« 参戦記録 ホーム 広島戦 | トップページ | 参戦の記録 YBCルヴァンカップ準決勝 アウェイ FC東京戦 »

2016.10.03

参戦の記録 ホーム G大阪戦

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第14節
2016年10月1日(土) 14:09キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半1-0) ガンバ大阪
得点者:6分 高木俊幸、50分 武藤雄樹、83分 宇賀神友弥、87分 ズラタン
入場者数:43,415人
審判:廣瀬 格
天候:曇
交通手段:車
 
リーグ戦勝点1位を目指すうえでは大事な試合。
14節は年間なら31節、押し迫った時期の試合のはずだが変なレギュレーションなのでようやく10月。
 
観客が多くて大宮戦のようにいつもの駐車場に止められるかなと不安に思ってスタジアムを目指したが、すんなり駐車。
思ったより人が少なそうだ。
 
曇り空、雨予報というぐずついた空模様。
気温はかなり下がってきてこの試合からは短パンは卒業。
昼食も温かいものということで、久しぶりに302ゲート横の味千。
 
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 駒井、柏木、阿部、宇賀神、武藤、高木
FW 興梠
 
槙野が復帰し遠藤も久々の先発でストッパーの位置。関根が出場停止で駒井が右。
サブは大谷、加賀、那須、青木、石原、李、ズラタン。
 
試合前に弱い雨が降るが、キックオフまでには止んで明るくなる。
試合中の雨の心配はいらなそうだ。
 
選手入場時に三色大旗を展開。
ゲームキャプテン阿部のJ1通算500試合出場を祝うセレモニーは試合前はなし。
強い気持ちで試合に入る。
 
・長澤、アデミウソンの前線からの追い回しに厳しさはなく、いつも通りで展開できる。
・GKを含む最終ラインから左経由で右の駒井へ。深い位置まで侵入し柏木が裏に抜けた武藤にスルー、これを武藤が深い位置で折り返し高木が決めて先制は6分。
・落ち着いて試合を運ぶ。
・守備の出足、セカンドボールへの対応、球際、すべて相手を上回り安定した試合展開。
・取れそうだがカウンターをケアしたのか無理に攻めることはせず前半は1-0。
・後半も開始早々にルーズなバイタルの守備を突き、武藤のミドルがゴールに吸い込まれ2-0。
・良いところなしのガンバ、個々の選手がイライラ。前半からラフなプレーが目立つ。
・槙野と絡んだアデミウソンが腕を振り回し報復行為で退場。試合を壊す。勝手に壊したのだから容赦なく叩きのめすしかない。
・66分 興梠→ズラタン。来週のルヴァンカップの連戦も考慮か。
・69分 高木→青木。
・明らかにプレーの質が落ちた相手に攻めたい放題。両サイドがスカスカな状態。
・右の森脇から左の宇賀神に大きく振って宇賀神がダイレクトボレーで右サイドネットに突き刺して3-0。
・84分 柏木→李。
・終了間際にその李が中央で粘ったこぼれをズラが器用にボールを引き寄せて4-0。
 
 
無失点での完勝。相手の枠内シュートは前半の1本だったのでは。
 
 
素晴らしい雰囲気で阿部ちゃんの500試合出場のセレモニー。
 
 
 
選手ユニ:ホーム
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

|

« 参戦記録 ホーム 広島戦 | トップページ | 参戦の記録 YBCルヴァンカップ準決勝 アウェイ FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/64294688

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム G大阪戦:

« 参戦記録 ホーム 広島戦 | トップページ | 参戦の記録 YBCルヴァンカップ準決勝 アウェイ FC東京戦 »