しかしペナルティエリアの中の密度、精度が低く得点にならず。
・勝たなければと前掛りになった際に、偶然から1対1の場面を作られること2度。一度はまた抜きを察知した西川のセーブ、一度は何とか戻った森脇がシュートコースを切って難を逃れる。
・これは流れがうちに来るかと思ったが、CKからあっさり先制を許し、流れを放してしまった。
・後半は開始から平川→関根。右からの攻撃も機能し始め、浦和ペース。
・20分過ぎに橋本→高木。ここで相手が高木のサイドを狙いだしたため、すぐに石原→阿部として、左ストッパー阿部、左ワイド槙野、左シャドー高木をしてバランスが整う。
・直後にCKを槙野が決めて同点。さぁ、もう1点。
・両ワイドの関根、槙野からの好機多数もフィニッシュが枠に行かない。コースをうまく切られているのだろうけれども...。
・相手は完全に時間稼ぎモード。さすがに目に余る相手選手への突っかけに一発レッドで相手は10人に。
・那須を上げる最終手段もうまくそこにはボールが飛ばず。
・左からのクロスを李がかぶって枠上に外したところでゲームセット。

後半のサッカーに見るべきものがあったし、気持ちも感じた。でも結果が全て。
今の気持ちでACL開幕当初の試合を戦っていたらと思うと残念でならない。

槙野、関根の二人はここ何試合かで完全に一皮むけた感じ。
逆に、柏木、李といったあたりは昨年の今くいかなかったときを引きずっている印象。使われるポジションが自分の思い通りではなかったときのプレーの質が落ちるのはいただけない。頑張って入るのだけれど...。

グループリーグ突破は他人任せの状況。やれることは一つ一つの試合を、今日の後半のようなサッカーで勝ち抜いて行くこと。

結果は引き分けで思った通りにはならなかったが、強い相手に対して面白いサッカーを見せてくれたので、見ていて楽しかった。チームと見る側に一体感が出てきたことも含めて。

季節外れの寒さも含めて、印象に残る試合になったことは確か。

AFCチャンピオンズリーグ2015 グループステージ MD4
2015年4月8日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-1) 北京国安
得点者:33分 ユー ダーバオ(北京国安)、74分 槙野智章
入場者数:13,683人
主審:アブドゥラー・バリデー
天候:曇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.04.07

参戦記録 ホーム 松本戦

1-0 勝利 (2015.04.04 埼玉スタジアム2○○2:車)

ACLアウェイ北京と広島遠征を欠席したので、3週間ぶりの参戦。

3時キックオフ、シーチケ優先入場2000番以内の集合時間は4時間半前の10時半と相変わらず無茶早っ!
スタジアム南側の道路事情に変化があり、東西に貫通する道路が開通。スタジアム南側から反時計回りに回り込んで、北ゴール裏まで送ってもらう。

開場前は北風が強くとても桜が散るような時期の陽気ではない。寒い。
開場とともに風も弱まり我慢できない寒さではなくなる。
試合前はスウィーツ祭りで買ったスウィーツに舌鼓。コバトンパンはかわいそうで私は食べられなかった。

試合前、北ゴール裏で応援の現状の説明。一歩一歩確認しながら前に進んでいくしかないね。
この日の試合で勝ったら、Pride of URAWAの断幕を出していくとのこと。

ホーム開幕戦と比べて人が少ない。
アウェイ松本さんがお祭り状態のため多数来場。相手が違ったら昨年同様、2万人台だっただろう。活気がある松本さんに感謝だ。

さて
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、梅﨑、高木
FW ズラタン
引いてくるであろう相手に対してサイドとシャドーはドリブルでの攻めを意識した布陣。興梠は脛の打撲で離脱。ズラタンがリーグ戦初先発。

・コイントスでサイドをチェンジ。松本の選択か。いつも通りやらせないということか。固める相手にいつも通りだと負けちゃうんだが...。
・松本は5-4-1の布陣で9人でブロックを作る。山形よりも引いている印象。
・ワントップのオビナは那須がガッツリ競って自由に仕事をさせない。
・安易にセットプレーを与えない試合展開も相まって、相手にはほとんどチャンスがない状況。
・いつ浦和が点を取るかが焦点。それくらい一方的な内容。
・前半は関根→ズラタンで右サイドを崩したシーンが一番の好機だったか。残念ながらGKに弾かれ枠外。
・後半、一度だけミドルをバーに当てられる。唯一、スポっとバイタルを空けた。
・柏木→啓太。連戦が続く体調面を考慮か。
・続いてウメ→武藤。フレッシュな選手を入れて攻め込む。
・最後の交代は高木→李。
・押し込むだけ押し込むが、最後のところがどうにもうまくいかない。
・残り5分、関根が右を崩して森脇へ。次の瞬間、ゴール左隅上のネットが揺れていた。
・ロスタイム4分と合わせた約10分はボールを保持しながらしっかり時間を使う。

1-0で完勝。唯一の1得点がとても偶然っぽいけれども、失点せずに攻め続けた上での必然と理解しよう。
松本が予想よりもサッカー自体には勢いがないのは意外だったが...。

駐車場をスタジアム西側から南側に変更したが、しっかり結果が出た。
満足、満足。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第4節
2015年4月4日(土)15:05キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 松本山雅FC
得点者:85分 森脇良太
入場者数:37,154人
主審:高山 啓義
天候:曇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »