« 参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »

2015.04.27

参戦の記録 ホーム 名古屋戦

2-1 勝利 (2015.04.25 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

傷心のACLグループリーグ敗退から中3日。
昨年の最終戦で負けて優勝を逃した名古屋が相手のリーグ第7節。

ようやく天候が好天で安定。出掛けに衣替えを敢行し、半袖で自転車にまたがりスタジアムへ。丁度良い。

試合が続いているとはいえ、好天で相手の知名度がそこそこあるカードながら、アッパースタンドはスカスカ。ロアーの指定席も密度が薄く3万人割れのスタンド。
リーグを取ってACLに再チャレンジする意気込みはスタンドからは選手に伝わらない。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、梅﨑、武藤
FW ズラタン
ACLでターンオーバー制を敷いたため、その前のマリノス戦と同じ布陣。前三人の組み合わせはこの時点ではベストでは。

・3バックで構える名古屋はサイドは右が矢野、左が永井。主導権をこちらが握っての試合展開だったので、右の関根が永井を自陣深い位置に押し込む状態となり怖さはない。
・ズラタンに当ててサイドにというやりたいことが、前三人の距離感が良いためうまくはまる。浦和ペース。
・くさびを当てて混戦からクリアミスを拾った関根が右からゴール前を横切り左足で決めて先制。
・再び同じような場面があるが、2回目は1回目より余裕がありながらGK正面。
・1-0で前半を折り返すも内容はそれ以上。
・後半もカウンターに気を付けながら攻める。
・ズラタンを起点に右に開いたウメからクロス、武藤が胸で2戦連続となるゴールで2-0。
・連戦に備えて梅﨑→李、武藤→青木、関根→永田。
・ノバコビッチ、矢野を下げて高さより速さに頼ってきた相手に終盤押し込まれ、右サイドを崩されて失点したのは痛恨。こういうのは無くしていかないと。

2-1の勝利。内容には点差以上の差があった感のある試合。
ACL敗退から立て直して、改めて前を向いて進もうという気持ちがピッチからは感じられた。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節
2015年4月25日(土)17:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半1-0) 名古屋グランパス
得点者:39分 関根貴大、52分 武藤雄樹、90+3分 田中輝希(名古屋)
入場者数:29,803人
審判:扇谷 健司
天候:晴

|

« 参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/61503895

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 名古屋戦:

« 参戦の記録 ACL ホーム 水原三星戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »