« 参戦の記録 アウェイ 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

2015.07.23

参戦の記録 ホーム 広島戦

1-2 敗戦 (2015.07.19 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

茹だるような暑さの中、見沼田んぼを融けそうになりながら自転車でスタジアムへ。
この日が梅雨明け、夏本番での中3日での連戦はようやくホーム。

夕立が心配もスタジアムは避けてくれたようで、虹だけを残していく。

先発は
GK 西川
DF 森脇、永田、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、高木、武藤
FW 興梠
出場停止の那須に代わって永田。前節不発の李に代わって高木という布陣。

久しぶりに大旗。気持は通じるか。

・前節のふがいない試合が嘘のようなすばらしい立ち上がり。
・相手陣で試合を進め、柏木のパスを受けた高木がペナ内に侵入しPKをゲット。
・高木自ら蹴るもGKに阻まれ決まらない。ここまで1点でもとっていれば。決めていないことが重圧になった。みんなの期待もあるし。
・めげずに攻め続ける。嫌な流れを断ち切る関根のゴールで1-0の折り返し。
・広島にはほぼ何もさせなかった前半だが、1得点にとどまったのが響いた。
・後半も悪くない展開だが、攻め続けても追加点が奪えない。
・でもやられる雰囲気は無い。
・広島は寿人に代えて浅野を投入。
・攻めの中から相手陣でボールロスト、浅野のドリブルでカウンターを喰らう。DFのカバーがダブったところをうまく抜けられて流し込まれる。同点。
・前線は高木→ズラタンで高さを補強。DFを永田→啓太で阿部ちゃんを1列下げて速さ対策。
・またも浅野のドリブルで突っかけられそこはうまく2人で挟み込みカットするも、そのこぼれをボランチがカバーできず走り込んだ青山にダイレクトで撃たれ1-2。
・終了間際のズラタンのヘッドは枠の上で万事休す。

久しぶりの負け試合。浅野一人にかき回された。
いつかは来る負け。

負けの後の試合が重要だ。
ただ、アウェイ山形のふがいない試合よりは内容はかなり向上した。

変にあせらず、しっかりと試合をすることで再び流れを引き寄せてほしい。
勝利の女神が年間を通じて依怙贔屓することなどありえないのだから。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第3節
2015年7月19日(日)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-0) サンフレッチェ広島
得点者:35分 関根貴大、67分 浅野拓磨(広島)、84分 青山敏弘(広島)
入場者数:41,492人
審判:吉田 寿光
天候:晴

|

« 参戦の記録 アウェイ 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/61944680

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 広島戦:

« 参戦の記録 アウェイ 山形戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 »