« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ルヴァン杯準々決勝 ホーム 神戸戦 »

2016.09.03

参戦の記録 アウェイ 神戸戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節
2016年8月27日(土)19:05キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 2-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:33分 ペドロ ジュニオール(神戸)、54分 渡邉千真(神戸)、78分 ズラタン
入場者数:14,877人
審判:中村 太
天候:晴
交通手段:車
 
相性の悪いアウェイ神戸。今回は後泊での参戦。
 
自宅出発は午前3時過ぎ。
関越道所沢ICに午前4時前に流入して深夜割引権利確保。
圏央道経由で東名へ。新東名、伊勢湾道を経由して東名阪へ。鈴鹿の手前で少し渋滞。
 
新名神には乗らず伊勢道で伊勢へ。9年ぶりの伊勢神宮には10時過ぎに到着。
 
1時間ほど時間をかけて参拝。
 
 
昼食は車で鳥羽に向かい鳥羽駅の○八食堂。ここも9年ぶり。
海鮮丼と焼貝で腹ごしらえ。大あさり旨し。
 
 
鳥羽から神戸へは伊勢道から名阪国道を経由。西名阪から阪高で大阪市内を横断し摩耶で流出。
スタジアムまでは都合3時間。午後4時過ぎに着。
 
 
地下駐車場の駐車位置は慎重に場所を選ぶ。まずまずの位置を確保。
キックオフ2時間前の5時開場。この日の位置取りはバック寄りゲート横。
 
先発は
GK 西川
DF 遠藤、那須、森脇
MF 駒井、柏木、阿部、宇賀神、武藤、李
FW 興梠
サブは大谷、梅崎、青木、関根、石原、高木、ズラタン。
槙野は腿裏を痛めてメンバー落ち。
 
 
・相手は完全にミラーの陣形で守る。守備時は5-4-1。
・前線のレアンドロが追ってこないのでボール回しは楽。
・序盤前線で掻き回せて好機多数。押せ押せの展開も、攻めのパスが相手に引っかかってカウンターを受けるという展開。
・ニウトンの球の捌き、レアンドロのキープ、PJのカウンターに手を焼く。
・カウンターに備えた西川の高めの守備位置でリスク対策していたが、33分の失点の時だけは対策ができていなかった。
・後半になると神戸の最終ラインが受けに慣れてきた感があり、中央が堅くなりサイドからの仕掛けとなる。
・右の駒井を使って好機を演出するもシュートの精度を欠き得点できない。
・54分にまたもPJのカウンターからこぼれを渡邊に拾われシュートを叩き込まれる。0-2。
・ここから猛攻。
・56分 宇賀神→関根、興梠→ズラタンの2枚替えを敢行。
・59分 武藤→青木で柏木を上げる。
・78分にズラタンのヘッドでようやく相手ゴールをこじ開けるも残り時間が少ない。
・ガス欠気味の神戸は強かに時間を使う。
・ロスタイム5分の最後、PAちょい外でFKのチャンスを得るも、柏木のキックは枠上方に外れ万事休す。
 
連敗で代表戦&ルヴァン杯ウィークに入ることに。
 
 
後泊は神戸、大阪近辺のホテルが取れなかったので米原。
阪高 柳原から名神経由。途中、京都南で降りて「たかばし」でラーメンが夕食。
 
 
ホテル到着は午後11時半。
 
選手ユニ:白・黒・白
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

|

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ルヴァン杯準々決勝 ホーム 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/64151653

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ 神戸戦:

« 参戦の記録 ホーム 川崎戦 | トップページ | 参戦の記録 ルヴァン杯準々決勝 ホーム 神戸戦 »