« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

2015.10.28

参戦の記録 アウェイ FC東京戦

4-3 勝利 (2015.10.24 味の素スタジアム:電車)

味スタに電車で行くのは10年ぶり。

調布駅は地下化され、西調布の駅は橋上駅に生まれ変わり、西調布駅周辺の駅広を含む都計道用地の確保が随分進んでいる。

西調布からのんびりムードで向かう味スタへの道のりが何となく好きだ。
国道20号手前の7-11で買ったハイボール缶を片手にアミノバイタルフィールド横の待機列へ。

快晴、微風の絶好の日和。

アウェイ側の一部をホーム自由にしてるからアウェイ自由のチケットが売り切れになったことを理解。

万博同様、入念に散水。傷んでいる印象のある味スタの芝だが今年は状態が良さそう。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、武藤、興梠
FW ズラタン
状態の良さそうだったズラタンをスタメンで起用。ウメがサブに。

・相性の良いスタジアム、相性の良い相手に落ち着いた試合の入り。
・ズラタンはワントップ、興梠はシャドーの位置取り。
・序盤から球際で負けたい戦いぶり。
・左からの宇賀神のクロスを相手GKアブラモフがクロスが飛んで来た側に弾くというプレゼント。柏木の足元に。難なく先制、11分。
・17分にたたみ掛けるようにペナ左から武藤のシュート。きれいな弧を描いてゴール右隅に収まって2-0.。
・その直後、相手の恐らく初めてのチャンスに西川が東にニアをぶち抜かれ失点。暗雲が漂う。
・が、関根が攻め上がりから打ったシュートのこぼれを自ら叩き込んで3-1で折り返し。
・後半も15分過ぎに槙野が試合を決める(と、そのとき思った)ミドルを決めて4-1。
・ポイントはその後の選手交代。ズラタン→李。
・相手が捨て身で反撃に出てきて、3点差でこちらが受けに回った影響もあるが、交代で入った李に球が収まらない。
・左を抉られクロスをボランチの高橋に頭で決められ4-2。
・運動量の落ちてきたサイドを活性化、宇賀神→梅﨑、関根→平川。
・しかし押し込まれる展開が続き、CKからの混戦をまたも高橋に決められ4-3に。
・この時点で残り時間はロスタイムを考慮すれば10分ほど。分からなくなってしまった。
・那須さんの流血(前田の肘打ちらしいが)で一人少ない状況が生じてしまったことも相まってロスタイム4分はとにかく押しまくられる。
・東のシュートを西川が弾き返し東京の攻勢もそこ0まで。

楽勝、祭りの予感さえした試合は、辛くも逃げきるという試合に。
でも、勝点3をゲットできたことは△●ときていたチームには大きな前進。

帰りも西調布から、各停でのんびりと新宿まで。新宿からは湘南新宿ラインで。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第15節
2015年10月24日(土)14:02キックオフ・味の素スタジアム
FC東京 3-4(前半1-3) 浦和レッズ
得点者:11分 柏木陽介、14分 武藤雄樹、17分 東 慶悟(FC東京)、27分 関根貴大、62分 槙野智章、74分 高橋秀人(FC東京)、84分 高橋秀人(FC東京)
入場者数:38,952人
審判:佐藤 隆治
天候:晴

|

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/62568066

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ FC東京戦:

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »