« 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »

2015.08.08

参戦の記録 ホーム 甲府戦

1-1 引き分け (2015.07.29 埼玉スタジアム2○○2:電車)

外出先から埼スタを目指す。
窮屈な日程で平日開催はやむを得ないが、19:00埼スタは仕事帰りにはなかなかハードな時間設定だ。

後楽園から南北線、浦和美園到着は18:10。
暑さが残る中、先乗り組の駐車している車まで歩き着替え。
定位置到着は18:50。ビール半額は帰りの運転がお役目のためお預け。

先発は
GK 西川
DF 岡本、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、高木、武藤
FW 興梠
前節一発退場の森脇に代わり右のストッパーは岡本。

・5-4-1のラインを組んでガッチリ引く甲府を相手に攻め急がず穴をねらう。
・中央への楔はたびたび入るもそこからの息が今一つ合わない。
・甲府の攻めはバレーへのハイボールに終始。前半30分くらいまではほとんどバレーに先に触られるが、その周りには誰もおらず攻めの形にはならない。
・ペナ周りゴール前を横切っての高木のシュートはバー直撃。運がない。
・0-0折り返しを覚悟するが、岡本がペナ内でシュート体制から倒されPKゲット。
・キャプテンがしっかり決めて1-0の折り返し。
・後半も引く甲府、攻める浦和の構図。
・好機数度もシュートがGK正面(偶然?)と運がない。
・セットプレー崩れから畳み掛ける攻撃も相手に渡りカウンター。セットプレー崩れなのでバレーはペナ内で守備。伊東に走られ岡本と1対1を決められ痛恨の失点。
・攻めでイケイケドンドンの時間帯だっただけに悔やまれる失点。最後のところの守備に粘りが欠ける。
・このプレーで岡本が痛み青木に交代。阿部ちゃんが1列下がる。
・柏木→ズラタン。腰か?
・甲府は引き分けで十分な訳でガッツリ退く。シュートコースが見つからないもどかしい展開。
・セットプレーにも得点の雰囲気が感じられない閉塞感。
・興梠→梅﨑。
・ロスタイムに槙野の1点モノのシュートもGK正面で上に弾かれ万事休す。

連敗はとりあえず止めましたという試合。
勝って東アジアカップの中断に入りたいところだったが仕方がない。
守備の粘りが無くなってきているところが修正点、中断期間中に再構築してほしい。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
2015年7月29日(水)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-0) ヴァンフォーレ甲府
得点者:38分 阿部勇樹(PK)、65分 伊東純也(甲府)
入場者数:22,363人
審判:扇谷 健司
天候:曇

|

« 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/62039193

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 甲府戦:

« 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 新潟戦 »