« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.11.24

参戦の記録 ホーム 神戸戦

5-2 勝利 (2015.11.22 埼玉スタジアム2○○2:車)

ホームでの最終節が神戸戦というのは5年ぶり。2010年は残留を賭ける神戸に0-4の惨敗。
結果の出ていない最終節、相性の悪い相手に勝って年間勝点1位の座を狙う可能性を残したいところ。

厚い雲に覆われた曇天ながら雨予報は無し。
シーチケ優先組入場時点でかなりの席が埋まる。一般の入場でバタバタと席を探す人多数。人が多い時のおなじみの光景。久しぶりの5万人越えだが、アッパーには若干の空き。

先発は
GK 西川
DF 加賀、永田、槙野
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、高木、武藤
FW 李
代表組はズラタンがサブスタート。怪我で那須、森脇、興梠がメンバー外。
退団を決めている啓太がサブに入る。出場機会は訪れるか。

シャーレとエンブレムを2段階で出すビジュアルで選手を迎える。

・開始早々、ショートカウンターから飛び出した関根のクロスに武藤のヒールであっという間の先制。
・細かいパス交換から高木のスルーパスに李が走り込んでゴール右に流し込み10分を経たずして2-0。

・ワントップの李へのマークが甘く、楔のパスを入れ放題。2列目以降が常に前を向いてプレーできる状態。まさに入れ食い状態。
・すぐさま、李→槙野と繋いで走り込んだ柏木のゴール。13分で3-0。
・ここで神戸は選手交代。北本をさげてチョンウヨンがCBに入り李への対応に充てる。これでようやく試合が落ち着く。
・早い時間での大量リードで守備の意識が薄くなったか、CBとボランチの間に間が空き始め、そこを走り回る石津を捕まえられない。ミドルをあっさり決められ3-1。
・守備がルーズな状態は後半も継続。相手の守備ラインも再整備され、攻め手が見つからない。
・スペースの見つけられない高木に代わってズラタンを投入し、李がシャドーに。
・永田のルーズなボールキープを森岡に突かれ、簡単に失いシュートまで持っていかれる。3-2、オイオイという展開になってしまった。
・武藤→青木で柏木を前に上げ、攻め手を探る。
・ここで突き放せれば、終盤の啓太投入もあり得たが、加賀が傷んでしまいウメを投入。3人の交代枠は残り15分で使い切ってしまった。
・ここからの試合展開は見違えるようになり、途中交代で入った青木とウメの得点で5-2まで押し戻す。

残念ながら広島が湘南を5-0で退けたため、年間勝点1位は広島となり、チャンピオンシップは準決勝からとなった。

試合後は啓太の退団のセレモニー。
「浦和以上に愛するクラブが見つからない。」ということでの引退表明。5万人が泣いたセレモニーでした。
啓太がいることが浦和の風景だったが、来年はそれがない。年間1点のペースのながら凄い得点を決める姿はもう見ることができない。
来年になって、ジワジワと喪失感に襲われるのだろう。

苦手な状況設定と相手に勝ち切って、啓太の長年の働きに感謝して、悪くない雰囲気で臨めるチャンピオンシップ。
総力戦で勝ちに行こうじゃないか。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節
2015年11月22日(日)13:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5-2(前半3-1) ヴィッセル神戸
得点者:2分 武藤雄樹、9分 李 忠成、13分 柏木陽介、26分 石津大介(神戸)、65分 森岡亮太(神戸)、77分 青木拓矢、84分 梅崎 司
入場者数:52,133人
審判:高山 啓義
天候:曇のち晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.17

参戦の記録 天皇杯4回戦 町田戦

7-1 勝利 (2015.11.11 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場:車)

今年は4回戦からの天皇杯。
過去2年は3回戦で敗戦(去年がJ2群馬、一昨年がJFL讃岐)、その前の2年が熊陸での敗戦。
今年は熊陸で相手がJ3の町田と微妙な組み合わせ。

平日夜の熊谷開催という高いハードル。半休を取って車で熊陸へ。
前週の高校サッカー準々決勝の際には行きは2時間かかったが、この日はちょうど1時間。
駐車場は、調整池横のP8ラスト1台。開門に間に合わないつもりが間に合ってしまった。

気温は低いが風がないのは幸い。
ゴール裏中心はバックスタンド寄り。待機列5列目で後列中断位の位置取り。

先発は
GK 大谷
DF 加賀、永田、橋本
MF 平川、青木、阿部、関根、梅崎、高木
FW 李
代表で不在が西川、槙野、柏木、ズラタン。怪我で不在が那須、森脇。
図らずしもターンオーバー制を敷く結果に。DFラインは総取替え。
サブには怪我から復帰の石原、岩舘、退団の決まっている啓太の名前も。
興梠、武藤を温存しているから、監督としては図らずしもではなく意図してのターンオーバーか。

主審は飯田淳平という試練。

・町田は入りから2トップがチェイスしてきて、総取替え+サブGKのぎこちない球回しではいなし切れず。序盤は相手のペース。
・立て続けにシュートやCKのチャンスを与えるが、ここをしのぎ一段落。取られてたらいつもの年の二の舞だった。
・2トップで追い回して来る相手に対して、ボランチ2枚+DF2枚での球回しでいなし、徐々に浦和ペース。
・食いついてくる分、町田は前掛りとなり、後ろのサイドにはスペースが。そこを突く。
・ペースを掴んだら焦れる必要はない。ジワジワ押し込み何度目かのCKで橋本の頭で先制。
・先に取れば浦和ペース。橋本のアーリークロスから李が飛び込んできれいに足で2点目。二人の特徴が活かされた得点。
・終了間際に相手のバックパスをさらった関根が3点目。上出来の前半。
・余裕の展開の後半、ペナ外からのきれいなボレーシュートを決められて完封を逃す。
・その後少しバタバタして、ポストに当たるシュートを打たれる。
・梅崎→興梠。シャドーに入る。球が落ち着き前掛りの相手に攻めては十分。
・DFラインのスライドが不十分でサイドに広大なスペース。特に相手左サイド。
・食いつかせて逆サイドに振って平川さんというパターンで数えきれないほどのチャンス。
・阿部ちゃんのミドル、右からの崩しで落としを高木。5-1。
・高木→武藤。手は緩めない。ここからは祭り。
・疲れた平川さんに代わって加賀がオーバーラップ、興梠がダイレクトで決めて6-1。
・最後の交代は啓太ではなく怪我明けの石原が李と代わる。
・ロスタイムに関根が容赦ないシュートを左サイドからぶち込み7-1で試合終了。

久しぶりの忙しい年末スケジュールが確定。
リーグ最終戦の前に良い景気づけになった。

帰りは全く渋滞にはまらず1時間かからずに帰宅。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦)
2015年11月11日(水)19:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
FC町田ゼルビア 1-7(前半0-3) 浦和レッズ
得点者:30分 橋本 和、32分 李 忠成、45+2分 関根貴大、50分 平 智広(町田)、65分 阿部勇樹、69分 高木俊幸、75分 興梠慎三、90+2分 関根貴大
入場者数:5,505人
審判:飯田 淳平
天候:晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.11.09

参戦の記録 ホーム 川崎戦

1-1 引き分け (2015.11.07 埼玉スタジアム2○○2:自転車)

残り2試合が1週飛ばしという盛り上がらない終盤の日程。

寒さがやってこないうちにリーグ戦が終了しそう。
薄手の上着という服装で自転車。

見沼田圃で車と小型スクーターの事故を目撃。どちらとも浦和者ではなかったようだが、スクーターで吹っ飛んだおじさんは大丈夫だっただろうか。

南広場ではスウィーツ祭り。だが、甘味は買わず、唐揚げとケバブサンドで腹ごしらえ。

先発は
GK 西川
DF 岡本、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、武藤、興梠
FW ズラタン
累積警告で出場停止の森脇のところには岡本。
そこ以外は好調だった前節からいじらず。

・相性の悪い相手に積極的にプレスをかけてペースを握る。
・大久保がいたら危なかったなという場面は散見されたが、代わりの船山のクオリティなら防げるレベル。
・岡本は森脇と比べても遜色ないプレーで貢献。
・西川のゴールキックからズラの頭、興梠と渡り、右アウトにかけてゴール右上に技あり弾で先制。
・かなりいい雰囲気で前半折り返しと気が緩んだか、ペナ内で槙野が森谷の反転を許しきれいに決められ同点。
・後半、焦らずに攻める。が、再度までは行くが、中が崩せない。
・岡本が傷み加減。関根→梅﨑、岡本→青木の二枚替えでキャプテンが右のストッパーに回る。
・残り15分でズラタン→高木。初めは那須さんに代えてのようにも見えたが、最終的にはズラタンだった。
・前節もそうだが、ズラが下がると不安定になる。
・残り15分はカウンター合戦の様相。・ウメのミドルがバーを叩くのが最後の見せ場。
・那須さんが足を痛めたのか戦闘力が低下。次第に防戦一方になる。

苦手の相手に1-1のドロー。内容的には仕方がないが、置かれている状況下では受け入れ難い結果。広島はガンバをあっさり退け勝点差が2に広がった。

最終戦、勝てば何かが起こると期待して引き分けた勝点1が意味のあるものになると信じよう。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第16節
2015年11月7日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半1-1) 川崎フロンターレ
得点者:28分 興梠慎三、44分 森谷賢太郎(川崎)
入場者数:46,597人
審判:村上 伸次
天候:曇時々晴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »