« 参戦の記録 アウェイ 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鳥栖戦 »

2015.09.28

参戦の記録 アウェイ 鹿島戦

2-1 勝利 (2015.09.26 カシマサッカースタジアム:車)

鹿島遠征に高速を使わなくなって何年経つだろうか。
利根川左岸をひたすら下るルートで概ね3時間。取手までいかに渋滞を避けて到達するかがポイント。

いつもは松伏から野田に抜ける野田橋のルートで江戸川を越えるが、今回は4号から16号で。
シルバーウィーク明けで車数は少なく順調。野田から柏、我孫子へは利根川右岸を進み渋滞にはまらず取手まで。そこからも順調で8時出発で11時過ぎには北浦を越える端まで到達。

曇り空で肌寒さを感じる天候だったが、橋を越えたら雨。さすがに国が違う。
スタジアム遥か北東のコンビニに向かうも無くなっていて、さらに北の北浦大橋付近まで北上。
ハム焼き、もつ煮は現地調達なので、主に飲料関係を調達。

開門の30分前にはスタジアム着。

入場後はもつ煮を食べながらハム焼きの列に並ぶといういつものパターンで時間が過ぎて行く。1時間ちょっとの並びでハム焼きをゲット。毎度思うがビールとともにいただけないのが痛い。


天候は快方に向かい、青空が見えるほどに回復。

先発は
GK 西川
DF 森脇、槙野、宇賀神
MF 関根、柏木、阿部、梅崎、高木、武藤
FW 興梠
那須さんが出場停止のため槙野が中、宇賀神が1列下がるイメージか。

試合前に雨が降っていたのにピッチに散水する入念さ。芝の長いピッチに水を撒くのは消耗戦を挑もうということか?ウォーミングアップ中にウメがスパイクを交換。緩い感じのピッチでゴール前が特に柔らかそう。

入場後に仕込んだ三つのダイヤと「URAWA」の文字のビジュアルと威風堂々で選手を迎える。

・開始早々、関根と森脇の間を突いてくる鹿島。去年も点を取られたカイオを捕まえきれず、マイナスのクロスを遠藤にきれいに叩かれて先制を許す。
・その直後にきれいに相手右サイドを崩しワンツーで抜け出した宇賀神のクロスを高木がフリーで決めてすぐに同点。この時点では打ち合いの予感。
・鹿島は関根の裏、森脇のところを球の奪い所と定めてプレッシャーをかけてくる。シンプルに捌くことは少ないので狙われた。
・試合を通してカイオを捕まえきれず、何度も裏を取られるが、最後のところではね返す。
・この日は球際でことごとく負けた感じ。落ち着いて球を回す時間が取れず、常にプレッシャーを受ける感じの劣勢に終始。
・宇賀神の後ろ、槙野の横もFWに浸食され、ダヴィ、金崎に1対1の場面を作られるが西川が弾き事無きを得る。
・3点は取られてもおかしくない展開ながら1-1で凌いで後半へ。
・後半開始から2枚替え。ウメ→ズラタン、高木→青木。
・阿部ちゃんを1列下げて左サイドの守備をいつもの形に再整理し、前線はズラの1トップに。
・これでようやく落ち着きを取り戻す。互角の展開で時間は過ぎて行く。年間勝ち点トップを目指すには引き分けではだめ。勝ち越したい。
・左サイド宇賀神のクロスを曽ヶ端がキャッチミス(昌子がうまく視界を乱してくれたから)し、興梠の足元にボールが。ノーステップで右足を振りぬいてゴール、逆転。
・残り時間はロスを入れて20分強。受けに回らず追加点を取りに行きたい。
・興梠→李、運動量を増やす。
・右サイドを完璧に崩し武藤のヘディングで追加点と思いきや、残念ながらオフサイド。
・徐々に相手の圧力が再び増す。
・試合を通じて27本のシュートを受けるがバー、西川、相手のシュート精度に助けられ、何とかしのぎ切る。

GKの差でつかんだ勝利。重みのある勝点3だ。

つくば泊の日程を組んでいたので、行方・美浦方面に抜けて125号線でつくば方面へ。
つくばの牛角で祝杯。ホテルの部屋に戻りJリーグタイムを見ながら再度祝杯。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第12節
2015年9月26日(土)15:04キックオフ・県立カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズ 1-2(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:3分 遠藤 康(鹿島)、6分 高木俊幸、72分 興梠慎三
入場者数:29,030人
審判:西村 雄一
天候:曇

|

« 参戦の記録 アウェイ 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鳥栖戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/62372356

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦:

« 参戦の記録 アウェイ 清水戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 鳥栖戦 »