« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017.02.27

参戦の記録 アウェイ 横浜FM戦

明治安田生命J1リーグ 第1節
2017年2月25日(土)12:35キックオフ・日産スタジアム
横浜F・マリノス 3-2(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 13分 ダビド バブンスキー(横浜FM)、63分 ラファエル シルバ、65分 ラファエル シルバ、86分 ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)、90分+2分 前田直輝(横浜FM)
入場者数 39,284人
審判:山本雄大
天候:晴
交通手段:車
 
8時過ぎに家を出て首都高経由で新横浜を目指す目論見も、前週と同様、5号線が故障車のためで渋滞。
17号経由で北池袋から首都高にIN。
そこからは渋滞なく八重洲線から横羽線経由で三ツ沢。10時過ぎにはスタジアム着。15分早まった開門に間に合った。
 
車は新横浜駅篠原口奥の上限600円の@パークに駐車。
 


上層前段前方の前週とほぼ同位置を確保。
先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 駒井、青木、阿部、宇賀神、柏木、興梠
FW ラファエルシルバ
 
サブには榎本、那須、長澤、関根、菊池、李、ズラタン。

前の方はACLとのターンオーバー気味の構成。
 


・支配はするが、守備が今一つ不安定。
・相手左ワイドに張る斎藤学を全く止められない。
・森脇の軽い対応から独走を許し、ペナ周りでひきつけられてゴール正面でフリーの選手を作って失点。
・1点を先に取られて中央を固められてチャンスらしいチャンスを作れず前半終了。
・後半は2トップ的に前線を構成して反転攻勢。
・61分 青木→関根。
・青木は傷んでの後退。自力で歩けていなかったのでかなり心配。
・駒井をボランチにして関根が右というキャンプ期間中のような布陣。意外とこれが当たる。
・右サイドの関根からチャンスメイクし、ラファエルシルバが押し込んで同点。
・直後に頭でも決めてあっという間に逆転。
・73分 柏木→那須。柏木は足を気にしていての交代。
・試合を〆るために入れた那須さんだが、チームの重心が少し後ろにかかり押され気味に。
・2回続いたCKの2回目にあっさりと間を割られ同点。
・再び前掛かりに攻めて関根の絶好機があるも決められず。
・そこからのカウンターが斎藤学に渡り、1点目と同じような失点を食らい逆転される。
・90+3分 森脇→ズラタンも万事休す。
 
 
相性の悪い相手と割り切るしかない。
守備の安定感のなさが少し不安だ。

選手ユニ:赤・白・黒
自分の服装:トレーニングマッチユニ2016

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

参戦の記録 FUJI XEROX SUPER CUP 鹿島戦

FUJI XEROX SUPER CUP 2017
2017年2月18日(土) 13:35キックオフ・日産スタジアム
鹿島アントラーズ 3-2(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 39分 遠藤 康(鹿島)、43分 遠藤 康(鹿島)、74分 興梠慎三、75分 武藤雄樹、83分 鈴木優磨(鹿島)
入場者数 48,250人
審判:木村博之
天候:曇
交通手段:車
 
ネクストジェネレーションマッチが10時20分キックオフなので、9時40分開門と時間設定が早目。
 
7時半には家を出て首都高経由で新横浜を目指す目論見も、山手トンネル入口付近で事故で5号線が大渋滞。
戸田南からは首都高に乗らず、赤塚~志村を経由して国道17号。北池袋から首都高にIN。
そこからは渋滞なく八重洲線から横羽線経由で三ツ沢。9時半前にはスタジアム着。ギリギリセーフ。
来月には横浜環状北線ができてスタジアム横まで首都高が通る。三ツ沢経由で日産スタジアムに行くのは今年が最後。
車は新横浜駅篠原口奥の上限600円の@パークに駐車。
 
器が大きい日産スタジアム、皆さんの出足は遅めで上層前段前方を余裕で確保。
 
 
先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、宇賀神
MF 駒井、青木、阿部、菊池、李、武藤
FW ズラタン
 
火曜日のACLオーストラリア遠征を控え、槙野、柏木はメンバー外(柏木はけがだったらしいが)。
 
 
新戦力でメンバーに食い込んできたのは菊池と長澤。
相手が蛍光ピンク、うちが蛍光イエローという何とも目立つユニ同志。
相手のソックスが黒なので、うちはソックスが白。これが何とも似合わない。
それ以上に相手の黒のソックスが格好悪かったが。
 
 
・前半序盤は攻める浦和、受け止める鹿島といった展開。
・ズラタンのコンデョションが今一つなのか、トップに当てても球が収まらない。
・無理に攻めて悪い失い方をして、カウンター気味の攻撃に肝を冷やすこと数度。
・西川の神セーブで事なきを得る。
・菊池の攻めの部分は気持ちよいのだが、守備の宇賀神との距離感が間延び。そこを突かれる。
・左からペナルティアリア付近をドリブルでえぐられ遠藤の出した足が引っかかってファールを取られる。
・右のPJと左の遠藤がセット。右のPJがケルトの予想に反して左の遠藤が巻いて蹴りあっさりゴール。
・前半の残り時間が少ない中、無理に攻めてカウンターを食らう。
・一度は西川が防ぐも波状でシュートを食らい遠藤に2点目を献上する。
・後半開始から李→興梠。
・ズラのところで収まらないので、興梠が左サイドに降りてボールをキープする。
・攻め手に怖さは薄れたが、布陣は安定。浦和ペースの後半。
・64分 菊池→関根、駒井→長澤
・左ワイドに宇賀神を出し、阿部ちゃんをDFラインに落として長澤ボランチ。関根が右ワイド。
・左の守備はさらに安定、右のワイドから好機多数という展開に。
・75分にドリブルで縦に突っかけた興梠が倒されPK獲得。自らサイドネットに蹴り込み1-2。
・直後にも関根がサイドをえぐりズラのヘッドがポストにはじかれたところを武藤が蹴り込んで同点。
・一気に押せ押せの展開。残り10分ちょいで十分逆転も考えられる展開。
・が、相手の蹴り込んだ球の処理を遠藤と西川の意思疎通ができず相手にすきを突かれて決められ万事休す。
 
 
ACL、リーグ戦を前にもう少し安定感がほしいかなという内容。
年に1回はある最終ラインでの受け渡しミス。年初に出たのだから今年はもうないと信じよう。
帰りは東神奈川から首都高を順調に通過し、新都心西で降りて1時間チョイ。
来週も日産スタジアムだ。
 
選手ユニ:黄・黄・白
自分の服装:ベンチコート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

参戦の記録 さいたまシティカップ FCソウル戦

日韓友好50年 第10回さいたまシティカップ
2017年2月12日(日) 13:34キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-1) FCソウル(韓国)
得点者:38分 イ サンホ(FCソウル)、83分 長澤和輝
入場者数:11,444人
審判:東城 穣
天候:晴
交通手段:徒歩
 
記憶の中でも2月12日の有料試合というのは過去で最も早いのではないか。
山陰では大雪の降る寒波襲来の中でのプレシーズンマッチ。
 
ACLの組み合わせが決まる前にマッチメイクし、ACLグループリーグが同組となったFCソウルが相手。微妙。
駒場開催ながら自由席2,500円という価格設定も微妙。
 
事前の席割りの案内が不十分で、東の抽選が500を軽く超えているのに西は200にも届かず。
ギュウギュウという感じではなく、100番前後で余裕にかつての定位置近辺のポジションをキープ。
 
東ホーム側から西バック側へピッチ対角線に冷たい風が吹き抜け、ホーム側からアウェイ側を見ると低い冬の日射しが真正面というまぶしさ。
 
 
コイントスに勝ったソウルが前半風上に陣取る。
 
先発は
GK 榎本
DF 森脇、遠藤、宇賀神
MF 関根、柏木、阿部、菊池、武藤、李
FW 興梠
 
・手の内を見せないながら、布陣はいつも通り。
・注目は新加入の選手。前半は左ワイドの菊池と西川のけがで出た榎本。
・菊池は運動量とスピードが目立つ。期待が持てる。榎本もさすがの安定感。
・両サイドからの好機も数度あったが、最後の連携の精度を欠き
・両サイドを高めに配置していたのでその裏を突かれて徐々に守勢に回った前半。
・カウンター気味に左サイドを突かれ、寄せが甘いところ豪快にペナ外からシュートを叩き込まれて0-1。
 
後半は選手を全員入れ替え
 
 
GK 岩舘
DF 田村、那須、槙野
MF 平川、長澤、青木、駒井、矢島、オナイウ
FW ズラタン
 
・相手も10人を入れ替え。
・後半の新加入選手はオナイウ、矢島、長澤、田村の4人。
・球際は相手が上回っていた印象。
・風上となったが上背で上回る相手に対して長いボールで攻めるわけにもいかず。
・相手布陣がはまってしまい、最終ラインから縦にボールをつける場所が見つからず。
・不慣れなメンバーで窮屈な最終ラインでの球回し。そんなヒヤヒヤを見に来た訳ではないんだが。
・左から中へのボールをダイレクトで打った長澤のシュートが、シュート回転できれいに相手ゴールに突き刺さて同点。
・残り7分でイケイケの雰囲気となったが、時間が足らずそのままの得点で終了。
 
合宿明け、強風、月末には当たる相手ということを差し引くと、まぁ、こんなところかなという内容。
 
一通り選手が見れたので、そこは良かった。
 
選手ユニ:ホーム
自分の服装:ベンチコート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »