« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD4 ホーム 上海上港戦 »

2017.04.12

参戦の記録 ホーム 仙台戦

明治安田生命J1リーグ 第6節
2017年4月7日(金) 19:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 7-0(前半4-0) ベガルタ仙台
得点者:20分 興梠慎三、27分 興梠慎三、29分 武藤雄樹、45+2分 興梠慎三、47分 李 忠成、65分 OWN GOAL(浦和)、90+2分 柏木陽介
入場者数:25,372人
審判:村上伸次
天候:晴
交通手段:徒歩

火曜日のACL 上海戦に備えての金曜日開催の仙台戦。
新年度早々、連続で時間休を取るのは気が引けるが、気にしない。

見沼用水沿いの桜は満開から散り際。
歩いていると夕方でも少し汗ばむくらいの陽気。

地粉うどんで腹ごしらえしてさあ試合。

先発は
GK 西川
DF 森脇、遠藤、槙野
MF 関根、柏木、阿部、宇賀神、李、武藤
FW 興梠

国産の布陣。
サブは、榎本、那須、青木、駒井、菊池、オナイウ、ズラタン。怪我のラファは無理をせずメンバー外。

・序盤は5-3-2の布陣で構える仙台相手にサイドに寄せられて窮屈な展開が続く。
・窮屈な右サイドを関根がスピードでこじ開け、切返して左足でクロス、興梠がドンピシャで頭で合わせて先制。
・これで試合の進め方が楽になる。
・森脇が比較的高い位置を取り、関根が少し中に入る。森脇の前には広大なスペース。
・そのスペースを有効に使い、関根→興梠、今度はグラウンダーで2点目。
・混乱気味の相手を尻目に武藤が中央をドリブルで切り裂き、豪快にミドルを叩き込んで3点目。ほぼここで勝負あり。
・42分 関根→駒井。背中を痛がっているように見えたが脇腹だったらしい。
・前半終了間際にペナ内で切り返した宇賀神が引っ掛けられPKゲット。興梠が難なく決めて前半4-0で折り返し。
・前半にたくさん取ると後半は停滞するのだが、後半開始早々、李が抜け出して1対1、股抜きで決めて5-0。
・62分 宇賀神→菊池、この点差なら火曜日への対策が打てる。菊池はリーグ戦、初出場。
・駒井が右サイドを抉って得たCK、相手オウンゴールで6-0。
・68分 李→青木、柏木を前に上げる。
・菊池のアーリー気味のクロスを柏木が頭でループ気味に枠に飛ばして7-0。



・みんなの関心事、無失点も際どく達成し、今季初のシャッター発動。

難敵だがホームでの相性の良さが出た試合。あと2点は取れた。
ここまで6試合で20得点7失点。攻撃的なサッカーは本物か。

選手ユニ:ホーム
自分の服装:プラクティスシャツ2014

|

« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD4 ホーム 上海上港戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18730/65141210

この記事へのトラックバック一覧です: 参戦の記録 ホーム 仙台戦:

« 参戦の記録 アウェイ 神戸戦 | トップページ | 参戦の記録 ACL MD4 ホーム 上海上港戦 »