« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016.09.20

参戦の記録 アウェイ FC東京戦

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節
2016年9月17日(土)19:04キックオフ・味の素スタジアム
FC東京 1-3(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:48分 森重真人(FC東京)、77分 李 忠成、85分 OWN GOAL、87分 興梠慎三
入場者数:33,493人
審判:高山啓義
天候:曇
交通手段:電車
 
昨年から味スタへは交通手段を車から電車に変更。
駐車場探しが年々、厳しくなってきていることが理由。
 
昼前に家を出て埼京線で新宿へ。
新宿での昼食は「やんばる」でソーキソバ。
目の前で作られるゴーヤチャンプルがうまそうで、たのまなかったことを後悔。
 
京王線は調布まで準特急。各停に乗り換えて1駅の西調布からスタジアムへ。
 
待機列はスタジアム沿いは短くなり駐車場付近での短冊形に変更。開門2時間前で13列目。
 
天気予報は夕方から雨が前日予報だが、日差しがあり蒸し暑い。
 
位置取りはゴール真裏のややバック寄り中段。屋根掛かりを気にしてあまり前まで行かなかったが、結局、予報ほど天気は崩れず雨の心配は必要なかった。
 
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、宇賀神
MF 駒井、柏木、阿部、関根、武藤、高木
FW ズラタン
 
オリンピック組の二人は相変わらずサブスタート。
前節復帰した槙野は怪我が悪化したのかメンバー外。
サブは大谷、加賀、遠藤、青木、石原、李、興梠。
 
・序盤から強めのプレスをかけてくる東京。明らかに90分は持たない強いプレス。
・完全に奪いに来るのではなく自由を奪いに来るプレスなので、多少窮屈になりながらもつないでしのぐ。
・2度ほどあった最終ラインからのパスミスも相手得点には至らず。
・浦和の左を警戒してか右の駒井がフリーになるところから徐々に主導権を握り始めたのは30分過ぎから。
・前半の終盤は相手陣で試合を展開するも0-0で折り返し。
・HTに高木→李。
・後半開始早々、中央で中島に裏を取られPA内で倒してしまいPKを献上。
・西川もいつもより我慢して左に飛んだが東のPKは中央上方で叩けず0-1。
・その後、前への圧力を高める過程でバランスを崩す場面が何度かあり、1対1を西川が防ぐ際どい場面も。
・時間の経過とともに相手の運動量が落ち始め、終始相手陣での試合展開に。
・柏木のミドルとズラのヘディングでバーを叩くこと2回。その間に相手は攻撃的な選手2枚を守備的選手に変更。
・64分 武藤→興梠。
・77分に関根のクロスを李が頭で叩き込みようやく同点。苦しんだ割に簡単に取れた。
・ここからは完全に押せ押せ。
・残り5分で右に流れたズラが走りこんだ関根に合わせたクロスをGKが弾き、相手に当たってゴールの中へ。2-1逆転。
・直後の86分 柏木→青木。
・直後、駒井のドリブルから青木が右に流れキープ、駒井に戻しスカスカの相手ゴール前へクロス、興梠が難なく頭で流し込み3-1。
 
 
蒸し暑い中、90分持たないサッカーを展開した東京に対して焦ることなく後半で仕留めた試合。合口の良さも多分にあるが…。
 
 
大宮が熊陸で川崎を叩いてくれたおかげで年間勝点差2差に肉薄。
今年は終盤に向けて上げていってほしい。
 
 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングマツチユニ2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.15

参戦の記録 ホーム 鳥栖戦

明明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節
2016年9月10日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半2-0) サガン鳥栖
得点者:41分 宇賀神友弥、44分 武藤雄樹
入場者数:28,167人
審判:今村義朗
天候:晴のち曇
交通手段:自転車
 
リーグ戦は連敗中。相手はホームで過去2年勝てていない鳥栖戦。
リーグ制覇に向けての正念場の一戦。
 
暑さが幾分和らいだ感もあり、ここ数試合のホームの試合のルーティーンを変えて久しぶりに自転車でスタジアムに向かう。
駕籠休みでうどんの昼食。
 
山崎のマミーマートで飲料等の調達。
明らかに人が少ないと感じるスタジアム。特に条件の悪くないリーグ戦で3万人割れとは...。
 
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、那須、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、武藤、高木
FW ズラタン
サブは大谷、遠藤、青木、駒井、石原、李、興梠。
カップ戦で結果を残したメンバーを継続して起用の布陣で、遠藤、興梠がサブスタート。
 
久しぶりにデカ旗を展開。
リスペクト・フェアプレーデイズ宣言の後、キックオフ。
 
・好調の鳥栖に対して運動量を確保して対抗。相手の起点をしっかり押さえ、簡単には蹴らせない。
・サイドを固めてくる相手に空いた中盤をドリブルで突く。
・焦れることなく丹念にやることを突き詰めて前半終盤。
・武藤からズラタンの落としを宇賀神がミドルで右ポスト内に叩き込み先制。良い時間のきれいなゴール。
・若干気落ちした感じの相手に対して隙を突き、関根のスルーパスを武藤がライン上からの動き出しで右サイドネットに叩き込み2-0で前半を折り返す。
・攻めと守りのバランスが難しい後半。前半よりも若干、守りに重心を置いた試合展開。
・62分に高木→興梠、ズラタン→李の2枚替え。
・調子の落ちている二人は今ひとつフィットせず、2-0でゲームを締める気配が濃厚に。
・72分 柏木→青木。中盤での攻守の切り替えのスピードを確保する。
隙のない勝利で完勝。
 
瓦斯、広島、ガンバと続く正念場を前に手ごたえのある中身の濃い試合は良い傾向。
 
武藤のゴールが出たので、西友で恒例のちらし寿司を購入し、自宅で感想戦。
 
選手ユニ:ホーム
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

参戦の記録 ルヴァン杯準々決勝 ホーム 神戸戦

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 第2戦
2016年9月4日(日) 18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半2-0) ヴィッセル神戸
得点者:39分 高木俊幸、43分 阿部勇樹(PK)、60分 高木俊幸、84分 李 忠成
入場者数:19,253人
審判:山本雄大
天候:晴
交通手段:車
 
神戸三連戦の締めくくり。
ルヴァン杯準々決勝のアウェイ(水曜日)は参戦していないので、リーグ戦のアウェイ神戸での敗戦を気持ち的には引きずっての参戦。
 
前日の雨予報から天気予報が徐々に快方に向かい、雨具の心配はいらないような天候。
ただ、蒸し暑さが半端ない。
 
 
入場後、南広場でルヴァンの配布。Jリーグ草創期からの貴重なスポンサー。
ナビスコの冠が取れた後も引き続きのご支援には本当に感謝。
ルヴァンは食べたが角ばったリッツという印象。
 
エアリアルを配布するイベントもやっており、いただいたエアリアルを食べて試合までの時間を過ごす。
 
先発は
GK 大谷
DF 森脇、那須、宇賀神
MF 駒井、青木、阿部、関根、高木、武藤
FW ズラタン
第1戦から前線の攻勢を変えてきた。
 
 
サブは岩舘、加賀、永田、イリッチ、石原、李、興梠。
 
・アウェイゴールを奪っての勝利で迎えた第2戦ということで余裕をもって試合に入れる。
・アウェイでやらかした大谷くんはこの日はセーフティーファーストのプレー。
・ボールを保持するが無理に攻めてカウンターを食らわないよう、引き気味で球を回して好機をうかがうという展開。
・カウンターではない相手の攻めに対しての受けは整理されており危なげない。
・30分手前でズラタンの足を刈ったニウトンのプレーにファールの判定がなく激高したミシャに退席処分。堀さんが代わりに指揮を執る。
・前半の終盤、相手のロングスローのピンチから球を奪った那須さん?が前線を走る関根にフィード。
・関根が頭で競って並走する高木に落としてGKと1対1、右に体重をかけて即座に左に流し込み先制。トータル3-1とする。
・前半終了間際にも左に流れた高木のドリブルから右に流れた青木がクロスを入れるとヘディングを構えた高木を峻希が膝蹴りで倒してPKゲット。
・阿部ちゃんが上手に決めてトータル4-1で勝負あり。
・後半にも高木がカットインからのシュートを決める。まさに高木デー。
・後半から伊野波に代わって出てきたルーキーDF東をチンチンにしてのゴール。
・5トータル4-1となり来週のリーグ戦に備えて前線の出ていない選手の試合勘を落とさない選手交代。
・63分 ズラタン→興梠。
・72分 高木→李。
・75分 武藤→石原。
・84分にも関根が東を軽く振り切って李のごっつぁんゴールをアシスト。
 
 
4-0の完勝。トータル5-1で準決勝進出を決めた。
 
 
先週のリーグ戦に1点くらい回したかったなぁ。
 
選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

参戦の記録 アウェイ 神戸戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節
2016年8月27日(土)19:05キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 2-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:33分 ペドロ ジュニオール(神戸)、54分 渡邉千真(神戸)、78分 ズラタン
入場者数:14,877人
審判:中村 太
天候:晴
交通手段:車
 
相性の悪いアウェイ神戸。今回は後泊での参戦。
 
自宅出発は午前3時過ぎ。
関越道所沢ICに午前4時前に流入して深夜割引権利確保。
圏央道経由で東名へ。新東名、伊勢湾道を経由して東名阪へ。鈴鹿の手前で少し渋滞。
 
新名神には乗らず伊勢道で伊勢へ。9年ぶりの伊勢神宮には10時過ぎに到着。
 
1時間ほど時間をかけて参拝。
 
 
昼食は車で鳥羽に向かい鳥羽駅の○八食堂。ここも9年ぶり。
海鮮丼と焼貝で腹ごしらえ。大あさり旨し。
 
 
鳥羽から神戸へは伊勢道から名阪国道を経由。西名阪から阪高で大阪市内を横断し摩耶で流出。
スタジアムまでは都合3時間。午後4時過ぎに着。
 
 
地下駐車場の駐車位置は慎重に場所を選ぶ。まずまずの位置を確保。
キックオフ2時間前の5時開場。この日の位置取りはバック寄りゲート横。
 
先発は
GK 西川
DF 遠藤、那須、森脇
MF 駒井、柏木、阿部、宇賀神、武藤、李
FW 興梠
サブは大谷、梅崎、青木、関根、石原、高木、ズラタン。
槙野は腿裏を痛めてメンバー落ち。
 
 
・相手は完全にミラーの陣形で守る。守備時は5-4-1。
・前線のレアンドロが追ってこないのでボール回しは楽。
・序盤前線で掻き回せて好機多数。押せ押せの展開も、攻めのパスが相手に引っかかってカウンターを受けるという展開。
・ニウトンの球の捌き、レアンドロのキープ、PJのカウンターに手を焼く。
・カウンターに備えた西川の高めの守備位置でリスク対策していたが、33分の失点の時だけは対策ができていなかった。
・後半になると神戸の最終ラインが受けに慣れてきた感があり、中央が堅くなりサイドからの仕掛けとなる。
・右の駒井を使って好機を演出するもシュートの精度を欠き得点できない。
・54分にまたもPJのカウンターからこぼれを渡邊に拾われシュートを叩き込まれる。0-2。
・ここから猛攻。
・56分 宇賀神→関根、興梠→ズラタンの2枚替えを敢行。
・59分 武藤→青木で柏木を上げる。
・78分にズラタンのヘッドでようやく相手ゴールをこじ開けるも残り時間が少ない。
・ガス欠気味の神戸は強かに時間を使う。
・ロスタイム5分の最後、PAちょい外でFKのチャンスを得るも、柏木のキックは枠上方に外れ万事休す。
 
連敗で代表戦&ルヴァン杯ウィークに入ることに。
 
 
後泊は神戸、大阪近辺のホテルが取れなかったので米原。
阪高 柳原から名神経由。途中、京都南で降りて「たかばし」でラーメンが夕食。
 
 
ホテル到着は午後11時半。
 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »