« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »

2016.03.28

参戦の記録 アウェイ 湘南戦

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節
2016年3月20日(日・祝)16:04キックオフ・Shonan BMW スタジアム平塚
湘南ベルマーレ 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:41分 李 忠成、55分 興梠慎三
入場者数:14,419人
審判:飯田淳平
天候:曇のち雨
交通手段:車
平塚は駅から遠いからなー、ってことで車で。

お彼岸の中日、三連休の中日ということで車数が多く、しかもそこかしこで事故が起こっており、平塚へのルートはどこも大渋滞。
カーナビの示したルートは一般道で第三京浜まで出て保土ヶ谷バイパス経由東名~圏央道というルート。これを無視して浦和南から首都高に乗ったのが失敗のもと。

戸田南の手前から渋滞。渋滞の素は山手トンネルの事故ということで都心へ。横羽線は事故渋滞ということで湾岸へ。こちらは海ほたるを起点とした渋滞でお台場からビッシリ。

浮島でようやく渋滞を脱し、狩場線・保土ヶ谷バイパス経由で東名横浜町田へ。東名は渋滞。
海老名JCTから圏央道で寒川南。結局、2時間程度で着くところ、4時間かかって到着。開門ギリギリ。

高さが無くて見づらく狭い、導線が悪いJ1で最も環境の悪いスタジアム。どうにかなりませんかね。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、李、武藤
FW 興梠
広州に行かなかった関根が右サイドに復帰。
サブは、大谷、青木、永田、梅崎、駒井、石原、ズラタン。


・大脱走でサポート開始。
・かなり球際に強く来る湘南。逃げずに受け止める。
・ボールがなかなか落ち着かない序盤。
・サイドの攻防も互角、相手が落ちてくるのを辛抱強く待つ我慢の展開。
・0-0での折り返しを意識した終盤、高い位置でボールをカットし柏木→李。李が遠目から思い切り打ったシュートが相手に当たりゴールの中へ。
・幸運な先制点で試合運びに余裕が生まれる。
・ハーフタイムに弱い雨が降り始める。
・後半の序盤もかなり激しく来る湘南。1-0なので焦ることなく対処できる。
・中盤でのボールカットから左サイドで宇賀神を起点に武藤、興梠、柏木とテンポよく球を繋ぐ。中央右寄りで球を受けた柏木が右に回り込んでいた興梠にスルーパス、落ち着いて左サイドネットに興梠が突き刺して2-0、ビューティフルゴール。
・更に前に出てくる湘南。その裏をサイドから突く。うまく試合をコントロールし、浦和ペースで試合が進む。
・75分に武藤→青木、宇賀神→梅崎 司。柏木が1列上がり、ウメはそのまま左サイド。
・79分に 興梠→ズラタン。
・試合を終わらせる段になって幾分、押し込まれる。相手のミドルシュートは西川がナイスセーブ。無失点で4合を終わらせる。

完勝。今年の形が見えてきた勝利。昨年より進化したサッカーが見えてきた。

帰りは寒川南から圏央道で入間まで。

自宅に車を置いて与野駅前の鍛冶屋文蔵で祝杯。

選手ユニ:赤・白・白
自分の服装:NIKEジャケット(赤)、ニットマフラー(2003ナビスコ優勝)

|

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63409063

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 湘南戦:

« 参戦の記録 ホーム 福岡戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 甲府戦 »