« 参戦の記録 ホーム 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

2016.08.17

参戦の記録 アウェイ 名古屋戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節
2016年8月13日(土)18:04キックオフ・豊田スタジアム
名古屋グランパス 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:44分 武藤雄樹、87分 ズラタン
入場者数:29,508人
審判:扇谷健司
天候:晴
交通手段:車
 
迎え盆の日の渋滞が恐ろしいので、前日入り当日深夜帰りの遠征行程。
 
前日9時過ぎにゆるゆると出発。
山の日との飛び石連休の谷間の平日だが交通量は休日並み。
首都高新都心から都心環状線、横羽線を経由して狩場から保土ヶ谷バイパスで東名横浜町田。
秦野中井の手前までしっかり渋滞。
 
沼津で降りて昼食。沼津港魚市場食堂街、かもめ丸でぬまづ丼。
 
 
アジの干物を炊き込んだご飯と生シラス、桜エビ、アジのたたきのコラボが絶妙。
 
長泉沼津から新東名で豊田へ。
浜松いなさ以西の新規開通部分を初めて通って豊田松平。
豊田スタジアム到着は午後5時前。三列目前方にシートを張って離脱。
 
宿泊は三河安城駅周辺。
夕飯は安城のソウルフード、北京飯を北京本店で。
 
翌朝は列整理の午後3時まではフリーなので、犬山城観光。
 
豊田に戻り山之手虎玄で担担麺と麻婆豆腐で腹ごしらえ。
 
 
代表的名古屋めしではないので、赤い人は帰り際に1組見ただけ。
 
車は旧イオンの駐車場を使用した臨時駐車場(前売り1000円)。
スタジアムまでは歩いて15分ほどだが、日差しがきつく溶けてしまいそう。
 
 
振るわないチーム状況を尻目にホームチームは夏祭りのスタジアムイベントを展開。
16戦勝利なしの悲壮感はスタジアムでは感じない。逆にやばいのではないか。
 
位置取りはバック寄り中段。
スタジアムの芝は一見きれいに見えたが、根付きが浅くキックの際に砂が舞うというコンディション。
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、武藤、高木
FW 李
サブは大谷、加賀、梅崎、青木、駒井、石原、ズラタンと前節と一緒。
 
相手はサブにもシモビッチの名前がない。永井の一発にかけるというサッカーか。
 
・5-4-1で自陣に構える名古屋をいかに攻略するかという試合。
・ほとんど最終ラインでの球回しも追ってこないというものすごく腰の引けたサッカーを見せつけられる。
・浦和の最終ラインがハーフウエーライン辺りまで上がりそこから前線に縦パスという展開が続出するがなかなか前線での息が合わない。
・前半の名古屋には得点の匂いは皆無。関根の後ろに広大なスペースが空いているのに全く突いてこない。
・前半終了間際にようやくペナ周りでの細かいパス回しがつながり武藤がきれいにゴールで先制。これで負けはなくなった感。
・HTに柏木→青木。足の状態が完ぺきではないのだろう。
・前半よりも両サイドバックを高めに配置してきた名古屋。
・前半よりも押し込まれてCKを取られること数度。だが高さがなく脅威は感じない。
・72分 李→ズラタン。この日の李は少しコンディションが落ちている感じだった。
・77分 関根→梅崎。
・相手のパスミスに乗じて攻勢をかけるもきれいに点を取ろうとしすぎて決定打が出ない感じ。
・1-0で終わりかと思ったら、自陣ペナ内のFKを西川が相手ゴール前のズラタンに。相手DFと競ってうまく体を入れ替えたズラタンが出てきた楢崎をかわすループで追加点。これで勝負あり。
 
 
2-0の完封勝利。内容的にはもう少し点が取れてもよかったが、贅沢は言わない。
連敗ストッパーの面目躍如とはならなかったことが大切だ。
 
 
帰りの駐車場までの道のりは的確なルート選択ですんなり。駐車場もすんなり出られて豊田東ICから東名経由で家路に。
車中で川崎の敗戦を聞く。
 
御殿場の先と横浜町田の手前で渋滞にはまるが大したことはなく、環八経由で帰宅は翌1時半。
 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

|

« 参戦の記録 ホーム 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/64074246

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 名古屋戦:

« 参戦の記録 ホーム 湘南戦 | トップページ | 参戦の記録 ホーム 川崎戦 »