« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 »

2015.09.24

参戦の記録 アウェイ 清水戦

4-1 勝利 (2015.09.19 エコパスタジアム:車)

シルバーウィークの初日の静岡遠征、渋滞は必至。
余程早く出ないと渋滞回避は難しく、ある程度の渋滞は覚悟で8時半に出発。
遠州三山めぐりは次回にお預け。

東名はベッタリ渋滞ということで圏央道回りを選択。川島からIN。
その圏央道が八王子JCTの手前で事故渋滞。ガッチリ1時間のロス。
海老名JCTで東名に入ってからも伊勢原BSまでは渋滞。

鮎沢と新東名 駿河湾沼津SAで休憩。沼津でレッドブルをもらう。エネルギーチャージ。





新東名の島田金谷ICで降りて国道1号線経由で「さわやか掛川本店」到着は午後2時半。何やかんやで6時間かかった。

前回、前々回と赤者が少なかった掛川本店もこの日は時間が悪かったのか赤者だらけ。30分程度の待ちで着席。ゲンコツハンバーグでさらにエネルギーとチャージ。

愛野駅北の民間駐車場(1,000円)に車を止めてエコパへ。午後4時の開門には間に合った。
色々とイベントをやっているがスルーして休憩。英気を養う。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、阿部
MF 関根、柏木、武藤、宇賀神、梅崎、高木
FW 興梠
槙野が出場停止のため阿部ちゃん、武藤が1列ずつ下がり前節決勝点の高木が前に入る。

・攻めの時はいつもの槙野の位置に宇賀神、守りの時はいつもの槙野の位置に阿部ちゃんという変則布陣。
・守りの時の柏木と武藤の相手中盤のマークが的確で浦和ペースの前半。
・相手の左サイド裏がスッカスカでそこからの好機多数。きれいに決まった武藤のヘディングはオフサイド。



・その右サイドでのFKのチャンスからリフレクトを森脇が頭で押し込み先制(当初はオウンゴールの表示)。
・清水はウタカの個人技とペースや守備を顧みないミッチェルデュークのゴリゴリの攻めが生命線。
・ウタカのシュートで得たCKに那須さんが立ち遅れてチョンテセに頭で決められ同点。隙を見せてはダメだね。
・後半序盤は清水が攻める。浦和の右サイドをウタカ、デュークの二人でこじ開けにくるが、シュートの精度の低さに救われる。
・清水の左サイドの守備の大穴は後半も修正されず、左から右に大きく振ると簡単に相手ラインの裏に出られる。ウメが左から振り、関根が右から折り返してファーの興梠がワンタッチゴールで勝ち越し。きれいな点。
・清水は電池切れのデュークを交代。攻めが蹴っぽるだけになる。御し易い。
・西川のCKのクリアを高木がドリブル、森脇に出して森脇が左から右に大きく振る。がら空きの右で武藤が左サイドネットにきれいなゴールで追加点。
・相手の心が折れる追加点で勝負あり。
・高木→ズラタン、興梠→青木、関根→平川で守備を整える。
・ロスタイムに柏木のドリブルから右に開いた武藤へ、走り込んだ柏木にクロスを左アウトで左サイドネットに流し込みダメ押し。途中から入ってきて柏木に走り負ける枝村って...。

清水が下位に低迷していることがよく分かった勝利。4点全部ががら空きの相手左サイドを突いた得点でした。

帰りは気持ちよく新東名 森掛川からノンストップで東名東京出口、環八経由で帰宅は午前1時半過ぎ。

さわやかのハンバーグは勝率いいね。
来年、エコパに来る機会はあるのだろうか。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第11節
2015年9月19日(土)19:04キックオフ・エコパスタジアム
清水エスパルス 1-4(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:28分 森脇良太、38分 鄭 大世(清水)、55分 興梠慎三、66分 武藤雄樹、90+1分 柏木陽介
入場者数:19,232人
審判:岡部 拓人
天候:晴

|

« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/62346097

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 清水戦:

« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦 »