« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.29

参戦の記録 アウェイ 柏戦

2月27日(土) 2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第1節
柏レイソル 1-2(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:52分 武藤雄樹、64分 大谷秀和(柏)、84分 ズラタン
入場者数:13,416人
審判:家本政明
天候:曇
交通手段:車

リーグ開幕で日立台というありえない設定。チケット確保は過酷を極める。
費用が割安ということで車。国道298号線を使うも草加で激混み。
流山橋で江戸川を越え流山、豊四季と経由して柏へ。2時間近くかかる。

快晴、横向きに吹く風が若干気にかかるコンディション。
メイン側サイドライン延長線上とかなり端っこの位置取り。

先発は
GK 西川
DF 遠藤、槙野、森脇
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、興梠、武藤
FW 李
槙野リベロの位置に起用。遠藤右で森脇が左に回る。インフルエンザ明けの李のワントップ。
サブは、大谷、那須、橋本、駒井、伊藤、高木、ズラタン。
シドニー戦で先発の永田とウメは浦項戦に備えてかメンバー外。

・アレ URAWAでスタート。
・浦和が主導権を取っての立ち上がり。
・CKからフリーでヘディングを打たせてもらえること2度。柏のセットプレーの守備はかなりルーズ。
・右から崩して武藤が胸で押し込むもGKに掻き出される(誤審のようだが...)。
・押していたが0-0で折り返し。
・後半開始早々にも宇賀神の突破から李がお腹で押し込むもハンドの判定。家本が副審と無線でやり取りしてたが、そもそも副審には見えない角度。主審が見えていないのならハンドではないのでは。
・攻め続けようやくゴール。李がポストプレーで反転シュート、GKが弾いたところを武藤が詰めた。
・リードしたら相手の圧力が強くなり受けに回る。左右共にドリブルで前に進まれる場面が増える。
・62分 李→ズラタン。そのままトップに入る。
・左サイドをカウンターで崩され、西川が弾いた球がゴール正面に回り決められる。
・1-1となった後は互いにオープンな展開。浦和が望む展開ではない。
・73分 柏木→那須。そのままボランチに入る。
・80分 関根→駒井。駒井はそのまま右に。那須、駒井とフレッシュな選手を入れてようやく相手左サイドを抑え込む。
・柏木交代後はCKを武藤が蹴る。右からのCKにズラタンが合わせて左サイドネットへ。良い時間帯での勝越し弾。ルーズなセットプレーの守備をようやく得点につなげた。
・ロスタイムを含めた残り時間の使い方は安定。西川のキャッチで試合終了。

リーグも白星発進。内容はまだまだ改善の余地あり。

イオンモールで夕食の材料調達をして家路に。流山から常磐道、外環を経由して帰宅。外環が事故渋滞で高速を利用しても時間はあまり変わらなかった。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:ピステ(2004)、ニットマフラー(2003ナビスコ優勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

参戦の記録 ACLグループリーグ ホーム シドニーFC戦

AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD1
2016年2月24日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半1-0) シドニーFC
得点者:8分 武藤雄樹、65分 興梠慎三
入場者数:19,500人
審判:アリ・アルカイシ(イラク)
天候:曇
交通手段:行き 電車、帰り 車

今シーズン初っ端の試合を欠かすわけにはいかない。
無理やり時間休を取って南北線経由でスタジアムへ。スタジアム着は18時20分過ぎ。

とにかく寒い。味千で腹ごしらえ。ビールを飲むような陽気ではない。

先発は
GK 西川
DF 森脇、永田、槙野
MF 関根、阿部、青木、宇賀神、梅崎、武藤
FW ズラタン
高さのある相手に対応してサイズのある選手をラインナップ。
サブは、大谷、那須、遠藤、橋本、柏木、駒井

・Pride of URAWAでスタート。
・アウェイの戦いに徹してきたシドニーは前からは追て来ず、比較的余裕をもって最終ラインでの球回しが出来る。
・序盤、関根の縦への動きから右で好機を作る。
・8分の得点は森脇のクロスのこぼれを拾いウメが再び中へ、相手DFに当たったボールを武藤がDFとGKの間に忍び込み右足で左サイドネットへ。
・試合が進めやすくなるはずが、相手が前での圧力を増やしてきたため、最終ラインでの球回しが窮屈に。
・相手にパスをプレゼントすること数度。1回はペナ内。決定力不足の相手に救われる。
・1対1での競り合いで後ろから強く取りに行って相手が倒れると笛が鳴る。
・前半の終盤は立て続けにセットプレーのピンチ。ここは良くはね返し、相手の決定力不足にも救われる。
・後半開始頃から極弱い雨。
・混戦から西川の顔面セーブというかなり危ない場面も。
・61分 梅崎→興梠。ポジションはそのままシャドーに。
・ショートカウンター気味の縦パスに反応した興梠がペナ内でGKに倒されPKゲット。
・自ら真ん中上に蹴り込んで2-0。
・75分 青木→遠藤。そのままボランチに入る。場内が沸く。縦へのパス、守備での堅実さ。時間は短かったが光るプレーは期待大。
・関根の運動量が落ちて、開き直って出てきた相手に右サイドの裏を取られること数度。

・87分 武藤→柏木。そのまま前目のポジションへ。
・AT 3分も安全策に徹して難なくこなす。

相手の決定力不足に助けられた面はかなりあるが、ホームでの勝利で新シーズンを滑り出せたのは大きい。

選手ユニ:ホーム(ACL)
自分の服装:スーツの上からベンチコート、ニットマフラー(2003ナビスコ優勝)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.14

参戦の記録2015 まとめ

月日 H/A 試合 会場
02.25A ×1-2 ACL MD1水原三星 水原ワールドカップS
02.28  ×0-2 FX スーパーカップ G大阪 日産スタジアム
03.04H ×0-1 ACL MD2 ブリスベン 埼玉スタジアム2002
03.07A ◯3-1 リーグ1st第1節 湘南 ShonanBMW平塚
03.14H ○1-0 リーグ1st第2節 山形 埼玉スタジアム2002
03.17A ×0-2 ACL MD3 北京国安 北京工人体育場
03.22A △0-0 リーグ1st第3節 広島 エディオンスタジアム広島
04.04H ◯1-0 リーグ1st第4節 松本 埼玉スタジアム2002
04.08H △1-1 ACL MD4 北京国安 埼玉スタジアム2002
04.12A △1-1 リーグ1st第5節 川崎 等々力陸上競技場
04.18H ○2-1 リーグ1st第6節 横浜FM 埼玉スタジアム2002
04.21H ×1-2 ACL MD5 水原三星 埼玉スタジアム2002
04.25H ○2-1 リーグ1st第7節 名古屋 埼玉スタジアム2002
04.29A ◯2-0 リーグ1st第8節 甲府 山梨中銀スタジアム
05.02H ◯1-0 リーグ1st第9節 G大阪 埼玉スタジアム2002
05.05A ◯2-1 ACL MD6 ブリスベン ロビーナ スタジアム
05.10A △4-4 リーグ1st第11節 仙台 ユアテックスタジアム仙台
05.16H ○4-1 リーグ1st第12節 FC東京 埼玉スタジアム2002
05.23H ○2-1 リーグ1st第13節 鹿島 埼玉スタジアム2002
05.30A ○6-1 リーグ1st第14節 鳥栖 ベストアメニティスタジアム
06.03A △3-3 リーグ1st第10節 柏 日立柏サッカー場
06.07H ○1-0 リーグ1st第15節 清水 埼玉スタジアム2002
06.20A △1-1 リーグ1st第16節 神戸 ノエビアスタジアム神戸
06.27H ◯5-2 リーグ1st第17節 新潟 埼玉スタジアム2002
07.11A ○2-1 リーグ2nd第1節 松本 松本平総合球技場
07.15A △0-0 リーグ2nd第2節 山形 NDソフトスタジアム山形
07.19H ×1-2 リーグ2nd第3節 広島 埼玉スタジアム2002
07.25A ×1-2 リーグ2nd第4節 名古屋 パロマ瑞穂スタジアム
07.29H △1-1 リーグ2nd第5節 甲府 埼玉スタジアム2002
08.12A ○2-1 リーグ2nd第6節 新潟 デンカビッグスワン
08.16H ○1-0 リーグ2nd第7節 湘南 埼玉スタジアム2002
08.22H ○3-1 リーグ2nd第8節 仙台 埼玉スタジアム2002
08.29A ×0-4 リーグ2nd第9節 横浜FM 日産スタジアム
09.02A ×0-5 YNC 準々決勝 新潟 デンカビッグスワン
09.06H ○3-0 YNC 準々決勝 新潟 埼玉スタジアム2002
09.11H ○1-0 リーグ2nd第10節 柏 埼玉スタジアム2002
09.19A ○4-1 リーグ2nd第11節 清水 エコパスタジアム
09.26A ○2-1 リーグ2nd第12節 鹿島 カシマサッカースタジアム
10.03H △1-1 リーグ2nd第13節 鳥栖 埼玉スタジアム2002
10.17A ×1-2 リーグ2nd第14節 G大阪 万博記念陸上競技場
10.24A ○4-3 リーグ2nd第15節 FC東京 味の素スタジアム
11.07H △1-1 リーグ2nd第16節 川崎 埼玉スタジアム2002
11.11  ○7-1 天皇杯R16 町田 熊谷陸上競技場
11.22H ○5-2 リーグ2nd第17節 神戸 埼玉スタジアム2002
11.28H ×1-3 リーグCS準決勝 G大阪 埼玉スタジアム2002
12.26  ○3-0 天皇杯準々決勝 神戸 ヤンマースタジアム長居
12.29  ○1-0 天皇杯準決勝 味の素スタジアム
01.01  ×1-2 天皇杯決勝 味の素スタジアム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »