« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 福岡戦 »

2016.03.07

参戦の記録 ホーム 磐田戦

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第2節
2016年3月6日(日)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-1) ジュビロ磐田
得点者:30分 太田吉彰(磐田)、78分 柏木陽介、82分 ジェイ(磐田)
入場者数:43,826人
審判:佐藤隆治
天候:曇
交通手段:車

ホーム開幕は磐田。
この水色のチームは雨中での試合の記憶が多い。中半ばでの天気予報は雨予報だたが、土曜日には曇予報に変わる。
暖かな春を感じさせる陽気だが、試合中は南寄りの風が幾分強めに吹く。

先発は
GK 西川
DF 遠藤、槙野、森脇
MF 関根、阿部、柏木、宇賀神、興梠、武藤
FW ズラタン
リーグ開幕の柏戦とほぼ同じ布陣。トップだけが李→ズラタン。
サブは、大谷、青木、永田、梅崎、駒井、石原、李。
浦項戦から大きく入り繰り。

・序盤は前線から、その後も中盤での磐田のマークが厳しく、なかなか球を前につけられない。
・槙野のリベロは見慣れないからなのか、球回しがぎこちなく感じる。その原因は森脇の左ストッパー起用に原因があるのだろうが。
・CKはやたらに取れるのだが、セットプレーからの得点の匂いがしない浦和。
・窮屈になった左から森脇が持ち直してバックパス。これを狙われ、セーフティなプレーを選択しなかった西川の判断のまずさも加わって先制を許す。
・年に1回はある最終ラインでの球回しのミスからの失点。今年はもうこれで終わりにしてくれ。
・やることがはっきりした磐田を相手に攻めあぐねる。全体的に閉塞感があり躍動感に欠けた前半。
・後半開始から遠藤が真ん中、右に森脇、左に槙野に布陣変更。だったら初めっからそうしておいてくれよ。
・焦れずに攻める。シュートチャンスも徐々に増えるが、この日はシュートの精度に問題が。枠外又は真正面の繰り返し。
・70分 関根→永田。直前の磐田の交代(ジェイの投入)で遠藤を右に出し、森脇が1列上がる。
・77分 武藤→石原。そのままシャドーに。
・相手をペナ内に釘付けにする展開から柏木がドリブルからの個人技で打開しようやく同点。
・ここで相手が再び前に出てきたのが誤算。というか、ジェイの規格外の強さに対応できなかった。
・球際で負け、セットプレーからカウンター気味に右サイドを抉られジェイに決められる。
・テンポの悪さ、運動量の少なさからくる閉塞感の中、再度の追い上げもかなわず。交代枠を1つ余してタイムアップ。

ブーイングされてしかるべき内容。戦っていない。相手が戦ってた。
勝という結果も大事だが、戦っていない姿が腹立たしいんだ。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:ピステ(2004)

|

« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 福岡戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63313168

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 磐田戦:

« 参戦の記録 アウェイ 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 福岡戦 »