« 参戦の記録 アウェイ 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »

2016.04.18

参戦の記録 ホーム 仙台戦

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節
2016年4月16日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半0-0) ベガルタ仙台
得点者:53分 李 忠成、54分 三田啓貴(仙台)、74分 興梠慎三、76分 武藤雄樹
入場者数:31,012人
審判:岡部拓人
天候:晴
交通手段:自転車
 
桜も散り、花粉の季節も終わりつつあり、天気が良いこともあって今季初の自転車参戦。
午後2時キックオフだと10時にはスタジアムに着いていないといけない。朝は結構、慌ただしい。

春特有の柔らかな晴天。南から北に若干の風というコンディション。
スタンドの入りは今ひとつ。ギリギリ3万超え。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、李、武藤
FW 興梠
サブは大谷、那須、青木、梅崎、駒井、石原、高木。
ズラタンはメンバー落ち。シドニー戦の準備に専念か。

DFの層の薄さを感じる。怪我人が出ないことを祈るのみ。
 
・コイントスに勝った仙台がサイドを逆にとる。ささやかな抵抗。
・よって、前半が北側でのハーフサイドゲーム。
・4-5-1で4と5の間隔を狭めてブロックを作る仙台。後ろ4枚のスライドは緩やかで、サイドには幾分、スペースをもらえる。
・押し込むとペナ内に9人のブロックという状況。シュートのコースが開かない。
・CKのチャンス多数もゾーンで守る仙台に跳ね返され続けてこれといったシーンは皆無。
・横浜戦の時ほどの閉塞感はなく折り返し。こじ開けるのには時間がかかるなという感じか。
・選手交代なく後半、南側、遠いサイドでのハーフコートゲーム。
・左サイド、宇賀神が中に切れ込み空いたサイド際を槙野という展開。やや力技的に縦に切れ込み折り返しを李が頭で押し込み先制。こじ開けた。
・安心したのかキックオフをフワッと守備に入り、ドリブルで縦、ペナ周りを横断という形に持ち込まれ付ききれず、あっという間に失点。振り出しに。
・もう一度こじ開けるのみ。相手も得点でやれると感じたか、スペースが空きだす。
・73分 宇賀神→梅崎、左サイドを活性化。
・相手ゴール前での相手のミスからボールを取り返し、阿部→興梠と繋ぎ、きれいに流し込み再び突き放す。
・直後には左サイドから梅崎→武藤が頭でダメ押し。
・82分 興梠→石原、李がワントップへ。
・89分 関根→駒井。時間が短く見せ場は作れず。

 
1失点は余計だったが、3得点で手堅く勝利。
週明けのシドニー戦に向けて勢いはつけられたかな。

 
帰りは与野駅前の鍛冶屋文蔵で祝杯。

 
選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 アウェイ 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63504747

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 仙台戦:

« 参戦の記録 アウェイ 横浜FM戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 川崎戦 »