« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »

2015.11.17

参戦の記録 天皇杯4回戦 町田戦

7-1 勝利 (2015.11.11 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場:車)

今年は4回戦からの天皇杯。
過去2年は3回戦で敗戦(去年がJ2群馬、一昨年がJFL讃岐)、その前の2年が熊陸での敗戦。
今年は熊陸で相手がJ3の町田と微妙な組み合わせ。

平日夜の熊谷開催という高いハードル。半休を取って車で熊陸へ。
前週の高校サッカー準々決勝の際には行きは2時間かかったが、この日はちょうど1時間。
駐車場は、調整池横のP8ラスト1台。開門に間に合わないつもりが間に合ってしまった。

気温は低いが風がないのは幸い。
ゴール裏中心はバックスタンド寄り。待機列5列目で後列中断位の位置取り。

先発は
GK 大谷
DF 加賀、永田、橋本
MF 平川、青木、阿部、関根、梅崎、高木
FW 李
代表で不在が西川、槙野、柏木、ズラタン。怪我で不在が那須、森脇。
図らずしもターンオーバー制を敷く結果に。DFラインは総取替え。
サブには怪我から復帰の石原、岩舘、退団の決まっている啓太の名前も。
興梠、武藤を温存しているから、監督としては図らずしもではなく意図してのターンオーバーか。

主審は飯田淳平という試練。

・町田は入りから2トップがチェイスしてきて、総取替え+サブGKのぎこちない球回しではいなし切れず。序盤は相手のペース。
・立て続けにシュートやCKのチャンスを与えるが、ここをしのぎ一段落。取られてたらいつもの年の二の舞だった。
・2トップで追い回して来る相手に対して、ボランチ2枚+DF2枚での球回しでいなし、徐々に浦和ペース。
・食いついてくる分、町田は前掛りとなり、後ろのサイドにはスペースが。そこを突く。
・ペースを掴んだら焦れる必要はない。ジワジワ押し込み何度目かのCKで橋本の頭で先制。
・先に取れば浦和ペース。橋本のアーリークロスから李が飛び込んできれいに足で2点目。二人の特徴が活かされた得点。
・終了間際に相手のバックパスをさらった関根が3点目。上出来の前半。
・余裕の展開の後半、ペナ外からのきれいなボレーシュートを決められて完封を逃す。
・その後少しバタバタして、ポストに当たるシュートを打たれる。
・梅崎→興梠。シャドーに入る。球が落ち着き前掛りの相手に攻めては十分。
・DFラインのスライドが不十分でサイドに広大なスペース。特に相手左サイド。
・食いつかせて逆サイドに振って平川さんというパターンで数えきれないほどのチャンス。
・阿部ちゃんのミドル、右からの崩しで落としを高木。5-1。
・高木→武藤。手は緩めない。ここからは祭り。
・疲れた平川さんに代わって加賀がオーバーラップ、興梠がダイレクトで決めて6-1。
・最後の交代は啓太ではなく怪我明けの石原が李と代わる。
・ロスタイムに関根が容赦ないシュートを左サイドからぶち込み7-1で試合終了。

久しぶりの忙しい年末スケジュールが確定。
リーグ最終戦の前に良い景気づけになった。

帰りは全く渋滞にはまらず1時間かからずに帰宅。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦)
2015年11月11日(水)19:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
FC町田ゼルビア 1-7(前半0-3) 浦和レッズ
得点者:30分 橋本 和、32分 李 忠成、45+2分 関根貴大、50分 平 智広(町田)、65分 阿部勇樹、69分 高木俊幸、75分 興梠慎三、90+2分 関根貴大
入場者数:5,505人
審判:飯田 淳平
天候:晴

|

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/62698043

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯4回戦 町田戦:

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 神戸戦 »