« 参戦の記録 ホーム 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »

2016.07.26

参戦の記録 アウェイ 鹿島戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
2016年7月23日(土)18:34キックオフ・カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズ 1-2(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:60分 土居聖真 (鹿島)、62分 李 忠成、73分 李 忠成
入場者数:30,249人
審判:松尾 一
天候:晴のち曇
交通手段:車
 
鹿国遠征。
10時過ぎに自宅を出る。
 
行きの行程はひたすら下道。
美園から北越谷、松伏を経由して江戸川は玉葉橋で越える。
野田に入り野田線、16号を横切り利根運河付近で利根川右岸を東進。
国道6号で利根川左岸に出て利根川沿いをひたすら下る。
 
佐原で利根川右岸を離れ、潮来で昼食。味噌ラーメンのうまい「純輝」。
午後1時半くらいで店内の7割は赤者。
 
 
いつも駐車する駅南西の民間駐車場は予約でいっぱい。
ちょっと便宜を図ってもらって無事駐車。次回からは予約しないとか。
 
駅手前の2002年ワールドカップの際の子供が描いた壁画付きの仮囲いは無くなってすっきり。さすがに古さが否めなかったから。
 
 
入場したらハム焼き。今年は焼き台が2台に増えていた。待ち時間は幾分改善。
 
 
開場直後は陽ざしがきつく暑かったが、次第に雲が掛り東寄りの強い風が吹き半袖1枚では寒いくらい。
 
 
 
田舎の恒例行事、旗の虫干しは天候が悪いせいか実施されず。ようやくダサさに気付いたのだろうか。
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 梅崎、柏木、阿部、関根、武藤、高木
FW ズラタン
この試合から遠藤と興梠がオリンピックで離脱。高木のスタメンは久しぶり。
サブは大谷、加賀、青木、駒井、伊藤、石原、李。
 
・前半序盤、いつもと構成の違う最終ラインでの球回しに若干のぎこちなさ。
・前線の攻勢もいつもとはかなり違い、球が収まらない。
・久しぶり出場の高木の消えっぷりが半端ない。力みすぎ。
・土井と遠藤、金崎に掻き回され、防戦一方の前半。
・相手のシュートの精度の低さとセットプレーをしっかり弾き返したことで無失点で折り返す。
・HTにズラタン→李。ズラは万全の体調ではなかったかも。
・結構、蹴ってくる鹿島。足元でしっかり回す展開がなかなか作れない。
・57分 高木→青木で柏木を1列上げる。
・森脇が1対1で力負けし右サイドからアーリークロスを入れられる。土井に触られ先制を許す。
・失点直後、右サイドのスペースを柏木が疾走。ウメからいいスルーが通り、右足のクロスを駆け引きに勝った李が右足で流し込む。
・追いついたタイミングが最高。勝ち越しに向けて盛り上がる。
・自陣での守備から青木の素早い攻守の切り替え。左の武藤にパスが通りドリブルでペナに侵入、思い切り良く打ったシュートをセービングの不安定だった曽ヶ端がお約束で弾き、詰めた李がゴールで逆転。
・76分 武藤→石原。
・追加点を狙いつつも時間をしっかり使いホームでの試合の雪辱を果たす。
 
 
気分よく家路につく。
帰りは潮来から高速利用。圏央道、常磐道、外環を経由して午後11時前には自宅に到着。
 

 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 ホーム 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63970249

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 鹿島戦:

« 参戦の記録 ホーム 大宮戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 甲府戦 »