« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 大宮戦 »

2016.07.17

参戦の記録 アウェイ 仙台戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第3節
2016年7月13日(水)19:04キックオフ・ユアテックスタジアム仙台
ベガルタ仙台 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:90+3分 興梠慎三
入場者数:14,056人
審判:山本雄大
天候:雨
交通手段:車
 
平日の仙台アウェイ。
夏休を取っての遠征だが、所用があり10時出発というのんびりとした設定。
 
2003年以来勝ちのない仙台アウェイ。
パターンを変えようと昨年全線開通した常磐道で。
 
三郷スマートICから常磐道。途中、空間放射線量が一番高いところで4.0μsv。
原発事故の爪痕、現実はかなり生々しい。
 
亘理ICから仙台東部道路で沿岸を進み、三陸道 多賀城ICで降りる。この時点で15時過ぎ。
塩釜で寿司でもと考えていたが、高速に乗るまでに渋滞(吉川橋)にはまり時間を浪費。
 
泉中央 スタジアム近辺まで行き、八乙女にある利休 泉本店で遅い昼食。
安定したクオリティ。十分な腹ごしらえ。
 
 
いつもは泉中央で物色する駐車場。変化をつけるため、今回は八乙女駅近辺で物色。
タイムズ八乙女 上限600円。ラスト2台で滑り込み。
 
来る途中、宮城県内に入った辺りでは土砂降りだったが、待機列での雨は小降り。
入場後は屋根の恩恵を受ける。雨具は必要なかった。
 
試合前は復興ライブで何故か日野美歌。鎌倉出身で遅延はないし、冬の歌を歌ってるし関係性には疑問。
 
 
さて先発は、
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、李、武藤
FW 興梠
出場停止だった槙野が戻りいつもの布陣。
サブは大谷、那須、梅崎、青木、駒井、石原、高木。
 
雨に煙る中、キックオフ。
 
・かなりスリッピーで各選手、トラップがバラつく。
・ハーフライン辺りから圧力をかけてくる相手をうまくいなしきれない。閉塞感のある試合展開。
・ロングボール中心の仙台。チャンスはほぼCKのみという展開。
・丁寧にPA回りでパスをつないで前半は2度ほどの好機も得点には至らず。0-0の折り返し。
・後半も前半同様の展開。前線3人のマークがきつい。
・70分 関根→駒井。右サイドの仕掛けの質を変更。
・72分 武藤→青木。柏木を上げ、仕掛けの位置を上げると共に中盤の運動量を確保する。
・時間が経つにつれて相手ロングボールのこぼれを拾えなくなりペースをつかみきれない。
・青木、遠藤が体を張ったディフェンスで危機を摘み取る。
・85分 李→梅崎。左ワイドを活性化。
・あっという間にロスタイム(4分)に突入。やはり鬼門のスタジアム。引き分けを覚悟。
・2分経過時点で上がり目の柏木へのマークがルーズになり時間がもらえる。縦に動き出した興梠に絶妙スルー。飛び出したGKの肩越しに浮かせたボールはワンバウンドしてゴール内へ。
・相手の気力はここで切れた感じ。残り2分は危なげなく時間を使い切り鬼門ユアスタでの初勝利。
 
 
帰りは仙台宮城ICまで向かい東北道を南下。
仙台宮城流入は午後10時前。菅生で土産を買うためワンストップ。あとはノンストップ。岩槻流出は午前1時10分過ぎ。
自宅到着は午前1時40分。
 
お疲れ様でした。
 
選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/63925320

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 仙台戦:

« 参戦の記録 ホーム 柏戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 大宮戦 »