« 参戦の記録 天皇杯準決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録2015 まとめ »

2016.01.04

参戦の記録 天皇杯決勝 G大阪戦

1-2 敗戦 (2016.01.01 味の素スタジアム:電車)

快晴、微風。天候は言うことなしの元日決戦。

開門に間に合うべく京浜東北、埼京線、京王線で西調布まで、ほぼ着席で移動。
準決勝時にゴール真裏だった中心は、決勝では味スタではいつも通りのメイン寄りに移動。

先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅崎、阿部、柏木、宇賀神、武藤、興梠
FW 李
前線を準々決勝時のセットに戻し、右サイドを関根→ウメ。疲労を考慮か。

・序盤から好調の宇佐美に右サイドを突っつかれる。
・5分に満たない時間に宇佐美のクロスにパトリックが飛び込むも西川が防いでバー。
・跳ね返りをカウンターで李のドリブルから興梠へのクロスは惜しくも通らず。
・この攻防で槙野が西川と交錯して手を負傷。かなりの流血だったらしい。
・長い時間をかけて治療というか応急の手当てをするが、入ってきた後の動きは負傷する前よりも悪くなった。代わりの選手が居ないということか。
・ガンバもその後の浦和の攻めの攻防で米倉が負傷。こちらは早々に交代。
・宇佐美対策に気を遣っていたらパトリックにショートカウンターからの独走ゴールを叩き込まれる。
・直後にウメのクロスから李のダイビングヘッド、ポストに弾かれた跳ね返りを興梠が左足でボレーで同点に。
・選手のタイトルに賭ける気迫を感じた。
・後半開始での選手交代は無し。どちらかと言えば浦和ペースでの後半序盤。
・後半初めての相手CKでパトリックへのマークが甘くなりサインプレー的に決められ1-2、付いていたのは槙野。怪我の影響が全くなかったとは言えない。狙われた感。
・直後に2枚替え、ウメ→関根、武藤→ズラタン。
・関根のドリブルから相手を押し込むが、ゴール前の守備は固い。
・左にも起点をということで宇賀神→高木。両サイドを起点に押し込みシュートを打ちまくるがネットは揺れない。
・終了間際の李のヘディングは惜しくも枠の外。

準優勝で表彰式を眺める屈辱。

天皇杯決勝の敗戦というのは初めての経験だがこたえるなぁ。正月早々からテンションが下がる。
帰りも西調布から。調布乗換以降、埼京線も含めて全て座って帰って来れたが、疲れがドッと出て座席に落ちてしまった。

2015シーズンはこれにて終了。前シーズンよりも成績は良くなったが、最後の一押しが足りないね。
来年の課題が見つかったのはいいことだが、逃げ水のようにゴールが先先に行ってしまうような...。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝
2016年1月1日(金・祝)14:15キックオフ・味の素スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-1) ガンバ大阪
得点者 32分 パトリック(G大阪)、36分 興梠慎三、53分 パトリック(G大阪)
入場者数 43,809人
審判:村上 伸次
天候:晴

|

« 参戦の記録 天皇杯準決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録2015 まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63004240

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 天皇杯決勝 G大阪戦:

« 参戦の記録 天皇杯準決勝 柏戦 | トップページ | 参戦の記録2015 まとめ »