« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

2016.06.22

参戦の記録 アウェイ 広島戦

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第16節
2016年6月18日(土)19:04キックオフ・エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 4-2(前半1-2) 浦和レッズ
得点者:6分 柴崎晃誠(広島)、26分 関根貴大、40分 宇賀神友弥、64分 塩谷 司(広島)、69分 塩谷 司(広島)、83分 佐藤寿人(広島)
入場者数:24,656人
審判:松尾 一
天候:晴
交通手段:レンタカー
 
前日は鳥取 境港泊。
 
 
松江城、熊野大社と回り、松江道 三刀屋木次ICから中国道経由で広島西風新都ICへ。
 
 
駐車場の混雑具合を確認し、一度、スタジアムを離れ昼食。
ばくだん屋五日市店で廣島つけめんの昼食。辛さ5倍の大盛りで腹ごしらえ。
 
 
スタジアムへの戻りは梶毛ダムの横を通り西風新都の南西端にショートカット。セブンイレブン横の臨時駐車場に車を止めてスタジアムへは下り坂で20分弱。
テニスコート横を通ると意外と距離を感じない。
 
 
連敗、水曜日が大阪での新スタジアムでのアウェイということで、広島遠征のハードルは高かったのか、同志は少なめ。
ホーム寄りのマラソンゲート上が中心となる。
 
コーナーフラッグ付近の前方に位置取り。駒場で見ていたくらいの位置だ。
 
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、駒井、阿部、宇賀神、梅崎、武藤
FW 興梠
前節出場停止の森脇が復帰。駒井をボランチ起用でコンディションのすぐれない柏木はサブ。
サブは大谷、那須、柏木、青木、石原、李、ズラタン。
 
・やはりルーズな前半の入り。ここ数試合、入りが悪い。
・ウタカを捕まえられずキープを振るし、その間に二列目に縦に走られるという展開が数度続き、6分にそのパターンで柴崎に決められる。
・またも追いかける展開。
・うちと同じ連戦続きの広島は、さすがにここで受けに回り追いつきたい浦和が攻勢に。
・両翼の縦への意識に勢いを感じる展開に。
・関根が相手のクリアミスに詰めてゴールを奪い前半半ばで同点。
・前半終了間際に宇賀神が森脇からのパスをダイレクトではたきゴール左に決め2-1で折り返し。
・この時点ではいつもとは違う何かを感じたのだが。
・後半も開始から攻勢。
・興梠が2回、大きなチャンスを迎えるがシュートは2回とも枠を捉えず。
・好機を外し続けると罰を受ける。
・自陣ゴールラインでの攻防でキープしそこない相手CK。2度目にきれいに塩谷に決められ振り出しに戻る。
・同点なのにここで浮足立ったイメージ。運動量も落ちる。
・カウンターからのシュートがポストにはねたところをまたも塩谷に頭で決められ2-3。
・73分に三枚替え。梅崎→李、武藤→柏木、関根→ズラタン。駒井を右に出し、柏木がボランチ。
・が、GKからの球回しを佐藤寿人に狙われ柏木からのパックパスを攫われる。2-4。
・ここでようやく攻勢に転じる。ズラのオーバーヘッドがバーをかすめたりと好機はあるが、一度離した流れは容易には取り戻せない。
・攻めるも空回り感の中、試合終了。
 
 
3連敗。内容なし。これではまぁ、怒り出す人が出るわな。
 
帰りは臨時駐車場まで山登り。25分。
広島西風新都ICから広島IC経由で広島駅近辺のホテル着は10時過ぎ。
 
車を返し、ホテルを出て堀川町のお好み焼き ふみちゃんで遅い負け組の夜食。
 
 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63812140

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 広島戦:

« 参戦の記録 アウェイ G大阪戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム FC東京戦 »