« 参戦の記録 ホーム 甲府戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »

2017.03.29

参戦の記録 アウェイ G大阪戦

明治安田生命J1リーグ 第4節
2017年3月19日(日)17:03キックオフ・市立吹田サッカースタジアム
ガンバ大阪 1-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:57分 今野泰幸(G大阪)、90+3分 ラファエル シルバ
入場者数:34,733人
審判:西村雄一
天候:晴
交通手段:車

三連休中日の設定のアウェイG大阪戦。
前日と当日、二泊の設定で行程編成。

前日は富士宮浅間大社参拝。

鞠子の宿でとろろ汁(丁子屋)。

四日市の工場夜景等に立ち寄りながら京都まで。

京都は四条烏丸で宿泊。
夕飯はホテル斜向かいにあった肉バル。

試合当日は朝早くから行動開始。
上賀茂、下賀茂、平安、伏見、石清水の五件の神社巡り。

石清水神社のある八幡市から吹田へは大山崎ICから茨木ICへ名神で。
エキスポシティができてからの吹田遠征は初。
万博記念公園の周回道路がエキスポシティの駐車場待ちの車で大渋滞なのにはびっくり。
大外を要領よく進み南駐車場にIN。

スタジアムの横の南駐車場は以前のままのサイズ。舗装等の設えと料金ゲートの機械はきれいになっていた。
出口も従来の通り。慎重に出口へのルートに近い位置に駐車。

ビジター待機列はスポーツ広場を時計回りに3/4周以上。
入場は意外とスムースで、場所確保もそれほど難儀せず。
メイン寄り上方に位置取り。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、阿部、青木、宇賀神、柏木、興梠
FW Rシルバ

サブは、榎本、那須、駒井、菊池、武藤、李、ズラタン

前三人は表記とは異なり2トップにトップ下という配置。

・上海上港から比べると怖さはなく、しっかりと自チームペースで試合が進められた前半。
・GKを含めた最終ラインでの窮屈な球回しの際には、もう少しはっきりとしたプレーをした方がよいかなと思う場面も散見されるが。
・これはというシュートシーンではいずれも枠に飛ばず溜息。
・前半ロスタイムにも槙野のミドルがバーを叩き、弾かれたボールを頭で合わせた興梠のシュートは枠外。
・押し気味ながらスコアレスで折り返し。
・前半には抑えていたアデミウソンと倉田のドリブル。
・唯一、倉田に独走を許した機会でサイドに振られ、中でヘディングで合わせられる。中でしっかり弾いてほしかった。
・1点ビハインドの展開で前に出る。カウンターへのケアはしっかり。相当の前への圧力。
・67分 関根→駒井、配置はそのまま。関根はやや疲れたか。
・76分 青木→武藤、柏木を一列落として球を受ける人間を増やす。
・阿部ちゃんの1対1の好機はGK正面。
・完璧な崩しからの武藤のシュートは枠の上。
・FKからの槙野のヘディングはポスト。
・ロスタイムは6分。今日は入らないのかと思ったら、宇賀神のシュートを相手が手でブロック。
・ラファがしっかりとPKを決めて同点。
・まだ3分位はあり、さらに1点を取りに行くがさすがに時間は足らず。

吹田スタジアムでの初勝利はお預け。

引き分けなので、歌わずにスタジアムを後にする。
駐車場はホーム側からは遠いため、大阪の人たちよりも少し早く駐車場到着。
5分もかからず駐車場から離脱。

この日の宿泊地は名古屋のど真ん中。
名神、名古屋高速を使い22時過ぎには名古屋着。

丸の内から今池まで地下鉄で出て、10数年ぶりに味仙で台湾ラーメン。

ホテルに戻ったのは0時過ぎ。

選手ユニ:黄・黄・黒
自分の服装:プラクティスシャツ2014

 

8時すぎにホテルを出て東名 名古屋から静岡へ。

静岡インター横のさわやかでげんこつハンバーグ。

市内に入って抹茶スイーツファクトリーのななやで抹茶ジェラート。
自分は#7と#4のダブル。

日本平に上がってロープウェーで久能山東照宮へ。
久しぶりにベタな観光をした気分。

早目に家路に就くも東名が大渋滞。
秦野中井で降りて下道も平塚市内、藤沢バイパスのど渋滞にはまり、清水から自宅までは4時間半。

お土産は勝点1と味仙の辣肉醤。

|

« 参戦の記録 ホーム 甲府戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65082167

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 アウェイ G大阪戦:

« 参戦の記録 ホーム 甲府戦 | トップページ | 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 »